北海道完乗の旅19夏(51) 根室本線 東鹿越駅 ~辛うじて生き残った暫定終着駅~

きゃみ

早朝に滝川駅を出発。富良野駅を経由して終点の東鹿越駅に到着しました。
乗客は全員下車してぞろぞろと駅舎の方に向かいます。
P1130878_東鹿越_R

東鹿越駅は空知郡南富良野町字東鹿越にある無人駅。かやまや湖の南岸に位置しています。

信号場上がりの駅で、かつては石灰石を発送するための専用線が分岐していたそうです。平成9年まではここから釧網本線の中斜里駅まで石灰石輸送の貨物列車が設定されていたとのこと。今の状況を考えるとなんだか信じられません。あるサイトによると、列車到達難易度が比較的高い駅として秘境駅にランクされているくらいです。

そして、2016年夏に襲来した台風の影響で、この駅から新得駅までの区間は不通状態となり、今もって復旧の目途はたっていません。このまま廃止される可能性が大きいですね・・・。現在この区間は代行バスが走っています。
実は台風が来るちょっと前には、2017年3月に駅を廃止することが決まっていたようなのですが、幸か不幸か暫定的な終着駅となったため、辛うじて駅自体の廃止は免れています。

駅構造は島式ホーム1面2線、北側にある駅舎とは構内踏切で連絡しています。
P1130880_東鹿越_R

新得方面の様子↓ 3年たって線路は草で覆われてしまいました(哀)
P1130879_東鹿越_R

下車した乗客はおそらく全員が駅前で待っていた代行バスに乗車していきました。5分の接続です。私も乗車する予定ですが、運転士にひと言伝えて駅舎の撮影です。
駅舎は1941(昭和16)年12月の築。駅前には「かなやま湖」が広がっていますが、観察する余裕はありませんでした。
P1130881_東鹿越_R

駅舎越しにキハ40にお別れの挨拶。この車両は1時間後に新得からの代行バスに接続して滝川行き9628Dとなって折り返していきます。ちなみに滝川方面は1日6本。
P1130883_東鹿越_R

代行バスのほうは駅舎横の広場に首を突っ込んだ形で出発を待っていました。こちらは1日5本。乗客は10数名ほどでほとんどが学生さんです。皆さん既に乗車済み、一番最後に乗り込みます。
P1130882_東鹿越_R

車両は「ふらのバス」の所属のようです。結構いいバスでした。
日高本線以来の代行バス、これに乗車してこの先にある狩勝峠を越えて新得に向かいます。

行程:富良野(2421D東鹿越行)東鹿越(101代行バス新得行)新得

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
koganeturbo  

こんにちは。
廃止のはずが災害で生き残るだなんてなんとも皮肉な事ですね。
幾寅経由で芦別へ抜ける計画を立てましたが、まさしく台風で計画は白紙にして別行程となりました。
もう3年だとは、時の経つのは早いものです。

2019/11/16 (Sat) 08:26 | EDIT | REPLY |   
ポン太  

こんにちは。

なんとか鉄路で復旧してほしいですね。
自然災害は国がなんとかしてやらないとJRと地元自治体だけでは難しそうです。
(こちらの日田彦山線も話し合いが全くまとまりません。。。)

ところで、駅の対岸には大きなキャンプ場があって昔泊まっていました。浦幌から狩勝峠越えで150km走ったと当時の記録にあります。今はとても無理です。。。

2019/11/16 (Sat) 16:41 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
To koganeturboさん

koganeturboさん、こんばんは。
台風襲来直前の夏にこの区間を乗車することができました。あれから3年、早いですね~。
しかし、まさかこの駅が終着駅として生き延びるとは思いもよりませんでした。ただ、富良野~新得はいずれ廃止となることが濃厚、命が少しだけ伸びたに過ぎないようです・・・。

2019/11/16 (Sat) 22:10 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
かなやま湖畔キャンプ場

ポン太さん、こんばんは。
この区間もそうですが、日田彦山線も復旧を願っています。近いうちに久大本線訪問を考えていますが、ぜひ日田彦山線を経由して行きたいです。ただ地元との協議はうまくいってないようですね・・・。列車での訪問はもう無理かな(泣)

かなやま湖の地図を確認しました。駅の対岸に規模の大きなキャンプ場がありますね。自転車で狩勝峠越えだけでも凄いですが、浦幌から150kmとは・・・、凄いです。

2019/11/16 (Sat) 22:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply