休日おでかけ武蔵野線(4) 東北本線・武蔵野線 浦和駅他 ~東西南北中武蔵~

きゃみ

西浦和駅から武蔵野線でひと駅戻って武蔵浦和駅で下車しました。

既に西浦和駅に下車した時から始まっていますが、ここから「浦和」駅巡りをしようと思います(笑)
ご存知の方は多いと思いますが、「浦和」のつく駅名は日本で唯一"東西南北"が揃っています。さらに埼京線の開業で武蔵浦和駅中浦和駅も追加。JRだけでも「浦和」とつく駅名が7つも揃いました。

一度並べてみたかった駅名標(笑) 東西南北中武蔵~
イメージ 1 イメージ 2

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6

そして"元祖"浦和駅
イメージ 7

今回の訪問順は、西浦和→武蔵浦和→中浦和→(大宮)→北浦和→浦和→南浦和→東浦和。
それでは訪問順に簡単に駅紹介です。

①西浦和駅・・・こちらについては前回記事ご参照>>>西浦和駅
昔の駅名標だけアップ。埼京線開業前のものです。
イメージ 27


②武蔵浦和駅・・・埼京線開業に伴って武蔵野線との交差点に開業した、この中では最も新しい駅のひとつです。所属は東北本線(埼京線は正式には東北本線別線のため)。

西口(画像左)。高架は埼京線ですが、手前に新幹線が並走しています。
東口(画像右)。正面の高架が埼京線、右に見えるのが武蔵野線のりばへの連絡通路。埼京線と新幹線が武蔵野線を跨いでいる形になります。
イメージ 8 イメージ 9

改札口の様子と埼京線の横を通過する新幹線。
イメージ 10 イメージ 11


③中浦和駅・・・埼京線の単独駅で武蔵浦和駅と同時に開業しました。埼京線の中でも地味な駅ですね・・・。業務委託駅でみどりの窓口はありません。訪問時は駅員不在でした。

西口外観と東口を入ったところの様子。
イメージ 12 イメージ 13


④北浦和駅・・・所属は東北本線ですが、京浜東北線しか停車しない業務委託駅です。

東口(画像左)と西口
イメージ 14 イメージ 15

改札口とホームの様子。地上島式ホーム1面2線の高架駅舎です。
イメージ 16 イメージ 17


⑤浦和駅・・・1883(明治16)年開業というこの中では最も古い駅です。高架上に島式ホーム3面6線の構造です。

西口(画像左)と東口。
イメージ 18 イメージ 19

改札口と京浜東北線1,2番ホーム。この駅にはホームドアがありました。
浦和駅は昔の写真もあるので、また改めて記事にしたいと思います。
P1120025_浦和_R イメージ 21


⑥南浦和駅・・・京浜東北線の車両基地設置と同時に開業された駅。そういえば「南浦和行き」ってよく見かけますよね。その後、武蔵野線が開業して乗換駅となりました。所属は東北本線ですが、京浜東北線のみが停車します。

京浜東北線は地上2面4線の1~4番線(画像左)。
武蔵野線は高架上2面2線の5,6番線で南北の東北本線を東西に直角に跨いでいます(画像右)。
イメージ 22 イメージ 23

埼京線開業前の駅名標。当時は浦和市の所在でした。
イメージ 28


⑦東浦和駅・・・武蔵野線開業と同時に開業した単独駅。みどりの窓口のない業務委託駅です。駅構造は掘割にある2面2線。

駅舎外観と改札口の様子。駅前広場は橋の上にあります。武蔵野線にありがちな構造。
イメージ 24 イメージ 25

駆け足になりましたが「浦和」7駅の踏破完了です(笑)
それでは武蔵野線の踏破を再開します東浦和駅の1番線から府中本町行きに乗車します。先頭車両のクハ204-47は大変混雑してました。東浦和~南浦和間は武蔵野線の最混雑区間だそうです・・・。
イメージ 26

ちなみにJR以外にも駅名に「浦和」がつく駅があります。2001年に開業した埼玉高速鉄道の浦和美園駅。埼スタの最寄駅ですね。こちらもいずれ訪問したいと思います。東京メトロ乗りつぶしの時になるでしょう。

行程:西浦和(957E南船橋行)武蔵浦和(807K大宮行)中浦和(915K大宮行)大宮(1017B快速大船行)北浦和(1019B快速大船行)浦和(1121B快速大船行)南浦和(1017E南船橋行)東浦和(1050E府中本町行)府中本町

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
abesan11  
No title

さすがに駅にこだわる人です。1日ですべて訪問となるると2時間はかかったと思います。列車番号で調べてみようと思います。

私が訪れたことがあるのは,浦和駅と東浦和駅だけです。
浦和駅は20年ほど前,東浦和駅は外回り完乗の途中で三角点訪問のためです。

2019/08/10 (Sat) 15:09 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> abesan11さん、こんばんは。
その通り、駆け足で2時間ほどかかりました。西浦和発が9:38、東浦和着が11:27でした。
全駅で駅名標を撮って、下車印をもらう縛りで巡りましたが、中浦和では駅員さんがいなかったのと、南浦和で改札を出れなかったのが心残りです(笑)
東浦和で下車するとは意外に感じましたが、駅前に三角点があるようですね。

2019/08/10 (Sat) 23:20 | EDIT | REPLY |   
風来梨  
No title

こんばんは。

昨日、この三角点
https://stone.matudo-yamanokai.com/markview.php?mkid=TR35437355101
を踏んで、松本→名古屋→近鉄特急で大阪へ帰路の途中です。 三角点を踏むのに、4時間かかりました(笑)

都会にある三角点では、大阪では天保山(標高6m)が有名です。 一応、標高6mでも、地理学上は山の頂点ですね。

それで東浦和駅のも調べてみると、東浦和駅のモノは標高14.5mで、頂点でなく三角形の底辺の角に該当するモノらしいです。 三角点として目立つのは、やはりヤマのてっぺんのモノですけど・・ね。

2019/08/13 (Tue) 19:28 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 風来梨さん、こんばんは。
涸沢岳というと穂高でしょうか、大糸線方面ですね。しかしアクティブですね~。無事帰れましたでしょうか?

天保山を確認してみましたが、桜島駅そばのベイエリアにあるんですね・・・意外でした。
東浦和の三角点は全国に約3万2000点ある三等三角点のひとつだそうです。山頂にはない三角点は珍しいのでしょうか?選定方法がよくわからないです^^;

2019/08/14 (Wed) 00:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply