週末パス19冬(9) 信越本線 青海川駅 ~恐怖・・・波音響く闇の青海川~

きゃみ

柏崎駅から信越本線上り列車に乗車して、隣の鯨波駅かその次の青海川駅を目指します。
クジラが描かれている鯨波駅舎も気になりますが、結局青海川駅に下車することにしました。
イメージ 1 イメージ 2

青海川駅は新潟県柏崎市の駅。「日本一海に近いところにある駅」として知られていますね。海に近い駅は島国の日本にはいくつもありますが、この駅が一番よく知られているのではないでしょうか。観光列車「越乃Shu*Kura」も停車してくれます。
知名度でいえば他には伊予の下灘駅、趣は全く異なりますが鶴見線の海芝浦駅などが挙げられると思います。
 ※海芝浦駅の様子→→鶴見線海芝浦駅

とか何とか言ってますが、夜に好んでこの駅に降りる人はいないでしょう・・・海の景色どころではありませんでした(笑)

私一人だけを下ろして列車は闇の中に消えていき、一気に心細くなります・・・列車が去れば静けさだけの駅かと思いきや、波音?海風?の音が引っ切り無しに轟いていました。
イメージ 9

青海川駅の駅構造は相対式ホーム2面2線。特に番線は付与されていないようです。
こちら↓は陸側ホームから柏崎方面を望む。
イメージ 3

海側ホームを望んでみます。波音だけがすぐそばに海があることを教えてくれていますが、真っ暗で何も見えません・・・。
イメージ 4

ホーム間は跨線橋で結ばれています。その跨線橋から直江津方面を望む。
イメージ 5

海側ホームに移動して柏崎方面を望む↓ 寒風が容赦なく吹きつけ、止むことはありません。シャッター速度が遅いところに風が吹くのでブレまくりです(泣)
イメージ 7

海側ホームから目を凝らしてみます。すぐそばに波が辛うじて見えました。日があれば素晴らしい景色だとは思いますが・・・闇に吸い込まれそうで恐怖を感じました。
イメージ 8

直江津方を望む。白い駅舎は陸側ホームに隣接しています。
イメージ 6

駅の開業は1899(明治32)年7月、現駅舎は2008(平成20)年3月に供用開始されました。その前年、2007(平成19)年7月の中越沖地震で駅は大きな被害を受けました。当時の駅舎は無事だったらしいのですが、復旧工事に使用する重機搬入に支障が出るという理由で撤去されたそうです。
駅舎前面上部にステンドグラスが輝いています。これは震災のモニュメントという意味が込められているそうです。

駅舎の壁には新潟県の地図が描かれ、青海川の位置がプロットされています。
イメージ 10

駅舎内に入ってみます。舎内は狭い待合室と奥にトイレがあるのみでした。
イメージ 12

待合室には周辺マップが掲げられていました。海水浴場、恋人岬、米山、風の丘など散歩するには楽しそうな感じですね。
イメージ 13

真っ暗闇ではありますが、少し周辺を散歩してみます。
少し歩いて駅遠景。駅は上り坂の先にあります。
イメージ 11

振り返ると頭上はるか上空に橋が架かっていました。国道8号の米山大橋です。この辺りは起伏の激しい地形のようで、何となく旧北陸本線の筒石駅周辺を思い出しました。
 ※筒石駅訪問の様子→→北陸本線筒石駅

その奥の山の上には風車らしきものが辛うじて見えました。ずっと聞こえていた音はこれだったのかな??止むことのない風、風車を設置するにはもってこいの場所なのでしょう。

米山大橋の真下辺りに行ってみると小さな鳥居がありました。青海神社の入口のようです。待合室に津波発生時の避難場所として掲示されていた神社です。ここをくぐって階段を昇っていくようなのですが、真っ暗闇で怖くて足を踏み入れることはできませんでした・・・。ちなみに大橋がいかに高い位置にあるのかわかってくれますでしょうか↓
イメージ 14

駅に戻って待合室で寒さを凌ぎます。滞在の間、貨物列車や快速が通過していきます。貨物列車はホーム上の私に気づいたのか、警笛を鳴らしながら通過していきました。優等列車が「しらゆき」のみとなったこの路線も貨物にとっては大動脈に変わりありません。

さて、次の下り列車がやってくる頃です。下りは海側ホームに発着します。寒風吹きつけるホームに長居はできず、跨線橋の階段で列車を待ちます。
やってきたのはワンマン2連電車。後ろのクモハE128-111に乗車して、お宿のある長岡駅に向かいます。
イメージ 15

この駅にはやっぱり日のあるうちに下車すべきですね。夕方なんかもいいかもしれません。周辺の散策をして国道から駅を俯瞰してみたいです。

行程:柏崎(1344M直江津行)青海川(1345M長岡行)長岡[泊]

※冬の週末パス旅は前半が終わるということで今回で一旦区切ります。次回は先週末に春の18きっぷで出かけたいすみ鉄道・小湊鐡道や身延線の様子を記事にしようと思います~。

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 14

There are no comments yet.
ポン太  
No title

写真から寒さが伝わります!ナイス

2019/04/10 (Wed) 18:52 | EDIT | REPLY |   
ペンペン音頭2号  
No title

う~ん・・・夜の青海川駅に下車されるのは、きゃみさん位ですよ~。
ここは、どの季節でも絶対日中に訪れるべきですね~。でも、30年ほど前に吹雪の時に下車した時(まだ、先代の駅舎が残っている時でした)は、このまま凍死するかと思いましたっけ・・・

2019/04/10 (Wed) 19:30 | EDIT | REPLY |   
myuueru  
No title

こんばんは!

夜の駅って神秘的~(*≧∀≦*)

2019/04/10 (Wed) 20:18 | EDIT | REPLY |   
koganeturbo  
No title

いやいや、よくまぁ夜に行かれましたね(笑)
夕方のshukuraに合わせて、この駅に行ったことがありますが、夜の駅を興味深く拝見させていただきました(笑)

2019/04/10 (Wed) 21:14 | EDIT | REPLY |   
総武特快佐倉  
No title

こんばんは。

日本海が目の前なんですね。
波音だけが響く闇のホームはたしかに恐怖を感じます。
海の側ということもあって海風が吹きつけてとても寒かったんじゃないですか?
日中の穏やかな時にホームで眺めてみたいものです。

2019/04/10 (Wed) 21:25 | EDIT | REPLY |   
風来梨  
No title

こんばんは。

>夜に好んでこの駅に降りる人は・・
夜に野次馬しに行って自爆したオチャメなのはここにいます(笑)

青海川駅は只見線の新潟側『撮り鉄』旅の帰りに車窓から見ましたが、帰りの日3月31日は強風が吹き荒れ、波か高く波涛となっていて情感高かったですね。 降りたかったなぁ。 でも、快速は止まらないので、降りてしまうとその日のうちに帰れなくなるので、涙をこらえて我慢しました(笑)

2019/04/10 (Wed) 23:22 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> ポン太さん
ナイスありがとうございます!
ホームは風が絶え間なく吹きつけてとても寒かったです・・・。小さな駅舎でしたが寒さがしのげて非常に助かりました。

2019/04/11 (Thu) 00:09 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> ペンペン音頭2号さん、こんばんは。
吹雪の日にこの駅に、しかも旧駅舎の頃となるとかなりの寒さだったのは想像できます。海の景色は如何でしたか^^;

今回は旅行中に思いつきでの立ち寄りだったのでこんな時間になってしまいましたが、いつかまた日のあるうちに訪問してみたいです。暖かい日がいいです・・・

2019/04/11 (Thu) 00:18 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> myuueruさん、こんばんは。
確かに青海川は駅の光のみで闇に包まれていて神秘的な雰囲気はありました。神秘的を越えて怖くもありました・・・変わった経験はできたと思います(笑)

2019/04/11 (Thu) 00:25 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> koganeturboさん、こんばんは。
Shu*Kura目的でこの駅に下車されたことがあるんですね。海は北西側、駅から見る夕日が沈みゆく光景はきっと素晴らしいんでしょうね~。やはり、この駅にはもう一度訪問しなければなりませんね(笑)

2019/04/11 (Thu) 00:30 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 総武特快佐倉さん、こんばんは。
下りホームのすぐ目の前が海なのですが、真っ暗闇に吸い込まれるようで足がすくんでしまいました。強い風も引っ切り無しに吹きつけるので吹っ飛ばされそうな感覚がありました。カメラもまともに構えられなかったです。
この駅にはやっぱり暖かい日中に訪れて、のんびりと海を眺めるのがよさそうです^^;

2019/04/11 (Thu) 00:37 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 風来梨さん、こんばんは。
そうでした、もうひとりいました(笑)
青海川は誰もが下車してみたいと思わせる駅ですよね。ただし日中ですが(笑)
荒波の様子を捉えるのもよさそうですね。ただし日中・・・(笑)

2019/04/11 (Thu) 00:43 | EDIT | REPLY |   
山中鉄道部GOLD  
No title

お疲れ様でした。

2019/04/11 (Thu) 07:12 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 山中鉄道部GOLDさん
ありがとうございます・・・

2019/04/11 (Thu) 12:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply