三連休三陸駅巡り(19) 大船渡線 気仙沼駅 ~気仙沼線に乗換え~

きゃみ

一ノ関駅から大船渡線を折り返して1時間20分ほどで再び気仙沼駅に戻ってきました。
4番線に到着です。ここからは昼訪問時の様子と合わせて紹介します。
イメージ 1 イメージ 2

気仙沼駅は漁港のまち宮城県気仙沼市の代表駅です。気仙沼といえば私としては"気仙沼ちゃん"で知名度アップした街というイメージがあります(笑) 分かる人には分かる・・・年齢層ばれますね(苦)
乗り入れ路線は当駅の所属線である大船渡線と当駅を終点とする気仙沼線の2路線です。うち大船渡線の盛方面と気仙沼線はバスによる乗り入れで、列車とBRTの複合駅になっています。

駅構造は地上2面4線。そのうち1・2番線は元線路だったところを大震災後にかさ上げ整備したBRT専用道路になっています。

1・2番線の様子を西側から↓
1・2番線はBRT専用道路です。南側の駅舎に面した1番線が当駅着の大船渡線バス降車場と当駅発の気仙沼線バス乗車場になっています。1番線に停車中のバスは気仙沼線前谷地行き。
イメージ 3

同じく1・2番線を東側から↓
2番線は気仙沼線当駅終着のバス降車場と大船渡線盛方面バスの乗車場です。2番線に停車中のバスは到着直後の気仙沼線。右奥には4番線の大船渡線の列車も見えます。
イメージ 4

画像↑右下に少し見えますが、駅舎側1番ホームと2・3・4番ホームは構内歩道で連絡しています。列車時代には跨線橋があったはずですが、今は見られません。

その構内歩道を渡って島式ホーム側へ。
一番北側の4番線は大船渡線一ノ関方面の列車が発着します。4番線は元々は側線だったものを旧3番線の線路を潰してホームを拡幅して新設されたそうです。
イメージ 5

駅の東側を覗くと・・・↓手前に埋められたのが旧3番線の線路だと思われます。その左が4番線の線路ですぐ先で行き止まりになっています。右隣りは大船渡線盛方面BRTの専用道路。
イメージ 12

次は駅の西側を覗くと・・・↓ 切り欠きの新3番線の線路があります。左隣の道路が気仙沼線BRTの前谷地方面。右側の柵の向こうには一ノ関方面の4番線があります。
イメージ 6

それでは駅舎に向かいます。駅名標の横には、ここにもピィ~カァ~
イメージ 7

駅舎内の様子
この駅はみどりの窓口もある直営駅です。開放型待合室があり、この右側にはNewDaysも営業しています。
イメージ 8

駅舎内には気仙沼駅の模型もありました。BRTになってからのものですが、跨線橋もちゃんと残っていました。
イメージ 11

そして駅舎外観
1929(昭和4)年7月開業時からの立派な木造駅舎です。2012(平成24)年12月にリニューアルされて、駅舎前に三陸海岸の岩を模したゲートが建ってしまいました・・・むむ~。見にくいですが屋根にはメカジキが描かれています。
イメージ 9

こちらのほうが屋根がわかりやすいかもしれません↓
イメージ 10

さて、この日の夜に予約しておいた駅前にあるホテルに向かいます。と、そこで大船渡線BRTの宮城県側の支線を思い出しました。ちなみに岩手県側の支線の様子→→大船渡線BRTの陸前矢作駅

まだバスが出ているなら往復だけでもしてみようかと思い、ダメもとで駅窓口に問い合わせてみました。まずバス乗り場の場所自体が不明だったので確認すると、どうやら駅前通りにバス停があるとの話しです。肝心のこの日のバスはやっぱり終わってました。時刻表もいただきましたが、1日5.5往復・・・終バスは18時前に出てました。

予想通りだったのでNewDaysで翌日の朝食を買って駅前ホテルへ。その時に一応バス停を確認しておきました。
バス停は駅前通りの郵便局の前にありました。ミヤコーバスのバス停です。気仙沼~上鹿折のBRT支線はミヤコーバスの鹿折金山線という市民バスが代行しているようですね。いずれまた訪問することになると思います。
イメージ 13

ホテルは駅のほんとに真正面にありました。部屋の窓から駅が撮影できるかも!と思い、駅側の部屋を頼んでみましたが、一番小さいシングルは裏側にしかないそうです、残念。ついでに近くの飲食店を訪ねてみると、繁華街は駅から結構離れた海側にあるらしく、駅前に1つだけ開いてるお店を紹介してくれました。
そのお店に行ってみると、中は地元の方々で盛り上がっていて、もう料理は終わっているといわれてしまいました・・・。仕方ないので再び駅のNewDaysで1つだけ残っていたお弁当を購入してホテルに戻りました。残っててよかった(笑)

この夜はアジアカップのオマーン戦で勝利を見届けてから就寝しました。
イメージ 14

翌朝は5:30に起床して1時間ほどのんびりしてから駅に向かいます。
早朝の気仙沼駅、灯台を模した歓迎塔が港町らしいです。といっても駅自体は内陸側にあります。
イメージ 15

最終日の最初は今回7路線目の気仙沼線BRTに乗車です。1番線から本吉行き区間運転のバスで更に南下します。
イメージ 16

行程:一ノ関(339D気仙沼行)気仙沼[泊](10本吉行)本吉

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply