秋田青森駅巡り17夏(12) 津軽鉄道線 津軽中里駅 ~津軽鉄道線の終着点~

きゃみ

津軽五所川原駅から出発した列車内は私一人だけの貸し切り状態でした。
車掌さんが検札にきました。私が持っていたきっぷは途中の金木駅まで有効の「津軽フリーパス」だったので、金木から終点の津軽中里までの切符を購入しました。
ちなみに後ほど購入した帰りの分は芦野公園駅まで購入しています。
イメージ 1 イメージ 2

乗車した津軽21形の車内はこんな感じ。天井には風鈴がぶら下がって音色を奏でていました。
イメージ 3

途中、五農校前駅や津軽飯詰駅などを通ります。正面から撮ってみたい味のある駅舎が並びます。

五農校前駅
イメージ 4

津軽飯詰駅

イメージ 5

嘉瀬駅を通ります。この駅にも下車してみたいですね。
イメージ 6

車窓には緑の海が広がります。あの山の向こうには津軽線が走っています。
イメージ 7

乗車してから30分ほどで終点の津軽中里駅に到着しました。
駅名標の文字は味がありますね。
イメージ 8 イメージ 9

津軽中里駅は青森県北津軽郡中泊町に所在する津軽鉄道線の終着点です。
駅構造は単式ホーム1面1線に機回し1線。転車台もあるそうですが確認してなかった><
イメージ 10

駅舎は意外に近代的なものでした。もともと生協が併設されていたそうですが、現在は閉店されて物産販売施設などを備えた交流施設がオープンしています。といっても朝早かったようで閉店状態でした。
イメージ 11

出札窓口や改札口の様子。業務委託の窓口では硬券の入場券や乗車券を販売しているそうです。わたしもここで入場券を購入したかったのですが、訪問が朝早すぎて残念ながら駅員さんはいませんでした・・・
代わりに駅入口で車掌さんが切符販売の代行をしていたので、そこで帰りの乗車券を購入しました。
イメージ 12

さて、ちょっと慌ただしいですが9分で折り返しの列車に乗車します。駅滞在中には駅まで学生を送迎する車が頻繁にやってきます。列車内は行きとは打って変わって学生で大賑わいとなりました。
イメージ 13

行程:津軽五所川原(53準急津軽中里行)津軽中里(4津軽五所川原行)芦野公園

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 10

There are no comments yet.
koganeturbo  
No title

こんにちは。まだパンチで抜くタイプの切符ってあるんですね。興味深くパンチの位置に見入ってしまいました(笑)

2017/09/21 (Thu) 08:36 | EDIT | REPLY |   
こまころ  
No title

こんにちは。
53レは津軽五所川原からの一番下りですね。貸切状態ですか。ローカル線を旅していると時たま出くわすことがありますが、なんとなく心配になります。内心では、よろこんでいる気分もないではないのですが。

2017/09/21 (Thu) 11:03 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> koganeturboさん、こんにちは。
数少なくなってきたとは思いますが、地方交通で車掌さんがいるところだとまだあるんですね~。この間は小湊鉄道でも女性車掌さんに切ってもらいました。
日付や金額の表現の仕方がおもしろいですよね。

2017/09/21 (Thu) 12:42 | EDIT | REPLY |   
きんにくん  
No title

いいですね~。五能線は何回か乗ってるのに、津軽鉄道はまだなんです。弘南鉄道とセットでそのうちに乗りに行きたいですね~。

2017/09/21 (Thu) 12:45 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> こまころさん、こんにちは。
53レは津軽五所川原発一番の列車でした。準急に設定されていたのもありますが、上りの通学輸送のためのほぼ回送的な位置づけの列車のようですね。
確かに車両が空いていて座れるのはうれしいですが、全く人がいないというのはちょっと不安だし心配になりますね・・・。

2017/09/21 (Thu) 12:50 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> きんにくんさん、こんにちは。
津軽鉄道は弘南鉄道とセットで乗るのが一番効率的だと思います。
津軽鉄道ですとやはり冬の時期に走るストーブ列車に乗ってみてはいかがでしょうか?スルメを焼いて食べてみたいですね。

2017/09/21 (Thu) 12:56 | EDIT | REPLY |   
風来梨  
No title

こんばんは。

津軽中里駅と芦野公園駅とついでに深郷田は、津軽鉄道の撮り鉄&十三湖めぐりで訪れてます。

深郷田(不幸だ~)から天北線の寿(広尾線の幸福も可)までの乗車券あったら、奮発して買う人いるかもしれないなぁ・・などと下らない事言いながら駅名標を撮りましたよ。

それと、津軽中里駅を出てすぐにある踏切に、撮り鉄の目線から見ると最高の”アテ”がありますね。

この”アテ”を撮った『旧きモノと新しきモノ』と、太宰修ゆかりの地らしい雰囲気の出た『光のカーテン』は、今でもかなりのお気に入り写真となってます。

それでは、その時の記事をTBしたいと思います。
宜しくお願いします。

2017/09/23 (Sat) 23:32 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 風来梨さん、こんにちは。
コメント&TBありがとうございます。
深郷田駅、私も読みが気になってました。乗車券があったら着駅にはしたくないですね(笑)
"アテ"はキハ10系のボロボロ車両でしたか。先に風来梨さんの記事を見ておけば、見に行けたかもしれませんね。
「光のカーテン」はこれまた見事ですね!津軽鉄道といえば旧客のストーブ列車。やっぱり冬に行くべきなんですね・・・

2017/09/24 (Sun) 05:49 | EDIT | REPLY |   
なるさん  
No title

こんばんは。
行きの貸し切りは嬉しいですね(笑)
車窓からの眺めも最高でしたね。
津軽中里駅にナイスです(微笑)

2017/09/30 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> なるさんさん、こんにちは。
貸し切り状態の車内はちょっと寂しかったですね(苦笑)
車窓から見る途中駅は下車してみたいなと思わせる駅がいくつもありました。

2017/10/01 (Sun) 12:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply