秋田青森駅巡り17夏(9) 弘南鉄道弘南線 (弘前駅~黒石駅) ~夜の弘南線乗りつぶし~

きゃみ

中央弘前駅から徒歩でJRの弘前駅前までやってきました。
この時点でもう日が暮れてしまいましたが、弘南鉄道のもう一本の路線、弘南線に乗車します。

弘前駅の中央口。駅前には「りんごの風」の銅像。さすがりんごの産地ですね。
イメージ 1

中央口から階段を上り、東西自由通路を通ります。
JRの弘前駅は橋上駅舎で改札口は2階にあります。今回はここをスルーして自由通路を東に向かいます。
イメージ 2

東側は城東口と呼ばれていますが、その隣に弘南鉄道弘前駅の小さな入口がありました。
イメージ 3

入ってみると狭いスペースに券売機や待合室、改札口などがありました。列車別改札のようなので改札口が開くまでここでしばらく待機です。
イメージ 4

改札口が開きました。津軽フリーパスで入場すると、列車が出発を待っていました。
駅構造は頭端式ホームの1面2線。西側にはJRの駅構内がみられます。
イメージ 7

車両は大鰐線と同じく7000系の2連ですがこちらは赤帯ですね。
駅名標の次の駅がなぜか途中の駅をぶっ飛ばして終点の黒石になっていました。
イメージ 5 イメージ 6

それでは2連先頭車の"7012"に乗車です。
弘南線は弘前と黒石を結ぶ16.8kmの路線。時刻は19時半ごろで乗客は私以外はほぼ学生でした。車内は外から侵入してくるのか、大量の虫が発生して大変な事になってました・・・地方交通ならではですかね・・・。

車窓は日が暮れてしまって期待はできませんでした。途中にその名も「田んぼアート駅」があって見事な田んぼアートが見られるそうですが、この時間帯の列車は駅を通過します・・・。

そんなこんなで列車に揺られること約30分で終点の黒石駅に到着です。
イメージ 8 イメージ 9

黒石駅も頭単式ホーム1面2線の構造。かつて弘南線の他に黒石線が乗り入れていた頃は2面4線の構造だったそうです。黒石線は1998(平成10)年4月に廃止されました。
イメージ 10

乗車してきた列車のとなりには青帯も見られました。車番は"7011"。
イメージ 11

駅舎の様子。隣にはコープが併設されていて、駅から直接入ることができました。駅自体は静かでしたが、この日はお祭りだったようで、駅のそばで盆踊りが開催されていてとても賑やかでした。
イメージ 12

駅舎内の様子。駅舎は線路終端側にあります。
イメージ 13

来駅記念に入場券を購入。
イメージ 15

折り返しは虫がそれほど発生していないほうの"7022"に乗車して弘前に戻りました。これにて弘南鉄道の完乗です。
イメージ 14

弘前駅そばの簡素なビジホには21頃に戻りました。1日目の終了です。
イメージ 16

翌日は五能線の始発に乗車する予定。早めに床につきましたが、寝る前に飲んだコーヒーのせいか、なかなか寝付けませんでした・・・失敗しました~。

行程:中央弘前(徒歩)弘前(49黒石行)黒石(54弘前行)弘前[泊](822D鯵ケ沢行)川部

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
なるさん  
No title

こんばんは。
ご乗車中は大変でしたね。
黒石駅構内の夜景もきれいですね~!
弘南鉄道の完乗にナイスです(微笑)

2017/09/17 (Sun) 20:26 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> なるさんさん、こんにちは。
虫の大量発生には驚きました・・・。車内には扇風機が稼働していて虫が煽られます。同乗のみなさんも虫を避けて隣の車両に移ったりしていました。
何はともあれおかげさまで弘南鉄道も完乗することができました。

2017/09/18 (Mon) 07:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply