17GW北陸駅巡り(4) 東海道本線赤坂支線 荒尾駅と南荒尾信号場

きゃみ

美濃赤坂駅から"ひと駅歩こう"で手前の駅まで徒歩で向かいました。

途中、踏切で石灰石を運ぶ貨物列車に遭遇したりしながら荒尾駅に到着です。
荒尾駅はインカーブの単式ホーム1面1線。駅舎は無く、美濃赤坂方に出入口があります。裏手には学校の校庭が見えました。
イメージ 1

ホーム上に待合室があるのみの小さな駅です。
イメージ 2

駅名標はJR東海標準タイプ。
イメージ 4

しばらくすると下り列車がやってきました。
この列車の美濃赤坂からの折り返しに乗車する予定。ここでは列車を見送ります。
イメージ 3

下り列車が去った後は静かな時間となりましたが、どこからか踏切の鳴る音が聞こえてきます。荒尾駅のすぐ南には東海道本線が走っており、そちらの踏切音でした。

美濃赤坂線は東海道本線上にある南荒尾信号場から北に分岐しており、分岐してすぐのところに荒尾駅があるんですね↓
イメージ 5
(Wikipediaから南荒尾信号場の配線図を拝借)

南荒尾信号場・・・美濃赤坂支線の分岐だけではなく関ヶ原方面には垂井線という変わった経緯を持った支線も分岐している興味深い信号場です。垂井線の経緯は以下のとおり。
下り本線は、本信号場から関ケ原駅までの間に存在する最大25パーミル(25/1000)の上り勾配を回避するため、1944年に開業した迂回線(新垂井駅(廃止)経由・最大勾配10パーミル)に切り換えられ、旧下り線の線路は第二次大戦中の鋼材確保を理由に撤去された。
垂井線は1944年に撤去された旧下り線を、1946年に別線(本信号場 - 垂井駅間は下り専用、垂井駅 - 関ケ原駅間は上下双方向に運転可能な単線)として復活させたものである。
この区間の下り列車は、普通列車は垂井駅に停車する必要があるため垂井線経由で運転され、垂井駅に停車する必要のない特急列車や勾配緩和が必要な貨物列車は下り本線(迂回線)経由で運転される。また、関ケ原駅始発の上り列車も、大垣車両区から下り本線経由で回送されている。
信号場の様子も撮影に行っておけばよかったですね、ちょっと後悔。

さて、大垣行きの上り列車がやってきます。荒尾駅には小さい駅にもかかわらず多くのお客が集まってきました。ワンマン2連のクモハ313-3025に乗車です。

例の信号場を通って大垣駅に戻ってきました。大垣駅では1番線発の豊橋行き新快速に乗り換えます。6連のうちのサハ313-5003に乗車して次の目的地、岐阜駅に向かいます。
イメージ 6

行程:美濃赤坂(徒歩)荒尾(3710G大垣行)大垣(5320F新快速豊橋行)岐阜

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 6

There are no comments yet.
たかはし  
No title

私は、養老線の東赤坂から、美濃赤坂まで歩いたことがあります。

ルートは、旧中山道にあたりまして、まぁ、それなりに楽しめます。

是非、お試しを。

2017/05/11 (Thu) 20:37 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> たかはしさん、こんばんは。
情報ありがとうございます。養老線が近いのは訪問後に知ったんですよね・・・。東赤坂からなら乙女坂の貨物駅に立ち寄る事も出来そうですね。次回訪問することがあったら試してみたいです。

2017/05/11 (Thu) 21:19 | EDIT | REPLY |   
なるさん  
No title

こんばんは。
嬉しいインカーブの荒尾駅ホームですね♪
荒尾駅と南荒尾信号場の配線は興味深いです。
ナイスです(微笑)

2017/05/14 (Sun) 23:30 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> なるさんさん、こんばんは。
荒尾駅のような小さい駅に訪問するのも一つの楽しみですね。信号場の配線もなかなか興味深いです。信号場は駅の近くにあったので少し足を運んで撮影してもよかったですね。

2017/05/15 (Mon) 22:34 | EDIT | REPLY |   
風旅記  
No title

こんにちは。
お写真を拝見しながら、支線らしい雰囲気を思い出して楽しませて頂きました。
駅舎のない、1面のホームだけの駅の佇まいがいいですね。
美濃赤坂駅から先の西濃鉄道の路線は、廃止が続き短くなってしまっているようですが、今でも貨物列車が発着している姿が見られるのは貴重なのではないかと思います。
2両編成のローカル列車もいいですし、本線とこの支線を行き来する貨物列車も眺めて見たいものです。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

2018/07/17 (Tue) 15:40 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 風旅記さん、こんにちは。
赤坂支線は鉄道ファンであれば一度は訪問してみたい路線じゃないかなと思います。車両はJR東海の新しいものとなってしまいましたが、美濃赤坂や荒尾の駅自体の雰囲気は以前からほとんど変わっていないと思います。ローカル雰囲気満載です。
でも一番のポイントは貨物列車が現役で走っているところですね。次回いつか訪問出来たら、美濃赤坂の先の乙女坂のほうまで足を延ばしてみたいなと思っています。

2018/11/05 (Mon) 15:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply