東武大師線 大師前駅 ~西新井大師の最寄り駅~

きゃみ

昨日、松原団地駅訪問の帰りにまだ未乗車だった東武大師線に立ち寄ってみました。

大師線は西新井駅から大師前駅のたった1.0kmの路線です。元々、西新井駅と東武東上線の上板橋駅を結ぶ西板線として計画されましたが、用地確保が完了した西新井~大師前間を西新井大師の参拝客輸送を目的として先行開業したところまでで、その先の計画が頓挫した経緯があります。この計画が実現できれば東武本線系と東上線系が晴れて結ばれてたんですよね。


ということで大師線の分岐する西新井駅にやってきました。

西新井駅の1,2番線ホームに大師線列車が発着しますが、大師線ホームへは中間改札を通る必要があります。これは大師前駅が無人駅であることから、当駅の大師線連絡口で大師前駅としての改札業務を行うためです。

1番線に大師前行きの列車が到着です。車両は8000系のリバイバルツートン?の2連電車。ホーム長は2両分しかないので撮影するにはちょっと窮屈です。
イメージ 1

西新井を出発しておよそ2分で終点大師前駅に到着です。
イメージ 3

大師前駅の駅構造は高架上の単式ホーム1面1線ですが、ホームがかなり広く作られています。年始には参拝客でいっぱいになるんでしょうね。
イメージ 2

出入口は2箇所あって、こちらは南側で駅前にバス停があります。
イメージ 4

こちらは西側で西新井大師に近いほうの出入口です。
イメージ 5

せっかくなので西新井大師にも行ってみました。
参道です。天気も良く比較的暖かったので人出も多かったです。
イメージ 6

本堂です。西新井大師は正式には總持寺(そうじじ)というそうです。知りませんでした。
イメージ 7

さて、帰りも同じ2連電車でした。西新井駅には2番線に到着です。
通常は1番線に発着するのですが、この時刻の列車のみ2番線の発着になります。これは車両が亀戸線と共用のため、亀戸線で朝ラッシュのみ運用される車両が運用終了後に亀戸駅に留置され、昼過ぎに西新井駅まで回送されて大師線の運用に入るダイヤとなっているからのようです。出入庫時に使用する本線への線路との接続の関係で車両交換の際には2番線を使用するとのこと。

西新井駅2番線に停車中の8000系2連。亀戸線から回ってきた編成だと思われます。
イメージ 8

これにて東武大師線の踏破完了です。他にも京成金町線などなど、灯台下暗しの小さな路線がまだまだあるので、たまに乗車しに行こうかと思います。

行程:松原団地(東武伊勢崎線)西新井(東武大師線)大師前(東武大師線)西新井(東武伊勢崎線)北千住(常磐線)日暮里

踏破完了した路線:東武大師線
下車・記録駅累計:842

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
こまころ  
No title

こんばんは。
大師線にリバイバルカラーが入っていたんですね。車両が大師線と亀戸線とを行ったり来たりしているとはきいていましたが、どのタイミングで車両を交換するのかな、と思っていました。昼過ぎに行われているんですね。毎日なんでしょうか。

2017/02/12 (Sun) 21:17 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> こまころさん、こんばんは。
亀戸線の列車とは13時14分西新井発の列車から入れ替わるみたいです。この時だけ2番線を使います。おそらく毎日同じ運用をしていると思いますよ。

2017/02/12 (Sun) 22:24 | EDIT | REPLY |   
なるさん  
No title

こんばんは。
ホーム上のアーチ状の屋根&リバイバルカラーが
最高ですね!東武大師線の完乗にナイスです(微笑)

2017/02/19 (Sun) 23:37 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> なるさんさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
大師前駅はアーチ状の屋根に広々としたホームが特徴的ですね。わずか1.0kmの路線ですが(笑)、完乗を果たせてよかったです。

2017/02/21 (Tue) 20:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply