20系夜行急行「十和田」

きゃみ

今回の"懐かしの上野駅"は上野から常磐線経由で青森までを結んでいた急行「十和田」を紹介します。

80年代前半の頃、上野駅地平ホーム19番線の20系急行「十和田」、ナハネフ22でしょうかね?? この頃の上野地平ホームは19番線まであって特急「ひたち」なども発着していたと記憶しています。
イメージ 1

歴史をさかのぼると「十和田」の愛称は、1954年10月に始まるようです。当時は東京~青森を常磐線経由で走っていたそうです。
1968年ごろには昼間1往復、夜間4往復の計5往復もあったとのことです。そのうち夜間1往復が「ゆうづる」に、昼間1往復が「みちのく」に格上げされます。
20系化されたのは1977年10月で1往復にのみ投入されました。

上野と青森を常磐線経由で走行していた「十和田」
イメージ 2

1982年11月に20系から12系に置き換えになったらしいので、写真はそれよりも前のものということになりますね。

20系以外にも14系の「十和田」もありました。
イメージ 3

当時は上野発青森行の夜行急行は、東北本線経由の「八甲田」、奥羽本線経由の「津軽」、常磐線経由の「十和田」の3本がありました。北海道や東北周遊券でお世話になった人も多いのではないでしょうか。そういうわたしも「八甲田」にはお世話になりました。
この3本の中でいち早く消えていったのが「十和田」でした。結局、1985年3月の東北新幹線上野開業に伴って臨時列車に格下げされ、最後は1994年12月に廃止となりました。

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 10

There are no comments yet.
たかはし  
No title

10系寝台(山陰)は、一応乗ったことがありますが、

20系は乗ったことがありません。

しかし、この丸みを帯びた外観、先端の窓は、後のE26系の参考になったはず、と個人的には思うのですが、賛同してくれる人が少なくて凹んます。(笑)

2017/02/09 (Thu) 19:34 | EDIT | REPLY |   
風来梨  
No title

こんばんは。

私は逆に【十和田】と【津軽】は乗ったことがありますけど、【八甲田】は乗ったことがなかったですね。

北海道周遊券を使っての旅は、行きが大阪~青森の【白鳥】で、帰りが夜行急行が王道でしたから。

それと、東京口の興味深々の急行列車は、夜行のDC急行の【出羽】ですね。
「ドアップの廣田」こと鉄道写真家の廣田尚敬氏の、キハ58の統一された美しい編成の写真に魅せられましたね。

この頃からずっと、特急より急行や普通列車に目がいってますね。

2017/02/09 (Thu) 23:12 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> たかはしさん、こんにちは。
「山陰」10系といえば夜行鈍行の寝台車ですよね。それは貴重な体験ですね、羨ましいです。私は逆に20系にしか乗ったことがないんですよね。
確かにE26系は20系の丸みを帯びたところや展望窓など外観は似てると思いますよ。

2017/02/10 (Fri) 09:00 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 風来梨さん、こんにちは。
やはり周遊券では夜行急行は使えますよね。ほんとに使い勝手の良い切符でした。
残念ながらキハ58の急行「出羽」は見たことがなくて、ブルートレインになってからの「出羽」しか見たことがありません。夜行気動車急行もそそられますね。羽越西線経由というのも面白いです。

2017/02/10 (Fri) 09:08 | EDIT | REPLY |   
なるさん  
No title

こんばんは。
上野駅の20系・14系急行「十和田」の貴重な
お写真が素晴らしいですね!最高です(微笑)

2017/02/10 (Fri) 22:12 | EDIT | REPLY |   
こまころ  
No title

こんにちは。
20系、懐かし~。わたしの乗車体験は大阪から東京までの「銀河」でした。それが最初であり、最後でした。

2017/02/11 (Sat) 13:27 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> なるさんさん、こんにちは。
この頃は上野地平ホームが19番線まであったんですよね。そこで撮れたのは今となっては貴重かなと思います。何はともあれやっぱり20系は美しいですね~。

2017/02/11 (Sat) 15:23 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> こまころさん、こんにちは。
「銀河」に乗車されたんですね~。私の20系の乗車体験は臨時の「あさかぜ51号」で下関まで行ったことと、つくば万博で運行していた「エキスポドリーム号」です。懐かしいですね~。

2017/02/11 (Sat) 15:25 | EDIT | REPLY |   
たかはし  
No title

> きゃみさん

20系のデザインの件、少しでも賛同頂きましてありがとうございます。

山陰は、「一応」と書き添えたのは、綾部→京都を乗ったのですが、寝台車(10系客車)に忍び込んだ、というのが正解です。

当時小学生の私に対し、おそらく車掌さんも見て見ぬふりをしたのではないかと思います。

山陰の最終章は10系客車+12系客車でしたが、やっぱり「雑型時代」に思い入れがあります。


雑型時代は、綾部→京都以外にも、嵯峨→京都とかで「山陰」には何度か乗りましたが、山陰地方で獲れた魚介類を売りに行く行商の方々で満員でした。行商の方々が利用しなくなったのは、昭和58年に全面開通した中国自動車道の影響だと私は思います。

2017/02/11 (Sat) 18:29 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> たかはしさん、こんばんは。
「山陰」には明け方に乗られたんですね。寝台車に乗車しなければ、鈍行ですから手軽に乗車できたんでしょうね。10系寝台車に忍び込まれたのはそれはそれで面白い体験ですよね(笑)

「山陰」などの夜行列車もモータリゼーションの波の影響を受けていたんですね。

2017/02/12 (Sun) 00:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply