広島山口駅巡り16師走(22) 山陰本線 長門三隅駅 ~山陰本線閑散区間の小駅に立ち寄り~

きゃみ

長門市駅から東萩方面の気動車に乗車しました。
この益田~東萩~長門市間は山陰本線の中でも最も列車本数が少ない区間です。今回乗車したのはそのうちのほんの一部の区間で、ほとんどが未乗なんですよね。ちょっとやっかいな区間を残してしまいました。

ということで今回下車したのは長門市からひと駅の長門三隅駅。本当はあと二つ先の三見駅で下車したかったのですが、そこまで行くと下関方面の列車への乗換えが厳しかったので諦めました。
イメージ 1 イメージ 2

山陰本線の「三隅駅」としては三保三隅駅がメジャーですが、こちら長門三隅駅を好き好んで下車する人もまずいないのでは・・・。

駅構造は相対式ホーム2面2線に未使用と思われる引込線が1本の構造です。
東萩方面。撮影はホーム間の跨線橋から行いました。
イメージ 3

駅舎は瓦屋根が立派な木造平屋建てです。1924(大正13)年11月開業時の駅舎ですが、大幅にリニューアルされて、介護予防拠点施設「はつらつステーション三隅」との合築駅舎となっています。ただし、建物は立派なのですが、駅入口と待合室は右端に申し訳なさそうな程度のものしかありません。
イメージ 4

待合室はこんな感じでほぼ通路に椅子が置いてある程度の狭い場所でした。
イメージ 5

列車本数は1日9.5往復ほどと少ないですが、0.5往復分に相当する長門市方面の朝6:30の列車はなんと当駅始発! 平日のみの運行で完全な学生向けの列車と予想されます
イメージ 6

この駅は駅前の個人売店で常備券を売っている簡易委託駅だと聞いていたのでちょっと楽しみにしていたのですが、昨年中に販売は中止されたようで完全に無人駅になってしまいました。切符を買えず残念・・・

さて、次の長門市方面の列車がやってくる頃です。
イメージ 7

車両はキハ40-2071の単行でした。小学生くらいの2人と一緒に乗車して長門市駅に戻ります。
イメージ 8

行程:長門市(1566D東萩行)長門三隅(1565D長門市行)長門市(967D下関行)阿川

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
たかはし  
No title

私は山陰本線は、益田-長門市が未乗車区間です。

潮彩号に代わる新たな観光列車が作られ、萩まで行くようです。


これまでの潮彩号は仙崎折り返しで、仙崎に着いた後どうするの?長門市に戻ったしてどうするの?というダイヤでしたが、

萩までまで行けば新たな観光ルートが開拓できそうです。

確か、萩から津和野を結ぶバスがあるはずですので、これまた観光にはもってこいだと思います。

欲を言えば、SL山口とセットな観光ルート、プランが立て易くなると良いなと思うんですが、、、、。

2017/02/04 (Sat) 19:44 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> たかはしさん、こんばんは。
同じように益田~長門市だけ残っちゃったようですね。東から山口線、西から美祢線に入ってしまったというところでしょうか。

みすゞ潮彩が引退して新たな観光列車ができるようですね。新下関から観光列車で萩へ、バス?で津和野へ、SLで新山口へという観光ルートができれば面白いですね。十分行けそうな気がします。

2017/02/04 (Sat) 22:06 | EDIT | REPLY |   
なるさん  
No title

こんばんは。
切符を買えなくて残念でしたね。
跨線橋からの引込線とキハ40-2071に
ナイスです(微笑)

2017/02/05 (Sun) 22:00 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> なるさんさん、こんばんは。
売店はやめてしまったのか休みだったようですね。常備券はまた他のどこかの駅でトライしてみたいと思います。
キハの単行が長いホームを持て余し気味ですよね~

2017/02/06 (Mon) 00:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply