18きっぷ秘境駅の旅(9) 飯田線 飯田駅

きゃみ

天竜峡駅から乗車してちょうど30分でこの日のお宿を予約していた飯田駅に到着しました。空は雨模様です。
イメージ 1 イメージ 2

飯田駅は飯田線の名前にもなった主要駅で伊那谷最大の都市である長野県飯田市の代表駅です。特急「伊那路」は豊橋から当駅を終点としています。
新宿からも高速バスが走っていて約4時間で東京からも来ることができます。秘境駅へのアプローチに使えますね。

駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線で、南側の単式ホームに接して駅舎があり、ホーム間は豊橋方の跨線橋で結ばれています。
イメージ 3

駅舎内の様子。当駅は駅長・駅員のいる直営駅でみどりの窓口もあります。
イメージ 5

さて、駅を出て宿に向かうこととします。
イメージ 7

宿は市街地を越えた先の歩いて30分近くの場所にあってちょっと迷いましたが、夕食をどこでとろうかを探りながら歩いて何とか到着。まあ、\2,100の宿なので仕方ないところでしょうか。
宿に到着してから外は土砂降りとなりました。移動中に降らずによかったです。
で、この日は疲れていたようで食事もせずいつのまにか寝ちゃってました・・・

翌朝、本当は5時くらいに起きて早い列車で旅を再開する予定でしたが、少し遅らせてこの日は6時過ぎに起床しました。シャワーを浴びた後、朝食バイキングでコーヒーを飲んでゆっくり出かけることにしました。

再び市街地を歩いて飯田駅にやってきました。まずは駅舎を撮影です。
駅舎は1992年に改築された3代目で、信州名産のリンゴをイメージした丸い赤屋根が特徴的な建物です。
イメージ 4

18きっぷに3日目の入場印を押してもらい入場します。改札を通る際に駅員さんから落石警報が鳴った影響で列車が遅れている旨案内がありました。どれだけ遅れるのか見当がつきませんでしたが、10分遅れ程度で目的の列車がきました。伊那松島行きの213系、クモハ213-5006に乗車します。
イメージ 6

途中、市田駅などいくつもの駅で列車交換を行い・・・
イメージ 8 イメージ 9

伊那松島駅で乗り継ぎを行い(車両はクモハ313-3013)、飯田駅から2時間半かけて飯田線終点の辰野駅に到着しました。これにて飯田線完乗です。つづく

行程:天竜峡(235M岡谷行)飯田[泊](1503M伊那松島行)伊那松島(217M岡谷行)辰野

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 8

There are no comments yet.
雑草のひとりごと  
No title

モダンな駅舎ですね。
きゃみさんの目標は全線の駅舎を見て回ることですか?
全駅を乗ることですか?
一生をかけての目標でしょうかz。
旅の楽しみ方もいろいろあっていい物ですね。

2016/11/12 (Sat) 20:58 | EDIT | REPLY |   
きんにくん  
No title

飯田駅って意外と?降りたことないんですよね~。
朝食バイキングがついて2100円なんですか???激安ですね!それだったら30分くらい歩くのも厭わないですね(笑)。
市田といえば、やっぱり市田ひろみさんですよね(笑)。

2016/11/12 (Sat) 21:14 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 雑草のひとりごとさん、こんばんは。
飯田駅の駅舎はモダンで可愛らしいですね。

目標は気になった駅に下車しながらの全線踏破です。全線ブログ上で紹介できたらうれしいですね。でも行ったことのないところはまだまだたくさんあるので、先は長いですね(^^ゞ

2016/11/13 (Sun) 00:18 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> きんにくんさん、こんばんは。
飯田駅は乗り継ぎする必要がないので、鉄旅で下車する事はあまりなさそうに思います。
宿はポイントを使ったので実際には朝食付き4000円台の価格でした・・・。それでもそこそこ安いのは、築30年以上の旧館だったからみたいです。
市田ひろみ・・・ってまた渋いですね(笑)

2016/11/13 (Sun) 00:24 | EDIT | REPLY |   
こまころ  
No title

おはようございます。
わたしも飯田線は一度だけですが、乗り通しました。岡谷側から豊橋に抜けましたが、途中の鶯巣という小さな駅に降りて、駅から5分ほどだらだら坂を下りたところにあった民宿に泊まりました。
このお宿、ダム工事の関係者ばかりが宿にしているそうで、観光客ははじめてではないにしても、なかり珍しいとのことでした。

2016/11/13 (Sun) 08:43 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> こまころさん、こんにちは。
飯田線をゆっくり乗り通すとなると長いし時間がかかるので、どこかで一泊は必要になりそうですね。
鶯巣駅は秘境駅に挟まれた小さな駅。こんな小さな駅の民宿、よくご存じでしたね。どうやって見つけられたのでしょうか?
わたしも以前、大井川鐵道の寸又峡で長島ダム関係者が泊まる宿泊施設に泊まったことがあります。その時は親戚がダム関係者だったので泊まることができました。

2016/11/13 (Sun) 19:01 | EDIT | REPLY |   
なるさん  
No title

こんばんは。
丸い赤屋根は信州名産のリンゴカラーなんですね♪
昔、飯田線に乗った時は全線をぶっ通しで乗りました。
宿泊しながら、ゆっくり楽しみたかったですね。
飯田駅にナイスです(微笑)

2016/11/16 (Wed) 22:05 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> なるさんさん、こんばんは。
飯田駅の駅舎も天竜峡駅に負けずに赤い屋根にステンドグラスがお洒落だと思います。
飯田線をゆっくり全線乗り通すにはとても長いし駅が多いので途中どこかで一泊したいところですね。

2016/11/17 (Thu) 01:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply