北海道完乗の旅16夏(18) 石北本線 下白滝信号場

きゃみ

旧白滝駅跡からほぼ線路沿いに遠軽国道をしばらく進み、駅前と思われる道を右折すると下白滝駅跡に到着します。

石北本線下白滝信号場
駅名板が取り外されてしまった旧駅舎
イメージ 1

下白滝駅は駅構造が列車交換可能なためか旅客営業だけが廃止されて信号場となりました。旧駅舎は詰所として残されていると思われます。

白滝方面を望む
駅構造は千鳥状で完全にずれた相対式ホーム2面2線の構造です。
駅名標は抜き取られています・・・
イメージ 2

ホーム間は構内踏切で結ばれていたはずですが、板が取り外されていました。
イメージ 3

こちらは遠軽方面
側線には保線用の車両が停泊していました。
イメージ 4

ホーム側からの旧駅舎の様子
味のある木造です。鍵がかかっていて中には入れませんでした。
イメージ 5

旧駅周辺の様子
イメージ 6

旧駅前の様子、牧場でしょうか。
仔牛が小さなケージに1頭ごとに入れられてずらっと並んでいました。私の方が気になるのか仔牛はこちらのほうを伺っていました(笑)
イメージ 7

以上で白滝シリーズの駅訪問は完了です。いつかまたここに来る時はきっと石北本線列車の車窓から眺めることになるのかなと思います。
さて、次の目的地は遠軽駅を経由して同じく廃止された金華駅跡に向かいながら、各駅に寄って行くこととします。ナビを登録して再び遠軽国道を進みます。

行程:(廃)旧白滝→(国道333号)→(信)下白滝→丸瀬布

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
なるさん  
No title

こんばんは。
旧駅舎が残っているのは嬉しいですね。
仔牛さんはカメラ目線ですね(笑)
ナイスです!

2016/09/19 (Mon) 20:51 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> なるさんさん、こんばんは。
この駅は信号場として利用されることになったことから駅舎が生き残ったようで、撮影できてよかったです。
駅前に仔牛が並んでいるのはなんだか不思議な世界でした。みんなこっちを向いているのは面白い光景でしたね(笑)

2016/09/19 (Mon) 22:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply