北海道完乗の旅16夏(17) 石北本線 旧白滝駅跡

きゃみ

白滝駅から更に遠軽国道を東進します。石北本線の線路はほぼ国道沿いに進んでいますが、旧白滝駅跡は車からも見える道沿いに突如現れました。停めづらい国道脇に車を停めて駅跡に向かいます。

石北本線旧白滝駅跡(2016/6/21撮影)
国道から直接、駅脇の踏切を通ってホームに向かいますが、そこには通行止めの柵があってホームには上がれないようになっていました。
イメージ 1

旧白滝駅・・・頭に「新」がつく駅名は全国にたくさんありますが、「旧」がつく駅名はこの駅だけだったそうです。駅名の由来は、この地域が初めて入植者の入った場所だったところ、土地の悪さから移転してしまったため、「白滝」に対して「旧白滝」の地名が付いた・・・ともいわれていますが定かではありません。

廃止直前、駅に停車する列車は下りが1本、上りが3本の計4本のみ。利用者は地元の女子高生1名だけだったそうで、彼女の高校卒業とともにこの駅も廃止されるという何かドラマチックなはなしで話題になりました。

駅構造はホーム1面の棒線駅です。元仮乗降場ですが小さいながらもしっかりしたホームがあり、ホーム上には待合室もあります。訪問時は待合室はベニヤ板が打ち付けられており、駅名標も抜き取られていました(泣) 待合室は地元の保存活動のがんばりもむなしく解体されるそうです。
イメージ 2

駅名標が無いのは残念でしたが廃止されたのだから仕方ないですね。それでは次の駅に向かいます。
ちなみに、この駅跡を訪問される方は近くに車を停めやすい場所が無く危険なので注意が必要です。

行程:白滝→(国道333号)→(廃)旧白滝→(信)下白滝

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
風来梨  
No title

こんばんは。

駅が廃止になった直後は、駅名標がくり貫かれますね。 アレを目にすると、負のイメージが拭えませんね。 私も5月のGWに、同じく廃止された花咲駅を訪ねたのですが、同じく駅名標がくり貫かれてましたね。 貨車駅舎はどうなったかなぁ。

路線の思い出 153回 花咲駅 で、その様子を載せています。 宜しければどうぞ。

2016/09/16 (Fri) 19:18 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 風来梨さん、こんばんは。
くり抜かれた駅名標ほど悲しいものはありませんね・・・
花咲駅も白滝シリーズと同時に廃止されてしまいました。駅名標はやはり抜かれてしまっているようですが、貨車駅舎にはまだ駅名が表示されているようですね。パッと見は廃止駅には思えませんね。
来年春にもまたいくつかの駅が廃止されます。その前に訪問したかった駅もありましたが残念ですね・・・

2016/09/17 (Sat) 00:09 | EDIT | REPLY |   
星野悠里  
No title

はじめまして、本当にこの駅舎、残してほしいですね。
あれだけ話題になったから残すとおもったけど、残念です。

2016/10/13 (Thu) 15:40 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 星野悠里さん、はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
上白滝駅もそうでしたが、駅舎を残すことがかなわず残念でなりません。駅が消えていくのはほんとに悲しいの一言です。

2016/10/13 (Thu) 17:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply