秩父フリーきっぷ(4) 秩父鉄道秩父本線 御花畑駅

きゃみ

西武秩父駅から徒歩で秩父鉄道秩父本線の御花畑駅に向かいました。仲見世通りを通って行けば5分ほどで着くらしいのですが、訪問時は閉鎖中だったので大回りして行きました。
↓のような裏道っぽいところを通って角を曲がると・・・
イメージ 2

・・・踏切に出てきます。その踏切から御花畑駅を望みます。
イメージ 3
駅構造は相対式ホーム2面2線、ホーム間は跨線橋で結ばれています。元々は1番線側1面1線のみの構造だったのですが、1989年に西武鉄道からの乗り入れが開始された際に2面2線となりました。2面2線のうち2番線は↓図のように西武線への渡り線に直結しています。
イメージ 1
(ウィキペディアから配線図を拝借)

このような構造から通常の秩父線内の列車は1番線、西武線直通列車が2番線に発着します。2番線は列車が発着する時以外は立ち入りできなくなっているようです。

駅舎に到着です。
駅舎は狭いスペースに佇んでおり南北両側に出入口があります。駅名板は副駅名の「芝桜駅」が大きく表示されていました。ちなみに駅舎は国の登録有形文化財だそうです。
↓は北側出入り口でお隣には立ち食いそば屋がありました。
イメージ 4

こちらは駅舎南側
イメージ 5

駅舎内の改札口。この駅は秩父鉄道直営駅です。
イメージ 6

秩父鉄道では硬券入場券を販売しています。この駅は以前訪問した時にも入場券を購入していました。14年前から10円値上がりしてますね。
イメージ 7
イメージ 8

駅名標。
🌸のマークがかわいい駅名標です。羊もいますね。副駅名の「芝桜」は駅から徒歩20分のところにある羊山公園の、丘一面がピンクに染まる「芝桜の丘」から命名されたようです。
イメージ 9
そもそも「おはなばたけ」という変わった駅名はどういう由来なのでしょうかね??開業は大正6年・・・後付け駅名の「芝桜の丘」が由来のようには思えません。

さて、この駅からは一旦寄居方面に向かうこととします。1番線にやってきた車両は元東急8090系を改造した秩父鉄道7500系の3連、先頭のクハ7701に乗車です。
イメージ 10

行程:西武秩父(徒歩)御花畑(1520羽生行)和銅黒谷
Posted byきゃみ

Comments 2

There are no comments yet.
総武特快佐倉  
No title

こんばんは。

御花畑駅は芝桜なんて副名称があるんですか。秩父鉄道にはパレオを撮りに2度行ったことがあるんですが、御花畑には降りたことがなくそうとは全然知りませんでした。
外の駅名看板はでっかく芝桜駅となってますね(笑)
やはり羊山公園の芝桜が有名ということですね。

2016/08/13 (Sat) 20:18 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 総武特快佐倉さん、こんばんは。
秩父鉄道の売りはやっぱりパレオですね。

御花畑駅は、「芝桜駅」を大きく掲げていました。羊山公園の芝桜は画像で見ましたが丘全体がピンク一色でとても綺麗でした。副駅名にするのもわかるような気がしますね。

2016/08/14 (Sun) 01:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply