16GW三重和歌山の旅(25) 南海高野線 上古沢駅と紀伊細川駅 ~予定外の山岳駅たち~

きゃみ

橋本駅から高野山をめざして南海高野線に乗車しました。

列車は途中の九度山駅に到着。駅は今年になってNHK大河ドラマ「真田丸」放映にあわせて、「六文銭」の赤い陣幕や暖簾が飾られています。
イメージ 12

列車は次の高野下駅あたりから急カーブやトンネルの連続区間にはいり、速度を落として勾配をゆっくり登っていく感じになります。ここからは車窓右側の民家を眼下に見るようになります。右側に座るのがお勧めですね。

列車は上古沢駅に到着しました。ここで列車交換のため8分ほど停車です。
イメージ 1

わたしにとっては予定外の停車で、下車して撮影ができたのでちょっとしたうれしい出来事でした(^-^;
イメージ 2

駅構造は傾斜面上にあるカーブした相対式ホーム2面2線で極楽橋方に構内踏切があります。駅舎は構内踏切の先の幅の狭いスペースに佇んでいます。
イメージ 3

停車中に難波行きの31000系特急「こうや4号」が通過していきました。
イメージ 4

更にもう一本、普通列車との交換待ちの間に駅舎の方にいってみました。木造の小さい建物で左に傾いているように見えます・・・。倒壊防止用なのか横に支えがありますね。
イメージ 5

上古沢駅の1日あたりの平均乗降者数は南海全100駅中99位だそうです。こんな駅ですが業務委託で終日駅員配置されています。

駅前の様子・・・といいますか駅前からの景色です。
駅は傾斜の高い位置にあるため、集落へは駅前の坂を下って行くことになります。
イメージ 6

さて、列車は交換を終えて出発です。更に勾配を登っていき、車窓右手の風景もどんどん高い位置から見下ろすようになっていきます。

そして次の紀伊細川駅に到着しました。なんとこの駅でも列車交換で6分ほど停車です。
イメージ 7 イメージ 8

この駅も上古沢駅と同じような構造で、4両編成の列車がぎりぎり停まれる長さの相対式ホーム2面2線が傾斜面上、かつカーブ上にあり、構内踏切で結ばれています。駅名標によると標高は363m。92mの橋本駅から結構のぼってきました。

駅舎も上古沢駅に似ていますね。こちらは駅前がすぐに階段になっています。
イメージ 9

こちらの1日あたりの平均乗降者数は100駅中98位だそうです。それでも業務委託の駅員さんがいました。

これ↓、駅前風景です(笑) 上古沢駅に比べると随分と高くなった感があります。
イメージ 10

列車交換は特急「天空2号」でした。特急通過の後こちらも出発です。
イメージ 11

南海にもこのような駅があったんですね。駅好きの私としてはちょっと感動ものの駅たちでした。しかし更にこの先にはもう一駅、秘境駅と呼ばれる駅があります。つづく

行程:橋本(7521極楽橋行)上古沢(同左)紀伊細川(同左)紀伊神谷

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
雑草のひとりごと  
No title

山の中を走っているのがよくわかります。
きゃみさんのブログで、小さな駅舎をクローズアップしてくださるので、その土地の雰囲気を感じさせていただいています。きっと乗ったことがあっても気づかないでいたのだと思います。
ありがとうございます

2016/06/15 (Wed) 02:36 | EDIT | REPLY |   
ペンペン音頭2号  
No title

昔はこの区間全て有人駅だったので、関西在住時に切符の購入旅行を計画したこともありました(貧乏学生だったので時間と費用の問題で挫折しましたが)。
見れば見るほど、魅力的な路線ですね。今すぐ行きたくなっちゃいました(^w^)

2016/06/15 (Wed) 07:10 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 雑草のひとりごとさん、こんばんは。
上古沢や紀伊細川のような駅は知らない間に通り過ぎてしまうような小さな駅ですが、わたしにとってはとても魅力的な駅なんですよね。列車交換待ちの短い間でしたが下車する事ができてよかったです。

2016/06/15 (Wed) 20:43 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> ペンペン音頭2号さん、こんばんは。
私も昔は旅の計画を立ててはみたものの、お金がついていかなくて計画倒れのものがたくさんありました。
関西の私鉄は未知のものばかりですが、こんな山間駅があったんですね~。予定外でしたが下車して撮影することができてラッキーでした(*´▽`*)

2016/06/15 (Wed) 20:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply