九州駅巡り16冬(17) 南阿蘇鉄道高森線 (立野駅→高森駅) ~大橋梁を渡る~

きゃみ

豊肥本線の立野駅から南阿蘇鉄道高森線に乗車しました。

南阿蘇鉄道高森線は旧国鉄高森線が1986年に第三セクターに転換され今日に至っています。当初の計画では高森駅から更に東方を目指して高千穂線と接続して日豊本線の延岡までを結ぶ計画でしたが、高千穂線は第三セクターに移管後廃止され、高森~高千穂間は建設凍結となり未成区間のまま全通することはありませんでした。

列車は立野駅を出発、次の長陽駅までの間でさっそく高森線随一の景観が見られます。窓越しの撮影でぼやけてしまってますが・・・立野橋梁を渡る列車からの眺めです。
イメージ 1

相当高いところを走っていますね。高所恐怖症気味の私にとってはドキドキです(^_^;)
イメージ 3

一つ目の駅、長陽駅に到着です。車窓から撮影。
味のある木造駅舎です。無人駅ですが駅舎カフェが土日に営業しています。客寄せ?(爆)の女学生さんがいましたがカメラを向けたら恥ずかしかったのか駅舎に隠れてしまいました(^^;
イメージ 4

加勢駅→阿蘇下田城ふれあい温泉駅と進みます。北方には雄大な阿蘇の山々が見られます。
イメージ 5

長陽駅から3つめ、「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅に到着です。長い駅名ですね~。読み仮名で22文字は鹿島臨海鉄道の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」駅と並んで日本一長い駅名なんだそうです。
イメージ 7

高森駅では記念入場券も売っていました。
イメージ 8

駅名が長いのできっぷも長いし、価格もちょっと高いんです。ちなみにこの駅の手前の「阿蘇下田城ふれあい温泉」駅は日本で5番目に長い駅名だそうです。

次は中松駅。高森線にあっては地味な駅名です(笑)
駅名標の隣の駅表示は「白水高原」と省略されていました。
イメージ 9

次は阿蘇白川駅。とんがり帽子の時計塔がかわいい駅舎です。
イメージ 10

次は「南阿蘇白川水源」駅
2012年開業の新しい駅で白川水源から300mと最も近い駅です。
イメージ 11

そして見晴台駅と進み、終点の高森駅に到着しました。
イメージ 12

行程:立野(11高森行)高森

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 6

There are no comments yet.
myuueru  
No title

おはようございます~

長陽駅 良い雰囲気の駅ですね!

長い駅の名前 覚えられないなあ…(笑)

2016/02/22 (Mon) 10:17 | EDIT | REPLY |   
モリゴロウ  
No title

画像でしか見たコトないけど高千穂の鉄橋の高さすごかったですよね~(´▽`*)

女学生は追いかけても写真に収めなきゃ!(タイーホ)笑

2016/02/22 (Mon) 12:27 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> myuueruさん、こんばんは~
長陽駅は駅舎も味のある木造建築で高森線では第1下車候補ですね~。ホームでコーヒー飲みながらのんびりできそうです。
「南阿蘇水の生まれる里白水高原」・・・やっぱり長いですね(笑) こういった観光向けの話題づくりはいいことだと思います。私のように入場券を買ったりする人も多いと思いますしね(^^)

2016/02/22 (Mon) 22:43 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> モリゴロウさん、こんばんは~
高千穂橋梁や立野・第一白川橋梁の写真を見ましたが素晴らしいですね~。撮り鉄ならそちらの撮影ポイントに向かっていたんでしょうね(^^)

長陽駅で途中下車してでも追いかけるべきでしたね(テジョーゥ)爆

2016/02/22 (Mon) 22:56 | EDIT | REPLY |   
総武特快佐倉  
No title

こんばんは。

列車からの車窓、渓谷が素晴らしいですね。
しかし下の川まで相当の高さがありそうで、、、。
私も高い所は苦手で(^^;)

途中の長陽駅、これまた味があって古そうな駅舎ですね。
昔ながらの「ちようよう」の表示と柱にかかった麦わら帽子?がナイスです!

2016/02/23 (Tue) 21:30 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 総武特快佐倉さん、こんばんは。
渓谷風景は窓越しで曇ってしまいましたが、高さは伝わったでしょうか・・・。トロッコ列車も走るようでそこからの眺めは更にドキドキじゃないでしょうか。
長陽駅は麦わら帽子やもろこしがぶら下がっているのがいい雰囲気でした。古い駅舎は正面からも撮影したいところでしたね~。

2016/02/24 (Wed) 00:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply