九州駅巡り16冬(16) 豊肥本線 立野駅 ~スイッチバックと南阿蘇鉄道高森線の分岐駅~

きゃみ

「九州横断特急」に乗車して赤水駅~立野駅間の三段スイッチバックを一気に下って立野駅にやってきました。
前回紹介したようにこの駅の豊肥本線はスイッチバック構造となっており、全ての列車はこの駅で進行方向を変えていきます。
イメージ 3 イメージ 4

駅構造は島式ホーム1面2線の無人駅。1番線が熊本方面、2番線は大分方面の列車が発着するようでホーム上に大きく書かれていました。
イメージ 11

駅名標。スイッチバックゆえに隣の瀬田駅も赤水駅も方向は同じなのですが、表示は両方向になってますね。
イメージ 1 イメージ 2

そして立野駅からは南阿蘇鉄道高森線が分岐しています。
立野駅は阿蘇山の西方にあって、豊肥本線は山の北側を大分方面に走りますが、南阿蘇鉄道は名前のとおり阿蘇山の南側を回って高森駅に向かう形となります。
イメージ 7

阿蘇カルデラの地図も載せたかったのですが、Yahoo地図のシンプル地図機能が先月で終了してしまったようですね~残念です(´;ω;`)

JRの駅舎はホームから構内踏切を渡った先にありました。駅舎正面はすぐに南阿蘇鉄道のホームとなっており、出入口へは折り返し階段を上っていきます。こじんまりとしていて狭苦しい様子で、正面から撮影できません。
イメージ 9

こちらは階段を上った先にあったお土産屋さん。ひょこっと一軒だけ建っていて八角柱の面白い構造です。
イメージ 10

JR駅舎の先にある南阿蘇鉄道のホーム。駅本屋は高森線ホーム上にあります。
イメージ 12

さて、この駅で高森線に乗り換えます。
乗換え待ち中に何気なく北の方を見ていると、山の上の方に列車が走っているのが見えました。どうやらスイッチバックを下ってくる赤水駅からの普通列車のようです。慌ててカメラを取り出しましたが、間に合わず・・・撮影出来なくて残念。
その列車がスイッチバックを下って駅に到着しました。
イメージ 8

そのすぐ後に高森線の列車も到着です。
イメージ 5

車両は南阿蘇鉄道MT-2000形気動車。見た目はまさにレールバスといった感じですね。MT-2000形は3両あるようですが、今回はMT-2002Aの単行に乗車です。
イメージ 6

行程:宮地(1071D特急九州横断特急1号人吉行)立野(11高森行)高森

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 6

There are no comments yet.
モリゴロウ  
No title

高校生の頃なら絶対

あの行き先をわける鉄柵をまたいで歩いて

「どっちに行くと思う?」なんて

バカな事をしてそう(≧∇≦)

2016/02/21 (Sun) 08:05 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> モリゴロウさん
そして小学生の頃なら上から滑り降りようとしたと思う(≧∇≦) けど角度が無くて滑らないと思う(>_<)

2016/02/21 (Sun) 08:30 | EDIT | REPLY |   
総武特快佐倉  
No title

こんばんは。

気動車だけのスイッチバック構造は貴重ですね。
改めて九州には非電化区間が多く存在するんだと思いました。
スイッチバックを下ってくる様子を撮れなかったのが残念でしたね。

2016/02/21 (Sun) 20:47 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 総武特快佐倉さん、こんばんは。
そういえば九州の内陸部はほぼ非電化区間ですね。ここ豊肥本線の三段スイッチバックもこの後に行った肥薩線のループスイッチバックもみな気動車で越えてきました。
スイッチバックを下ってくる列車を撮り損ねたのはこれで2度目です(>_<) カメラはすぐ構えられるようにしないとですね~・・・

2016/02/22 (Mon) 01:13 | EDIT | REPLY |   
ペンペン音頭2号  
No title

立野駅はそうそう廃止にはならないでしょうから、リベンジの機会は必ずありますよ(*^o^*)

それにしても、立野駅も無人ですか。無人駅が増えましたね。

2016/02/22 (Mon) 12:53 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> ペンペン音頭2号さん、こんばんは~
いつかまた来たいですね。今度は夏がいいかな~。
立野駅は2013年に無人化されたようなのでつい最近のことだったようですね。久々に汽車旅をしてみると、もうちょっと早く来ればな~というところがたくさんあります・・・

2016/02/22 (Mon) 23:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply