九州駅巡り16冬(5) 日田彦山線 採銅所駅と香春駅 ~かつての国鉄添田線と日本セメント専用線分岐駅~

きゃみ

城野駅から日田彦山線の気動車に乗って九州を南下します。この列車で一気に終点の夜明駅まで行く予定です。

途中の呼野駅を車窓から。
イメージ 5

駅構造は1面1線ですが、駅構内は広くて使われていないホームと撤去された線路跡が残っていました。この駅はかつては金辺峠を越えるためのスイッチバックがあったそうですが、旧ホームや線路はそれに関係があるのでしょうか。木造駅舎もあったのですが、既に撤去されてしまいました。寂しい限りです(泣)

次の採銅所駅を車窓から。
イメージ 1

面白い駅名だったので撮ってしまいました。近くで銅が採れる場所があるのかなと思っていましたが、この名前はれっきとした地名で住所は「福岡県田川郡香春町大字採銅所」だそうです。
イメージ 2

駅舎は大正4年の開業当時からのもので、老朽化で解体されそうになったのですが、保存運動により香春町に無償譲渡されて改修され生き残ったんだそうです。
解体とか撤去など寂しい話ばかりだったので、明るい話でよかったよかった(^^)/

次の駅は香春(かわら)駅
イメージ 3

2面2線の構造ですが、こちらも線路が撤去されて広い構内が寂しい状態でした。駅舎が乗り場から遠くになっちゃってますね。
日田彦山線は元々小倉鉄道が石灰石や石炭を運ぶために敷設されたそうです。その当時は貨物列車で賑わっていたんでしょうね。
貨物営業は国鉄分割民営化前の1986年まで行われていたようです。近くに日本セメントの工場があって、ここから工場までの専用線も分岐していたそうです。

この駅には過去一度訪れたことがありました。
当時の駅名標(1984/8/14撮影)
イメージ 6

バックには「日本セメント株式会社」と表示された貨車が見えます。この時はまだ貨物営業を行っていました。
この駅を訪問した目的は当時ここから添田線というローカル線が分岐していて、それに乗車するためでした。添田線についてはほとんど写真は残っていませんが、後日アップしようと思います。

当時の香春駅駅舎。立派な駅舎でしたが1995年に火災で全焼したそうです・・・
イメージ 4

列車はこのまま南下し田川後藤寺駅に到着しました。ここで5分ほどの停車時間を利用して途中下車しましたが、またもやらかしてしまいました・・・つづく

行程:城野(949D日田行(呼野・採銅所・香春))田川後藤寺

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 6

There are no comments yet.
ペンペン音頭2号  
No title

この記事に写っている駅には、20年程前に自家用車で訪問しています。採銅所駅の駅舎は見どころがありましたよ。

その時は地図を片手に時間を気にしながらの旅でしたが、キハに揺られてのんびりとこの路線に乗ってみたくなりました。

2016/02/04 (Thu) 07:52 | EDIT | REPLY |   
総武特快佐倉  
No title

こんばんは。

採銅所(さいどうしょ)なんて面白い地名ですね。
これは名前からして銅の採掘所でもあるのか?と勘違いしそうですね(^^;)
駅舎は大正4年からそのままの姿なんですか。
古民家のような雰囲気で味がありますね。

2016/02/04 (Thu) 23:13 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> ペンペン音頭2号さん、こんばんは。
自家用車ということはもしや東京から九州まで車で訪問ですか? 私も若い頃は一度やったことがありましたが、途中で渋滞にあったりして1日半かかりました・・・。今じゃ無理かなあ。
採銅所駅なども訪問されているとは恐れ入りました。

2016/02/04 (Thu) 23:46 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 総武特快佐倉さん、こんばんは。
全国珍しい地名はいろいろありますが、採銅所っていうのはかなりランクが高いんじゃないでしょうか(笑) 昔、ここで銅が採れたんでしょうかね??
駅舎は確かに民家風に見えます。こういった駅舎がしだいに消えていく中、この駅は残ってくれてよかったです。地元の方々のおかげですね。

2016/02/04 (Thu) 23:53 | EDIT | REPLY |   
風旅記  
No title

こんにちは。
日田彦山線の記事、楽しく拝見しています。九州北部は本当に網の目のように路線が張り巡らされていたのですね。廃止になった路線、第三セクター経営に移管された路線、様々ですが、貨物列車、旅客列車が入り乱れてあちこちに走っていた当時に、訪ねてみたかったエリアです。
福岡近郊では、今では宅地開発された地域もあり、廃止が悔やまれる路線もありますね。
この路線の駅は、列車から眺めただけで途中駅には降りたことがないのですが、どの駅も歴史を含有して、楽しむことができそうです。
また機会があれば訪ねたい路線です。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

2016/02/10 (Wed) 16:27 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 風旅記さん、こんばんは。
ご訪問、コメントありがとうございます。
北九州の元炭鉱線は網の目のように張り巡らされていました。訪問当時はもう石炭搬出は無かったのですが貨物も扱っていました。乗りつぶしのしがいのあるエリアでしたが、結局のところ1日だけしか訪問できなくて全線乗るのは到底無理でした(>_<)
その後廃止された線だけでもざっと添田線・上山田線・漆生線・室木線・香月線・宮田線・勝田線・・・他にもあるかもしれません。今回かなり久々に訪問しましたが、駅の様子など記憶と随分違っていて寂しさを感じました。日田彦山線訪問は、活気のあった頃を忍んで・・・といったような旅になってしまいましたね~

2016/02/11 (Thu) 00:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply