きゃみの駅訪問

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(9) 飯山線 (飯山駅→戸狩野沢温泉駅→森宮野原駅→十日町駅) ~飯山線を完走して新潟県へ~

6
姨捨駅から篠ノ井線と信越本線を経由して長野駅にやってきました。すぐに4番線に入線してきた飯山線に対面のりかえです。ここからは気動車!乗車車両はキハ110系の2連前方キハ110-227。秋田から転属してきた元300番台の改造車のグループだそうです。予想通りの乗車率でほぼ満席となりました。2連のうち終点の越後川口駅まで行くのは前方車両だけとなります。列車は豊野駅から飯山線に入り、まず飯山駅で列車交換が行われました。後...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(8) 篠ノ井線 姨捨駅 ~善光寺平を望むスイッチバック構造の駅~

4
聖高原駅から篠ノ井線・信越本線経由の長野行きに乗車しました。列車はしばらく走ると、羽尾信号場の跡を通過します。2009(平成21)年3月に廃止されたそうですが、シーサスを斜めに配置したスイッチバック構造だったそうです。駅でいえば土讃本線の新改駅によく似た構造だったようです。これについてはまた後ほど。そして次に停車する駅もスイッチバック構造でよく知られている姨捨駅です。姨捨駅は長野県千曲市大字八幡にある篠ノ井...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(7) 篠ノ井線 聖高原駅 ~ホーム上に観音様がいらっしゃる高原の麓の駅~

8
冠着駅から上り松本行きに乗車してひと駅。列車は聖高原駅に到着です。2番線の到着。"行ったり来たり戦法"はここまでにして下車します。 聖高原駅は長野県東筑摩郡麻績村漆田にある篠ノ井線の駅。麻績村の読みは「おみ」・・・難読です。筑北村を走る篠ノ井線がこの付近だけ麻績村に入っており、そこに当駅がひと駅だけあります。1900(明治33)年11月の開業時は麻績駅と呼ばれていたそうです。この駅から北方にある高原を「聖高原」と...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(6) 篠ノ井線 冠着駅 ~姨捨山の異名を持つ冠着山の麓の駅~

1
田沢駅から再び長野行きに乗車。篠ノ井線は山間隘路を北上していきます。線内では後の行程の時間調整も兼ねて、もうひと駅下車しようと思います。山をひとつ越えれば善光寺平という手前の駅、冠着駅で下車します。2番線の到着。国鉄仕様に近い駅名標ですね~。 冠着駅は長野県東筑摩郡筑北村坂井にある篠ノ井線の駅。「冠着」と書いて「かむりき」・・・なかなかの難読駅名だと思いますが、これは駅の北東方にある山の名が由来だそう...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(5) 篠ノ井線 田沢駅 ~安曇野の大正期の駅舎~

0
西条駅から松本行きに乗車して篠ノ井線を少し戻ります。再び山を越えて西側の盆地に出てくると明科駅に停車。そしてその次は田沢駅。2番線の到着。ここで下車しましょ~。 田沢駅は長野県安曇野市豊科田沢にある篠ノ井線の駅。位置的には松本盆地の北東、"安曇野"の縁、東の山々と西に流れる犀川に挟まれた場所にあります。駅前通りを西に進み、犀川を渡って真っすぐ4キロほどで大糸線の豊科駅に辿り着けます。真正面に北アル...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(4) 篠ノ井線 西条駅 ~良き木造駅舎の残る意外な?難読駅~

4
松本駅から篠ノ井線の長野行きに乗車しました。列車は次の田沢駅の手前でいきなり信号停車しました。平瀬信号場だと思います。1線スルーではない行き違い型2線構造の信号場。ここで列車交換が行われました。さて、篠ノ井線も松本を境に北側は山線の様相を呈するようになります。大糸線のほうは松本から北に続く長い盆地を北上していきますが、篠ノ井線は明科駅から東に逸れて山を貫いていきます。その先は1988(昭和63)年9月に線路...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(3) 松本車両センターとアルピコ交通上高地線 西松本駅 ~車両基地に佇む謎の車両~

4
南松本駅から歩いて松本駅に向かいます。Googleマップでルート検索をすると、東西2つのルートが出てきました。駅巡りとしては・・・面白そうなスポットを経由できそうな西ルートで行くことにしました。道のり2.8kmで徒歩40分の計算。出発してしばらくは住宅地を流れる小川に沿って北に進みます。大通りに出たところで橋を渡ります。川の名は「田川」。奥に見える緑の橋はアルピコ交通上高地線です。橋を渡って対岸をしばらく進むと第一...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(2) 篠ノ井線 南松本駅 ~石油輸送基地の機関車たち~

6
八王子駅から松本行きロングランで南松本駅までやってきました。1番線の到着。この日は篠ノ井線をメインに駅巡りをしようと思いますが、そのひと駅目ということで下車することにしました。 南松本駅は長野県松本市出川町にあるJR東日本とJR貨物の篠ノ井線の駅。開業は1944(昭和19)年9月。昭和40年代に松本駅の貨物取扱を廃止して当駅に集約してからは、貨物ターミナルとして発展してきたという"貨物駅"でもあります。駅構造は...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(1) 中央本線・篠ノ井線 (八王子駅→南松本駅) ~中央本線ロングランで松本の一歩手前まで~

4
今回からは今年の春の18きっぷで出かけた1泊2日駅巡りについて。今回の第一目的は只見線の未乗車区間の乗りつぶしです。只見線は2011年から長い間不通だった只見~会津川口間が復旧し、2022年10月より全線通しの運転が再開されました。個人的にこの区間は代行バスでしか通ったことがなかったので、今更ですが18きっぷを利用して乗車することにしました。前回は会津若松側から乗車したので、今回は逆ルートの小出側から乗車すること...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(11) 東京メトロ丸ノ内線 方南町駅 ~東京メトロでは珍しい単独終着駅~

0
中野坂上駅から丸ノ内線分岐線の方南町行きに乗車しました。分岐線は中野富士見町駅の先にある車両基地への出入庫線としての役割を持つ支線です。「中野車両基地」・・・航空写真を見ると車両基地の広大さがよくわかります。出入庫線という点では千代田線の綾瀬~北綾瀬間によく似ていますが、こちらは1961(昭和36)年の開通当初から旅客営業が行われていたそうです。・・・ということで終点の方南町駅に到着しました。1番線の到着です。&nb...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(10) 東京メトロ丸ノ内線 (荻窪駅→中野坂上駅) ~方南町方面の支線が分岐する駅~

2
荻窪駅の続き。次は東京メトロ丸ノ内線に乗車します。改札階は地下1階にあります。東西中と3か所ある改札口が地下通路で連絡しています。そのうちのこちら↓は西改札。ここから入場します。丸ノ内線の駅構造は地下2階にある島式ホーム1面2線で南から1~2番。西改札の階段を降りたところから撮影。手前が線路終端側になります。池袋行きが2番線で出発待ち。見たところ、1番と2番の交互発着運用のようでした。2番線の線路終端方面。1...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(9) 中央本線・東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅 ~荻窪ラーメンの街で醤油焼きそば^^;~

1
中野駅から中央線各停の三鷹行きに乗車しました。列車は系統別複々線の一番南側の線路を走ります。地図を見ていつも思うのですが、東中野駅から立川駅の中央本線・・・きれいな直線ぶりに惚れ惚れします(笑)ただ、上画像↑の奥をアップすると・・・実際の線路には微妙なカーブも存在してます(微)列車は3駅進んで荻窪駅に到着しました。1番線の到着。乗り換えのため下車します。なお、たまにやってしまうのですが、知らぬ間にコンデジのダ...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(8) 中央本線・東京メトロ東西線 中野駅 ~駅周辺は再開発の真っ最中~

2
地下鉄博物館に立ち寄った後は、葛西駅から東西線の各停中野行きに乗車しました。快速の追い抜き後に出発。荒川を渡ると都心部に向けて地下に潜ります。線形は基本的に東西に伸びる形で皇居は北側を抜けます。大手町駅で大量下車あり。山手線接続の高田馬場駅では多くの乗客が下車して車内はがらがらとなります。そこからふた駅目、地上に顔を出すとすぐに終点の中野駅に到着しました。4番線の到着。東西線の踏破完了~🚋 列車のほ...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(7) 東京メトロ東西線 葛西駅 ~その2 地下鉄博物館 「ちかはく」~

6
東京メトロ東西線の葛西駅にやってきました。高架駅の真下には地下鉄博物館があります。愛称は「ちかはく」。入場しましょう~入場料は大人220円。入口は予想通りの自動改札でした(微) 入場してまず目に入ってきたのは、おそらく当博物館一番の目玉。丸ノ内線と銀座線ですね~赤い車両は営団300形電車301号。1953(昭和28)年落成。私にとっての丸ノ内線のイメージは、この赤い車体にくねくね模様。地下鉄では三田線6000形と並ん...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(6) 東京メトロ東西線 葛西駅 ~その1 珍しい通過線を持つ高架上の地下鉄駅~

2
西船橋駅から東京メトロ東西線に乗車しました。「鉄道要覧」における名称は5号線東西線。全国数ある"東西線"の中では最も古い路線だと思います。列車は駅を出するとすぐに東京の地下鉄としては珍しい高架上を走ります(ほぼ千葉県内の区間ですが・・・)。高架区間は荒川を渡った先まで続いているので結構長いです。江戸川を渡ると東京都・・・とはならず、更に先にある旧江戸川が都県境になります。意外な事実?その旧江戸川を渡るとすぐに...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(5) 東京メトロ東西線・東葉高速線 西船橋駅 ~東西線に乗り換えて踏破開始~

4
新木場駅から京葉線を乗り継いで西船橋駅にやってきました。10番線の到着。ここで乗換えです。 西船橋駅は千葉県船橋市西船にあるJR東日本と東京地下鉄と東葉高速鉄道の駅。乗り入れ路線は総武本線、武蔵野線、京葉線の高谷支線と二俣支線、東京メトロ東西線、東葉高速線の6路線。3社6路線が7方面に伸びる大ジャンクション駅で、千葉県内では1位の利用客数を誇るそうです。但し、意外なのは総武線快速線にはホームが無く、列...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(4) 東京メトロ有楽町線・京葉線 新木場駅 ~京葉線で西船橋へショートカット~

2
和光市駅から東京メトロ有楽町線の新木場行きに乗車しました。「鉄道要覧」での路線名称は8号線有楽町線。和光市~小竹向原~池袋~新木場間の路線で、概ね東京都心部を北西から南東に横切り、皇居は西から南に回り込んでいます。地上駅は起終点の和光市駅と新木場駅のみ。個人的には・・・滅多に乗ることのない路線ではあります。さて、列車は地下を走りますので車窓は期待できず。見た感じの動きとしては・・・平和台駅で大量乗車、小竹...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(3) 東武東上本線・東京メトロ有楽町線 和光市駅 ~副都心線でやってきて有楽町線で折り返す~

0
後楽園駅から丸ノ内線の池袋行きに乗車して終点の池袋駅に到着しました。1番線の到着。ここで副都心線に乗り換えます。丸ノ内線と副都心線の駅構内の様子や乗換えについては・・・→→東京メトロ池袋駅ということで副都心線の5,6番ホームにやってきました。今回は和光市方面に向かいます。池袋~渋谷間は記録済み→→副都心線(渋谷駅→池袋駅)6番線にやってきた和光市行きに乗車します。乗車車両は17000系8連先頭1号車の"17083"。2021年製...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(2) 東京メトロ丸ノ内線 後楽園駅 ~地下鉄が地上に顔を出す駅~

2
新大塚駅から丸ノ内線の方南町行きに乗車しました。列車は地上に顔を出すとまず茗荷谷駅に停車。その先では右手に車両基地を眺めつつ・・・トンネルを1つ抜けて後楽園駅に到着です。1番線の到着。ここで下車しましょう。 後楽園駅は東京都文京区春日にある東京地下鉄の駅。小石川後楽園(庭園)や東京ドームシティ、(昔でいう)"後楽園ゆうえんち"の最寄り駅です。1954(昭和29)年1月に帝都高速度交通営団丸ノ内線の単独駅として開業...

東京メトロ乗りつぶし-東西編(1) 東京メトロ丸ノ内線 新大塚駅 ~ちょっと地味目な地元駅から乗りつぶし開始~

1
昨年秋に関西に出かけて以降の駅巡り・・・年末年始はサボっていましたが、2月になって再開です。そういえば東京メトロがまだ乗り潰せていなかったな~・・・そこで、今回は地元の東京メトロのうち、どちらかといえば東西に伸びる路線をターゲットにしようと思います。丸ノ内線、副都心線、有楽町線、東西線です。なるべく同じ区間の重複乗車を避けながら、東西に行ったり来たりします。ということで新大塚駅にやってきました。今回は地...