きゃみの駅訪問

18きっぷ日光烏山(7) 烏山線 烏山駅

9
宝積寺駅から烏山線列車に乗車です。烏山線は距離20.4kmの全線単線非電化路線です。乗車した列車はのんびり走って30分ちょっとで終点の烏山駅に到着しました。駅名標は国鉄仕様ですね。烏山駅は烏山町所在ですが大合併により現在は那須烏山市となっています。わたしの旅スタンプのシンボルフレーズは「☗山あげ祭りの駅」。山あげ祭りは、栃木県那須烏山市の八雲神社例大祭の奉納行事で、特に市街地に仮設の舞台を作り歌舞伎を行う祭...

18きっぷ日光烏山(6) 東北本線 宝積寺駅 ~烏山線の起点駅~

4
今市駅から烏山線乗車のため一旦宇都宮駅に戻りました。駅にあったロッテリアでお茶休憩した後、烏山線直通列車の前に東北本線下りが1本ありましたのでそちらに乗車することにしました。10番線から乗車する車両は黒磯行きの4連、最後尾のクハ204-612。東北本線も宇都宮以北ではまだオリジナル顔の205系が走ってるんですね。2駅進んで烏山線分岐駅の宝積寺駅で下車しました。ここで後続列車に乗換えです。駅舎は2007年10月に供用開...

18きっぷ日光烏山(5) 東武日光線 下今市駅・日光線 今市駅

4
東武日光駅から上り普通列車に乗車して2つ目の駅の下今市駅3番線に到着しました。列車はここで特急通過待ちで数分停車しますが、わたしはここからJRの今市駅に向かうために下車しました。駅の所在地は今市市でしたが大合併により現在は日光市となっています。下今市駅は東武鬼怒川線の起点駅であり、日光と鬼怒川への分岐点となる駅です。日光方面の「けごん」「スペーシア日光」、鬼怒川方面の「きぬ」「スペーシアきぬがわ」などの特急の...

18きっぷ日光烏山(4) 東武日光線 東武日光駅

4
日光駅からは北西方面、徒歩数分のところに東武日光駅はありました。東武日光駅は東武側の終点駅で実質の日光観光の玄関口としての機能を持っています。駅舎は1979年に改築された山小屋をイメージした三角屋根が特徴です。「世界遺産日光の玄関駅であり、山小屋をイメージした三角屋根の駅」という理由で関東の駅百選に選定されています。駅前の様子。日光駅前と比べると商店が立ち並んでいてシーズン日中には賑やかになる様子が目に...

18きっぷ日光烏山(3) 日光線 日光駅 ~木造洋風建築2階建ての駅舎~

6
鹿沼駅から日光行きに乗車して日光線の終点、日光駅にやってきました。列車は1番線に到着です。日光駅は言わずと知れた東照宮や中禅寺湖への玄関口です。明治23年に開業した当時から日光は日本有数の観光地で、皇族や外国人環境客も多く訪れる駅でした。お召列車も何度も発着していたんだと思います。駅舎も相応しい立派な洋風建築です。昭和4年に東武の東武日光駅が開業してからは国鉄と東武の競争が始まりました。国鉄側は準急「...

18きっぷ日光烏山(2) 日光線 鹿沼駅

4
宇都宮駅から日光線列車に乗車して鹿沼駅にやってきました。列車は鹿沼止まりなのでここで乗り継ぎとなります。一方、列車のほうは折り返しの宇都宮行きとなりました。鹿沼駅は栃木県鹿沼市の代表駅ですが、ここから川を渡って徒歩30分程の位置にある東武日光線の新鹿沼駅のほうが市街地という位置関係にあります。駅構造は単式ホーム1面1線に島式ホーム1面1線の計2面2線です。ホーム間は跨線橋でむすばれています。2番線側は島式...

18きっぷ日光烏山(1) 東北本線 宇都宮駅

8
東京はもうすっかり涼しくなり秋の気配ですが、今回は8月に利用した夏の18きっぷで日光線と烏山線を日帰り駅巡りした時のことを記事にしたいと思います。烏山線はなんと30年ぶり、日光線は意外にも今回初訪問となりました。日光は車では何度も行ってるのですが、鉄道で行ったことがなかったんですよね。今回利用した18きっぷの1日目下車印は、上野→鹿沼→日光→今市→宇都宮→宝積寺→烏山。まず先に宇都宮から日光線で日光まで、その後...

北海道完乗の旅16夏(38) 函館本線・北海道新幹線 新函館北斗駅

12
森駅から砂原支線を通ってきた列車は新函館北斗駅に到着しました。ここから新幹線で東京に戻るために下車しました。この駅が今回の駅巡り最後の駅となります。 本駅は元々は町の中心部からはかなり離れていましたが大野町の代表駅で渡島大野という名前の小さな駅でした。2006年に旧大野町と旧上磯町が合併して北斗市となりました。更に今年の3月に北海道新幹線が開業して駅名が新函館北斗駅となり、それに伴ってリニューアル...

北海道完乗の旅16夏(37) 函館本線 砂原支線と仁山駅

6
単行気動車は森駅で多くの学生を乗せて函館本線砂原支線を走ります。支線の全駅を車窓から撮影です。東森駅変わった三角型の駅舎尾白内駅ワム80000形有蓋車の改造駅舎掛澗駅サイディング張りの小さい駅舎渡島砂原駅有人駅時代からの古い駅舎列車は駅ごとに学生を降ろして進んでいきます。渡島沼尻駅 かつての信号場。信号場時代からの古い木造駅舎があります。鹿部駅有人駅時代からの大きくて立派な駅舎銚子口駅2面2線の交換可能...

北海道完乗の旅16夏(36) 函館本線 森駅 ~駅弁「いかめし」で知られる海岸の駅~

4
長万部駅から特急北斗に乗り継いで森駅にやってきました。3番線に到着、下車したのは私ひとり。 森駅の所在地は茅部郡森町、特急が全て停車する森町の代表駅です。駅の北側はすぐに海に面しており、かもめが啼いています。函館本線の単独駅なのですが、函館方面は大沼駅~当駅間が大沼公園駅経由の本線と渡島砂原駅経由の砂原支線に分かれており、両路線の乗り換え駅となっています。駅構造は、島式ホーム1面2線と単式ホーム1...

北海道完乗の旅16夏(35) 函館本線【山線】 (倶知安駅→熱郛駅→長万部駅)

6
倶知安駅から山線を長万部駅に向けて進みます。車窓から撮影です。途中のニセコ駅珍しいカタカナの駅名です。駅名は沿線にあるニセコ連邦主峰・ニセコアンヌプリ(アイヌ語で「絶壁に向かってある山」)に由来しています。立派な山小屋風駅舎は撮影できませんでした・・・蘭越駅簡易委託駅。ここまでの区間運転が何往復かあります。目名駅駅名はアイヌ語の「メナ(細流、支流)」に由来。味のある木造山小屋風の駅舎です。次の熱郛駅で列車交換...

北海道完乗の旅16夏(34) 函館本線 倶知安駅

4
函館本線は小樽駅から余市駅まで海岸に沿って進み、その後積丹半島の付け根を進みます。そして山側に入ったところに列車の終点、倶知安駅がありました。2番線に到着、私は眠ってしまっていたらしく到着後車掌に起こされて下車しました・・・ここで乗り継ぎです。 倶知安駅は、虻田郡倶知安町の代表駅。北海道の中でも特に面白い駅名ですよね。駅名の由来はアイヌ語の「クチャ・ウン・ナイ」(猟人のいる小屋のある沢)から来ているそう...

北海道完乗の旅16夏(33) 函館本線 小樽駅 ~裕次郎ホーム~

4
銭函駅から乗車して4駅目で小樽駅に到着です。列車は折り返しで快速「エアポート」となりました。 小樽駅は小樽市の代表駅。札幌方面は都市間・通勤輸送の需要が大きい電化区間、一方の倶知安方面はローカル輸送に特化した非電化区間で、函館本線では節目の駅となっています。駅構造は島式ホーム2面4線、駅舎側から5,4,2,1番線となっており5番線のみ行き止まり構造となっています。3番線はホームに面していない中線です。4・5番線...

北海道完乗の旅16夏(32) 函館本線 銭函駅

2
札幌駅から小樽方面列車に乗車します。8:43発2番線から小樽行き6連のクハ721-1のクロスシートに乗車です。小樽に行く前にひとつ気になった駅で下車しました。右手に海が見えるようになると銭函駅に到着。1番線で下車します。 銭函駅は明治13年開業、北海道最初の鉄道として手宮~札幌間が開通した際に開業した歴史ある駅です。駅名の由来はニシン漁で栄えた地区で当時はどの漁師の家にも銭箱が積まれていたからとする説がある...

北海道完乗の旅16夏(31) 新得から滝川を経由して札幌へ ~札幌駅発着の特急たち~

2
新得駅からは根室本線を滝川駅に向かいます。途中の金山駅。根室本線内で撮ったのはこの駅のみ・・・。富良野~滝川間でも乗車した証明でどこか撮影しておけばよかったですね。新得駅から約2時間半で根室本線の起点滝川駅の1番線に到着しました。これで根室本線は踏破完了です。 駅名の由来はアイヌ語の「ソラプチ(滝のかかる川)」からきているそうですが、音からでなく意味から採られているのが珍しい駅名です。滝川駅は昨年の夏...

北海道完乗の旅16夏(30) 根室本線 新得駅 ~日本一のそば処~

8
広内信号場を発って次の駅の新得駅にやってきました。今回は未乗区間踏破が目的です。この先の根室本線は以前に乗車したことがあったので今回はここで折り返して滝川駅に向かう予定です。スマホは未だ起動してくれない状況・・・列車は駅舎のある側の1番線に到着 駅構造は、緑に塗られた立派な上屋をもつ単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線でホーム間は跨線橋で結ばれています。構内は結構広いです。3番線の駅舎反対...

北海道完乗の旅16夏(29) 根室本線 (富良野駅→新得駅) ~広内信号場~

6
富良野駅から根室本線に入り新得駅を目指します。根室本線の滝川~新得間は石勝線が開通してからは本線でありながらローカル線に成り下がり、優等列車は快速列車のみの区間です。また、富良野~芽室間は現在も台風被害の影響で不通運休状態です。ちなみに同じく不通区間だった石北本線の上川~白滝は10月に復旧したようですね。途中山部駅駅舎を車窓から駅構造は相対式ホーム2面2線。この駅では列車交換が行われました。4つ進んで...