きゃみの駅訪問

四国九州横断駅巡り23夏(32) 宇和島運輸フェリー (八幡浜港→臼杵港) ~豊後水道を横断して九州に上陸~

6
八幡浜駅からタクシーで街中を走って八幡浜港にやってきました。ちなみに1,060円かかりました。フェリーターミナルはなかなか立派な建物でした。2022年4月にできたばかりとのこと。向灘の段々畑をモチーフにしているそうです。横を覗いてみると船がいました。ちょうど車を乗せているところだったようです。それでは、ここから宇和島運輸フェリーに乗船して九州に向かいましょう。航路は別府行きと臼杵行きの2つあります。今回は臼...

四国九州横断駅巡り23夏(31) 予讃線 伊予平野駅と八幡浜駅 ~九州へのフェリー港の玄関口~

0
内子駅から八幡浜行きに乗車して内子線と予讃線を西進再開です。伊予若宮信号場で旧線が合流すると伊予大洲駅に到着。8分間停車します。伊予大洲を出発すると肱川を渡ります。「肱川橋梁」です。ここは大洲城と橋を渡る列車の有名撮影スポットだと思いますが、車内から見るとこんな感じ。もう少し窓がきれいだとよかったんですが・・・。列車は川を渡って2駅目の伊予平野駅に到着です。この駅では上り「宇和海」との交換で7分停車します。...

四国九州横断駅巡り23夏(30) 内子線 内子駅 ~長らく内子線の終着点だった駅。旧駅跡までお散歩~

0
伊予大洲駅から「おさんぽなんよ」に乗車して予讃線を少し戻ります。単行気動車は伊予大洲を出発すると、しばらく走って新線と旧線の分岐点に差し掛かりました。「伊予若宮信号場」という単線合流・分岐型の信号場です。伊予市側の向井原駅と同様に特急の走る新線側が優先の線形になっています。向井原駅の分岐点の様子→→予讃線の向井原駅この信号場・・・なかなか面白い歴史があります。最初に開設されたのは愛媛鉄道時代の1920(大正9)年5...

四国九州横断駅巡り23夏(29) 予讃線 伊予大洲駅 ~大洲城を対岸に望む盆地の街の駅~

2
伊予大洲行きの単行気動車は伊予長浜駅での長時間停車を終えて出発しました。この先の予讃線は大きく見ると終点の宇和島まで3つの角のあるクランク状になっています。伊予長浜駅を出た先に1つ目の角があります。瀬戸内海沿いに走っていた線路がここで90度向きを変えて、肱川に沿って上流方面に向かいます。海沿いが川沿いに変わりますが、隘路は変わらず、山と川に挟まれた地形を進みます。2つ目の角にある五郎駅に停車。かつては...

四国九州横断駅巡り23夏(28) 予讃線 伊予長浜駅 ~伊予灘沿い最後の駅~

2
下灘駅から伊予大洲行きに乗車して伊予灘沿いを西進再開します。喜多灘駅を過ぎて海側に工場群が見えるようになると伊予長浜駅に到着です。3番線の到着。ここではこれまた18分間停車します。途中下車しましょう。 伊予長浜駅は愛媛県大洲市長浜にある予讃線の駅。旧喜多郡長浜町の代表駅。「愛ある伊予灘線」内では一番大きい駅だと思います。「長浜」は肱川の河口の街。ですが、線路は街の手前を掠めるように肱川の上流に向かっ...

四国九州横断駅巡り23夏(27) 予讃線 下灘駅 ~瀬戸内海を望む名物駅~

6
串駅から上り列車に乗車して「愛ある伊予灘線」を少し戻ります。ひと駅だけ戻って下灘駅に到着。ここで下車しましょう~。 下灘駅は愛媛県伊予市双海町大久保にある予讃線の無人駅。ホームから瀬戸内海が望める素晴らしい立地にあることでよく知られている名物駅です。観光客が車で訪れる様子は、同じ海の見える駅の大村線の千綿駅や島原鉄道の大三東駅などによく似ているという印象です。今回は平日早朝だったこともあるのか人...

四国九州横断駅巡り23夏(26) 予讃線 串駅 ~伊予灘を見下ろす高台の秘境駅~

0
列車は長時間停車を終えて伊予上灘駅を出発しました。引き続き伊予灘沿いを進んで2駅目、串駅に停車。ここで下車します。 宇和島方面に走り去る列車を見送ります。快適シートとはここでお別れ。さようなら。串駅は愛媛県伊予市双海町串にある予讃線の小さな無人駅。変わったお名前の駅です。地図を見ると分かりますが、駅は海と山に挟まれた平地のない超隘路にあります。線路より海側を並走する国道378号は海岸を埋め立てて通...

四国九州横断駅巡り23夏(25) 予讃線 伊予上灘駅 ~「愛ある伊予灘線」の絶景区間へ~

0
前日ラストは高浜線を乗り終えて伊予鉄道を全線踏破完了。三日目は予讃線で四国横断再開します。朝5時半に連泊したホテルをチェックアウトして、早朝の松山駅にやってきました。18きっぷで入場すると、1番線にはN2000系の特急「宇和海」が既に入線済み。1号の宇和島行きです。もちろんこれには乗車しません^^; ちなみにこれに乗車すれば7時10分には宇和島に到着します。これから乗車する普通宇和島行きがお隣2番線に入線してきまし...

四国九州横断駅巡り23夏(22) 予讃線 三津浜駅 ~うどん屋さんの駅。お店を入居させて駅務室を移転?~

0
伊予市駅から松山行きの単行気動車に乗車しました。単行は予讃線を北上。南伊予駅付近では左車窓に車両基地を見て進みます。松山駅から移転してきた「松山運転所」です。その隣には貨物駅もあるそうです。次の北伊予駅では待避線に入線してしばらく停車。上り特急が颯爽と通過していきました。そして終点の松山駅に到着です。2番線の到着。すぐ乗り継ぎです。松山駅については→→前日の松山駅の様子 お隣1番線には特急「宇和海」が...

四国九州横断駅巡り23夏(21) 予讃線 伊予市駅 ~予讃線電化区間の末端駅~

0
伊予鉄道郡中線の郡中港駅から予讃線の伊予市駅に向かいます。といっても、道を隔てたすぐ近くにあります。伊予市駅は愛媛県伊予市米湊にある予讃線の駅。駅は1930(昭和5)年2月に国鉄讃予線の終着駅として開業。当時は南郡中駅と呼ばれていたそうです。所在地の伊予郡郡中町は1955(昭和30)年1月に他の村と合併して伊予市が発足。その2年後に伊予市駅に改称されて、市の代表駅となっています。地理的には松山平野の南端近くにありま...

四国九州横断駅巡り23夏(11) 予讃線 松山駅 ~最後の都道府県代表駅は高架化工事中~

2
堀江駅から予讃線の松山行きに乗車。3駅進んで終点の松山駅に到着しました。2番線の到着です。時刻は17:52。列車は折り返しの伊予西条行きとなっています。 松山駅は愛媛県松山市南江戸にある予讃線の駅。愛媛県の県庁所在地である松山市の代表駅。ですが、県庁や市役所は伊予鉄道の松山市駅の方が近く、そちらが実質の市の中心的な駅のようですね。当駅ができたのは街の西の外れだったそうです。しかも松山市駅のほうが先に「...

四国九州横断駅巡り23夏(10) 予讃線 堀江駅 ~仁堀連絡船が廃止されて貨車になった駅舎~

2
さて、四国九州横断駅巡り。予讃線で松山を目指していますが、伊予和気駅からひと駅戻って堀江駅で下車しました。1番線の到着です。 堀江駅は愛媛県松山市堀江町にある予讃線の無人駅。予讃線としては松山平野に出てきた入口に位置しています。堀江駅といえば・・・かつては仁堀連絡船との接続駅でした。仁堀連絡船とは本州の仁方と四国の堀江を結んでいた鉄道連絡船。1982(昭和57)年7月に航路は廃止されています。かなりマイナ...

四国九州横断駅巡り23夏(9) 予讃線 伊予和気駅 ~鉄板焼き屋さんの駅。メニューのSTNって何?~

0
伊予北条駅から高縄半島西岸を更に南下します。このまま一気にこの日の目標の松山まで・・・とはいかず。2つ手前の伊予和気駅でこれまた9分間の停車です。2番線の到着。 伊予和気駅は愛媛県松山市和気町にある予讃線の無人駅。位置的には松山平野の北部のど真ん中にあります。平野の北端は隣駅の堀江駅ですかね。松山駅に近いこともあって列車本数はそこそこ多いようです。駅構造は相対式ホーム2面2線で西から1~2番。駅舎は1番...

四国九州横断駅巡り23夏(8) 予讃線 伊予北条駅 ~「野生シカの生息する鹿島の駅」で列車待ち~

0
予讃線の下り列車は今治市をぐるりと大回りして高縄半島の西側に出てきました。菊間駅を出ると海が見えてきました。穏やかな瀬戸内海。ここからは国道196号を挟んで海岸沿いを進み、浅海駅や大浦駅など海に纏わる名の駅に停車していきます。こちら↓は大浦駅(の出入口)。元々は信号場だったこともあり、ホームのない上下本線の1線と副本線の1面1線という珍しい構造の駅なのですが、この時はそんなことは知らず・・・。次回の下車候補か...

四国九州横断駅巡り23夏(7) 予讃線 (伊予桜井駅→今治駅→波止浜駅→菊間駅) ~高縄半島を大回り~

2
伊予西条駅で乗り継いだ列車は松山を目指して予讃線を西進します。しかしながら、伊予小松駅を出ると転進して北に向かい始めます。松山への最短ルートはこのまま西に進む国道11号の山間ルートですが、線路は高縄半島を海岸に沿って大回りするルートをとります。燧灘に面する半島の東岸を進み、まず長時間停車したのは伊予桜井駅。長時間といっても微妙な4分間停車・・・。特急通過待ちです。 伊予桜井駅は愛媛県今治市桜井にある...

四国九州横断駅巡り23夏(6) 予讃線 伊予西条駅 ~古豪ディーゼルとだんごっぱなの新幹線~

2
各停列車は川之江駅や多喜浜駅などで列車待ちしながら終点の伊予西条駅に到着しました。2番着の到着。ここで3回目の乗り継ぎです。 伊予西条駅は愛媛県西条市大町にある予讃線の駅。西条市の代表駅です。西条市は瀬戸内海燧灘の西部に面した町。前回疑問にしていた四国北岸の大きな凹みのことを「燧灘(ひうちなだ)」ということを知りました^^;駅は予讃線の運行拠点のひとつ。普通列車の多くが当駅を起終点とし、当駅止まりの特...

四国九州横断駅巡り23夏(5) 予讃線 川之江駅と多喜浜駅 ~列車待ち各停で「しおかぜ」街道をのんびり進む~

0
観音寺駅から予讃線の伊予西条行きに乗車しました。列車は四国北岸の大きく凹んだ部分を西進します。地形の名前があるのかな?短いトンネルで県境を越え、愛媛県に入ると最初に停車するのが川之江駅です。2番線の到着。上り特急との交換で3分停車します。 川之江駅は愛媛県四国中央市川之江町にある予讃線の駅。製紙のまち、旧川之江市の代表駅でした。かつてはここから阿波佐野経由で土讃線の阿波池田駅までを結んでいた川池...

四国九州横断駅巡り23夏(4) 予讃線 詫間駅と観音寺駅 ~各停で香川県内をのんびり進みます~

4
多度津駅から予讃線の観音寺行きに乗車しました。列車は次の海岸寺駅を出ると海に出ます。瀬戸内海です。海岸寺~津島ノ宮間は右手に海を見ながら進みます。ちなみに津島ノ宮駅は津嶋神社の夏季大祭開催中、1年に2日しか営業しない臨時駅として知られていると思います。毎年タイミングが合わない駅・・・来年こそは訪問したいですね~。その津島ノ宮駅は通過し、海岸から離れたところで列車は詫間駅に到着しました。2番線の到着。この...

四国九州横断駅巡り23夏(3) 予讃線 八十場駅と多度津駅 ~枕木ホームの小駅と四国2大幹線の分岐駅~

4
高松駅から多度津行きの普通列車に乗車しました。列車は駅を出るとまず高松運転所の脇を抜けます。上下線が運転所を挟む形のようですね。多数の車両が見られました。予讃線を西進していくと、左車窓には変わった形の小山がポコポコと見られました。坂出駅の一つ手前では八十場駅に停車します。八十場駅は香川県坂出市西庄町にある小さな無人駅。「やそば」と読みます。駅構造は相対式2面2線ですが、画像↑を見てわかるようにホームが...

四国九州横断駅巡り23夏(2) 予讃線 高松駅 ~四国の玄関口から横断開始します~

0
岡山駅から快速マリンライナーで瀬戸内海を渡って高松駅までやってきました。5番線に到着です。画像はマリンライナーの最後尾車両。JR西日本の223系5000番台でした。JR四国の5000系との別会社同士の混成編成だったようですね。 高松駅は香川県高松市浜ノ町にあるJR四国とJR貨物の駅。香川県の県庁所在地である高松市の代表駅です。かつては本州とを結ぶ宇高連絡船との接続駅であり、ここから四国の各方面に優等列車が発着して...