きゃみの駅訪問

津軽海峡駅巡り22秋(20) 津軽海峡フェリー 函館フェリーターミナル ~「大函丸」に乗船して大間へ~

6
七重浜駅から歩いて函館フェリーターミナルまでやってきました。函館フェリーターミナルは函館市港町にある「津軽海峡フェリー」のフェリーターミナルです。ここからは青森と大間とへの2航路が出ています。今回は下北半島の北端にある大間行きに乗船する予定~。ターミナルビルの1階にある発券カウンター。今回は事前予約済みだったので、カウンターの向かいにある自動券売機で発券できました。券売機から見たターミナルビル内の様子...

津軽海峡駅巡り22秋(19) 道南いさりび鉄道線 七重浜駅 ~函館フェリーターミナルの一応の最寄り駅~

6
函館駅から道南いさりび鉄道の上磯行きに乗車しました。列車はひとつ進んで前夜観察した五稜郭駅に到着。ここから道南いさりび鉄道線に入線します。列車が5番線を出発したところ。手前に3本見える線路のうち、真ん中の線路の延長が道南いさりび鉄道線になります。その右隣は渡り線ですぐ先でこちらに合流。その先で列車はシザースを抜けて転線します。ちなみに一番左端に辛うじてみえる線路が函館貨物駅に延びる貨物線で、鉄柱の裏...

津軽海峡駅巡り22秋(15) 道南いさりび鉄道線 上磯駅 ~かつては専用鉄道も出ていた「いさ鉄」の主要駅~

5
久根別駅から道南いさりび鉄道線をふた駅戻って上磯駅に到着です。2番線の到着。下車します。 上磯駅は北斗市飯生にある道南いさりび鉄道の主要駅で旧上磯郡上磯町の中心駅。かつての急行「えさし」や「松前」の停車駅。快速「海峡」も一部が停車していたそうです。現在は普通列車のみの発着ですが、ほぼ半数の列車が当駅で函館方面に折り返しています。つまりここから木古内方面は本数が半減します。このことを踏まえて・・・駅構造は...

津軽海峡駅巡り22秋(14) 道南いさりび鉄道線 久根別駅 ~貨物列車同士の交換風景~

8
木古内駅から乗車した道南いさりび鉄道の気動車は久根別駅に到着しました。3番線の到着。下車します。時刻は16時を回ったところ。 久根別駅は北海道北斗市久根別にある道南いさりび鉄道の無人駅。この辺りは元々は上磯郡上磯町でしたが、2006(平成18)年2月に合併により北斗市となっています。ちなみに北海道新幹線の現在の終点の新函館北斗駅は函館市ではなく北斗市内にあります。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線...

津軽海峡駅巡り22秋(13) 道南いさりび鉄道線 (木古内駅→久根別駅) ~津軽海峡の北岸沿いを行く~

2
木古内駅から道南いさりび鉄道の函館行きに乗車しました。道南いさりび鉄道線は新幹線の並行在来線となったJR北海道の江差線を第三セクターに転換した路線。2016(平成28)年3月に五稜郭~木古内間を引き継いで開業しました。江差線時代の1988(昭和63)年3月に海峡線開業に伴って電化されましたが、旅客列車は全て気動車での運用となっています。貨物路線としては本州~北海道の大動脈で、ELが貨物列車を牽引しています。名前の通りで...

津軽海峡駅巡り22秋(12) 道南いさりび鉄道線 木古内駅 ~その2 国鉄急行色のキハ40に乗車~

4
竜飛崎にある青函トンネル竜飛斜坑線を訪問後、奥津軽いまべつ駅に戻ってきました。奥津軽いまべつ駅については・・・→→前日訪問時の奥津軽いまべつ駅道の駅に立ち寄り、1階の待合ホールで少し待ってから北海道新幹線に乗車します。乗車するのは1日7本しかない新函館北斗行きの4本目。「はやぶさ19号」。 三度目^^;の青函トンネルを抜けて木古内駅に到着です。12番線着。木古内駅については・・・→→前夜訪問時の木古内駅こちらは表玄...

津軽海峡駅巡り22秋(7) 北海道新幹線・海峡線 木古内駅 ~その1 これまた"特殊"な北海道最南端の駅~

2
奥津軽いまべつ駅から新函館北斗行きの「はやぶさ」に乗車しました。駅を出ると「青函トンネル」に突入します。1988(昭和63)年3月の開通。全長は53.85km、うち海底部は23.30kmあるそうです。とんでもないトンネルですよね~。しかし、新幹線車内は快適でトンネル内では爆睡してました・・・。乗車してから30分ちょっとで、列車は木古内駅に到着です。12番線着。下車します。 木古内駅は北海道上磯郡木古内町にあるJR北海道と道南いさ...

津軽海峡駅巡り22秋(6) 北海道新幹線・海峡線 奥津軽いまべつ駅 ~何かと"特殊"な新幹線イチの秘境駅~

2
三厩駅から「わんタク」に乗車して奥津軽いまべつ駅に戻ってきました。「わんタク」は駅の真正面に停車しました。奥津軽いまべつ駅は青森県東津軽郡今別町大川平清川にある北海道新幹線と海峡線の駅。位置的には今別町の町役場がある海側の町からずっと南の内陸部にあって、かな~りの町はずれといった場所にあります。この駅は様々な意味で「特殊」な点が多く、書いておきたいことがいくつもあります。まず、駅の"管轄"はJR北海道。本州...

北海道駅巡り15夏(30) 海峡線 津軽今別駅 ~その2 北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅~

2
こちらは津軽今別駅の下りホームです。上り側と同じような仮設待合室に仮設ホームです。頭上に新幹線新駅ホームから新駅舎への連絡橋が跨いでいます。 ホームから中小国方面を望みます。保線基地が広がっています。右奥に曲がっていく単線は津軽線の線路です。滞在中に「スーパー白鳥11号」が颯爽と通過していきました。更にはEH500-60の牽く下り貨物列車も通過です。結構頻繁に走っているようですね。さて、待合室のそばから出...

北海道駅巡り15夏(29) 海峡線 津軽今別駅 ~その1 1日2往復、JR北海道唯一の本州駅~

6
長万部駅から函館駅で特急を乗り継ぎ、一気に青函トンネルを抜けて本州に戻ってきました。トンネルを抜けて最初の駅、今回の目的駅の一つ、津軽今別駅で下車しました。 この津軽今別駅、通好みの駅といえます。JR北海道管轄唯一の本州にある駅、停車する列車は特急「白鳥」が1日2往復のみ。停車本数だけでいえばあの小幌駅よりも少ないのです。但し、すぐそばにはJR東日本の津軽線の津軽二股駅があるため、うまく計画すれば訪問...

北海道駅巡り15夏(5) 江差線 (木古内駅→函館駅)

6
木古内駅からは普通列車に乗車してのんびり函館まで向かいます。乗車したキハ40の車内の様子。左側が一人掛けボックスになってました。屋根には送風機がありますが、冷房ではないようですね。涼しかったので問題は全くなかったです。ここからは車窓からの撮影です。列車の窓を解放したままで撮影するのはほんとに久々の事でした。札苅駅。アイヌ語の「シラツトカリ」(岩礁の北方)が由来だそうです。泉沢駅。かわいい感じの駅舎があり...

北海道駅巡り15夏(4) 江差線 木古内駅 ~新幹線開業に向けて改装中~

2
青森駅から乗車した「スーパー白鳥1号」は、連休初日とあって自由席は満席・・・デッキのひとスペースを確保するのがやっとの状態でした。きっぷのフリー区間は津軽線の蟹田からのため、とりあえず車内で蟹田までの自由席特急券を購入。途中、蟹田駅に停車。津軽海峡線では貨物列車が頻繁に走っています。蟹田の次の駅、中小国駅を越えるとJR北海道管轄の海峡線に入ります。実際の線路は新中小国信号場で三厩方面への津軽線と分岐し、さ...