きゃみの駅訪問

北海道完乗の旅19夏(59) 石勝線 新夕張駅から千歳線 新千歳空港駅へ ~エピローグ~

4
楓信号場からタクシーで新夕張駅まで戻ってきました。千歳行き最終便には余裕で間に合いました。18:25に到着の列車が10分の折り返しで千歳行き最終便となります。 車両はキハ40-1787の単行。「スーパーおおぞら9号」が新得方面に出発した後、2番線からの出発です。乗客は私を含めて4名ほどでした。あとは空港に帰るのみ。南千歳~新夕張の間には信号場を除くと駅は3つほどあります。3年前には東追分駅と十三里駅という駅もあり...

北海道完乗の旅19夏(58) 石勝線 楓信号場 ~石勝樹海ロードを歩いてかつての駅跡へ~

0
新夕張駅を出発して向かうは楓駅跡。楓駅は前回少しお話した夕張線登川支線の唯一の中間駅でしたが、1981(昭和56)年7月に支線廃止とともに廃駅となりました。その3か月後の石勝線開業時に、その代替として石勝線上に新たに楓駅が開業します。当時は新夕張方面から普通列車が当駅で折り返すという実質終着駅のような運行形態でしたが、利用者減少で末期は1日1往復、しかも日曜運休という状況となり、2004(平成16)年3月に旅客扱いが...

北海道完乗の旅19夏(57) 石勝線 新夕張駅 ~1日3本の普通列車の終着駅~

4
占冠駅から再び「スーパーとかち」に乗車して石勝線を西進、相変わらずの山深くを進みます。次に停車するのは占冠から34.3km離れた隣駅の新夕張駅。特例区間はここまでなので、特急に乗車できるきっぷを持っていない私は強制的に下車となります。2番線に到着。 走り去る「スーパーとかち」を見送ります。さいなら~新夕張駅は夕張市紅葉山にある駅で、夕張市の代表駅。元々は「紅葉山駅」として開業、国鉄時代は夕張線の中間駅で、...

北海道完乗の旅19夏(56) 石勝線 占冠駅 ~1日6往復の停車が特急だけの町外れの駅~

4
新得駅から特急「スーパーとかち」に乗車して石勝線を上ります。列車は山深くの無人地帯を進みます。駅間区間が長く、駅よりも信号場の方が多い区間です。しばらく走り定刻より少し遅れてトマム駅に停車です。この駅では結構な人数が乗車してきました。こちらは車窓から↓ ホーム端っこにある待合室らしき建物ですが使用不可のようです。トマム駅は北海道で最も高い駅。地名のほうは「苫鵡」と書くそうです。元々石勝高原駅という駅名で...

北海道完乗の旅19夏(8) 室蘭本線 東室蘭貨物駅と鷲別駅 ~足止めでひと駅歩く~

4
御崎駅から室蘭本線支線で東室蘭駅に戻ってきました。2番線の到着。ふと隣の3番線を見ると室蘭行きらしきキハ40-1784の単行がいました。すると、奥のほうから日高色のキハ40-353がゆっくり近づいてきます。 そのまま1784に連結しました。こういった風景は東京では見られないので、いつも見入ってしまいます(笑) さて、これから日高本線に乗車するために苫小牧に向かいますが、次の列車まで1時間以上あります。ということ...

北海道完乗の旅19夏(7) 室蘭本線 輪西駅と御崎駅 ~工場群のそばの小さな駅~

4
室蘭駅で「すずらん7号」となる札幌行きに乗車して東室蘭方面に折り返しました。このまま戻れば東室蘭には14時くらいには到着できますが、これから行く予定の苫小牧方面の普通列車が15:30まで無いんですね・・・。「すずらん」や「スーパー北斗」のような特急は1時間に1本以上は出てますが、今回利用している切符は「北海道&東日本パス」。普通列車しか乗車できません。東室蘭で足止めになるなら、その間に訪問駅を稼ごう!ということで、一...

北海道完乗の旅19夏(6) 室蘭本線 室蘭駅 ~線路が短縮されて新しくできた支線の終点~

0
母恋駅から特急車両に乗車してひと駅、支線の終点室蘭駅にやってきました。2番線の到着です。これで室蘭本線の踏破がやっと完了しました。残るJR北海道は日高本線のみ。 室蘭駅は室蘭本線支線の終着駅で室蘭市の代表駅。かつては青森への定期航路や石炭積み出しの港の駅として、扇形機関庫が建ち、客貨車区が設置されたりと賑わいを見せていたそうです。現在の駅構造は、頭端式っぽい島式ホーム1面2線。うむー、当時の面影ら...

北海道完乗の旅19夏(5) 室蘭本線 母恋駅 ~母恋めしにはありつけず(泣)~

12
東室蘭駅から室蘭行きの支線列車に乗車しました。列車はすぐに本線から離れていきますが、支線と本線の間にも線路が伸びているのが見えました。この線路は苗穂車両所輪西派出というJR北海道の車両工場に続いているようですね。車窓から工場の様子が少し見ることができました。さて、このまま終点の室蘭までは行かずにひとつ手前の母恋駅で下車することにしました。東室蘭から10分、駅舎側ホームに到着です。 母恋駅は室蘭市母...

北海道完乗の旅19夏(4) 室蘭本線 東室蘭駅 ~室蘭への支線の分岐点~

2
苫小牧駅から室蘭本線上り列車に乗車しました。苫小牧から西、東室蘭までは電化区間ではありますが、特急を除いた普通列車は全て気動車による運行になります。列車はほぼ海沿いに進んで行きますが、霧が立ち込めて海を見ることはできませんでした。苫小牧を発って1時間15分ほどで列車の終点、東室蘭駅に到着しました。2番線着。ここで乗り継ぎです。 東室蘭駅は、室蘭本線上にある室蘭市の駅で、室蘭駅への支線が分岐していま...

北海道完乗の旅19夏(3) 室蘭本線 苫小牧駅 ~年々寂しくなる駅ビル~

4
南千歳駅から苫小牧行の普通列車に乗車しました。列車は2つ目の沼ノ端駅から路線上は室蘭本線に入ると、すぐに終点の苫小牧駅に到着です。2番線着。 苫小牧駅は苫小牧市の代表駅。乗り入れ路線は所属線である室蘭本線と当駅が起点となる日高本線の2路線です。今回乗車してきた列車のように千歳線列車も全てが乗り入れてくるので、実質は乗り入れ3路線となります。駅構造は島式ホーム2面4線で、南側から1~4番線と振られていま...

北海道完乗の旅19夏(2) 千歳線 南千歳駅 ~かつての空港連絡駅~

2
新千歳空港駅から快速エアポートに乗車してひと駅、南千歳駅にやってきました。ここで乗換えのために下車します。2番線の到着。 南千歳駅は北海道千歳市の駅。元々は「千歳空港駅」という駅名で、国鉄初の空港連絡駅として1980(昭和55)年10月に開業しました。その後は、1992(平成4)年7月、現在の新千歳空港が開業した時に「南千歳駅」に改称されて、空港連絡駅としての役目はたった12年で終わりました。乗り入れ路線は、南北に延...

北海道完乗の旅19夏(1) 羽田空港からエアドゥで新千歳空港へ

10
FC2初投稿です!今回からは7月に出かけてきた北海道駅巡りについて記事にしようと思います。今回の旅の一番の目的は、北海道の未乗車区間を全て踏破することです。計画は以下の通り。 1日目は室蘭本線の室蘭へ、支線を踏破してから日高本線の静内へ 2日目は日高本線を代行バスで踏破、日勝線バスに乗り継ぎ、えりも岬や広尾などを経由して帯広へ 3日目は根室本線を寄り道しつつ根室へ、戻って釧路へ 4日目は釧網本線を寄り道し...

北海道完乗の旅16夏(5) 室蘭本線 追分駅と苫小牧駅 ~リベンジの日高本線~

6
夕張駅から石勝線を戻り室蘭本線との交叉点である追分駅で下車しました。列車は1番線に到着、この駅で室蘭本線の苫小牧行きの列車に乗換えです。 駅名の「追分」の由来はこの駅から支線が分岐するため、古くから分岐路を意味する言葉の「追分」を駅名にしたそうです。そして駅名がそのまま地名になった珍しい例ですね。「追分駅」は全国にいくつもあります。例えば秋田県にある奥羽本線の追分駅ですが、こちらは男鹿線が分岐してい...

北海道完乗の旅16夏(4) 石勝線夕張支線 (新夕張駅~夕張駅)

16
新夕張駅からは石勝線の夕張支線の列車に乗車しました。夕張支線は石勝線が全通するまでは元々国鉄夕張線といわれていた炭鉱路線でした。炭鉱路線を起源とする北海道の盲腸線の中では唯一生き残った路線ではないでしょうか。現在は一応石勝線を名乗っているため幹線扱いではありますが、輸送密度は118人、営業係数は1421というひどい状況です。こんな状況なのでJR北海道は廃止したがっているようですが、市もとうとう見放したよう...

北海道完乗の旅16夏(3) 石勝線 新夕張駅 ~夕張支線の分岐駅~

8
南千歳駅から「スーパーとかち」で40分ほどで新夕張駅に到着しました。この駅からは夕張方面への石勝線夕張支線が分岐しており、私も支線に乗車するのが目的でしたのでここで下車しました。 駅構造は島式ホーム2面4線に切り欠き1線の計2面5線です。駅舎は意外にちょっとモダンな感じのものでした。改札口は1階でホームは階段を昇った2階の築堤上にあって一見高架駅に思える構造です。1階改札口。終日社員配置駅なのですが出札・...

北海道完乗の旅16夏(2) 千歳線 新千歳空港駅・南千歳駅 ~北海道フリーパス~

2
羽田空港から搭乗してわずか1時間半ほどで北海道の地に降り立ちました。昔は鉄道で丸一日以上かけて行ったものですが、飛行機はさすが早いです・・・さて到着したのは新千歳空港。早速旅客ターミナル直結の新千歳空港駅に向かいます。きれいな改札口。開業は1992年とのことです。ここであらかじめ計画していた「北海道フリーパス」をみどりの窓口で購入しました。また、乗車予定の特急の指定席券も合わせて受け取ります。指定席券を発行...

北海道駅巡り15夏(27) 室蘭本線 小幌駅 ~その2 廃止間近?の秘境駅~

12
どこにも出れないので小幌駅の駅構内の様子を観察~。上りホームは赤色の鉄骨構造で、真下には沢が流れています。上りホームからは目の前に礼文華山トンネル入口。吸い込まれそうです。逆に長万部側はすぐ先に幌内トンネル(左)と新辺加牛トンネル(右)の入り口です。こちらは下りホーム。上り側と違って小さいですがちゃんとしたホームがあります。手前が構内踏切、遮断機・警報機付きです。下り側は沢の上の部分だけが付け足しホー...

北海道駅巡り15夏(26) 室蘭本線 小幌駅 ~その1 秘境度ナンバーワンの駅~

6
室蘭本線の上り始発列車に乗ってやってきました小幌駅。知る人ぞ知る秘境度ナンバーワンと言われる駅です。下車した客は私を含めて4名ほど。うち3名が伊達紋別駅から一緒に乗車した方々でした。上り始発で来ると次発の上りも下りでも1~2時間後に来るので、駅訪問には丁度いい滞在時間になります。訪問は始発に乗車できる伊達紋別あたりで泊まる方が多いのかもしれませんね。そして、もう一人は礼文駅で駅寝してきたつわものさんで...

北海道駅巡り15夏(25) 室蘭本線 (伊達紋別駅→洞爺駅→小幌駅)

2
伊達紋別駅から始発の3連気動車長万部行きに乗車しました。2駅目の有珠駅を車窓から。三角形が3つ連なる屋根がかわいい駅舎です。そして列車は次の駅、洞爺駅に到着です。 洞爺駅では10分弱停車をする間に3両のうち後ろの2両が分割されます。後ろ2両のキハ40-1783と1780が当駅始発の幌別行き下り473Dとなって折り返します。前方1両の1762のほうはそのまま長万部方面に向かいます。 真ん中の車両に乗っていた私は洞爺に到...

北海道駅巡り15夏(24) 室蘭本線 伊達紋別駅 ~小幌駅訪問に備えて一泊~

4
登別駅で特急北斗に乗り換えて本日のお宿のある伊達紋別駅に到着しました。時刻は20時前、もう日が暮れてしまいました。ここではヨーロッパ系の観光客団体さんが下車していきました。伊達紋別駅は伊達市の中心駅。地名はあの仙台・米沢の伊達氏に関係しているそうです。北海道は入植者が故郷の地名や氏名などを地名にするパターンが多いようですね。ホームには伊達政宗の巨大な兜がありました。確か、大河ドラマで渡辺謙がこんな飾...