きゃみの駅訪問

西日本完乗への道-広島編(47) 山陽本線 糸崎駅 ~広島方面と岡山方面との乗り継ぎ駅~

4
西条駅から山陽本線上り糸崎行きに乗車しました。乗車して40分ちょっとで三原駅に到着です。海田市駅から呉線に海側を明け渡し、内陸部を走ってきた山陽本線が海側に出てきて、呉線と再び合流しました。この日は三原駅からスタートして呉線と山陽本線で一回りしてきたことになります。列車はそのままひと駅進んで終点の糸崎駅に到着しました。1番に到着。 糸崎駅は広島県三原市糸崎にある駅。開業は1892(明治25)年7月のことで...

西日本完乗への道-広島編(46) 山陽本線 西条駅 ~上り貨物の補機が開放される(らしい)駅~

5
八本松駅から山陽本線上り列車に乗車。2駅進んで西条駅に到着です。4番線着。ここで下車しました。 西条駅は広島県東広島市西条本町にある東広島市の代表駅。当駅では上り貨物列車の補助機関車を解放する作業を行っているとのことで、あわよくばその様子が見れるのかな?と思って下車してみた次第です^^;駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線。中線1本と側線1本を加えて南から1~5番線。駅舎は橋上にあり、...

西日本完乗への道-広島編(45) 山陽本線 八本松駅 ~特急「さくら」殺人事件~

2
スカイレールみどり坂線に立ち寄った後、瀬野駅から山陽本線上り列車に乗車しました。列車は「瀬野八」を登ります。22.6‰あるという連続急勾配区間となります。現在の「瀬野八」では上り貨物列車に限って補助機関車が列車を後押ししていますが、かつては旅客列車も押していたそうです。しかも補助機関車を走行中に開放するといったアクロバティックなことも行われていたそうですね。そのことを知ったのは、むか~しテレビで放映してい...

西日本完乗への道-広島編(43) 山陽本線 瀬野駅 ~「瀬野八」を控えたかつての補機基地~

12
海田市駅から山陽本線上り列車の白市行きに乗車しました。内陸側を北東方向に進んで10分弱、列車は瀬野駅に到着です。4番線着。前々から気になっていた駅で、今更ながら下車することにしました。雨は止まず・・・。 瀬野駅は広島県広島市安芸区瀬野にある山陽本線の駅。この辺りも広島市になるんですね。瀬野といえば鉄道ファンには瀬野~八本松間にある"瀬野八"といわれる急こう配区間がよく知られていると思います。瀬野駅の標...

西日本完乗への道-広島編(42) 山陽本線 海田市駅 ~呉線が分岐する"若干"Y字構造の駅~

0
呉駅から広島行きに乗車しました。列車は対岸に江田島を見るような形で海岸線を北上します。江田島といえば海軍兵学校のあった島ですよね。呉からちょうど30分、瀬野川を渡ったすぐ先で山陽本線が接続する海田市駅に到着です。5番線着。ここで下車します。 海田市駅は広島県安芸郡海田町新町にある駅。元々は安芸郡海田市町所在で、駅名はその名残りで「市」がついたままとなっています。乗り入れ路線は当駅の所属線の山陽本線...

西日本完乗への道-広島編(36) 山陽本線 三原駅 ~本丸天守台を貫く駅~

0
宮島口駅から山陽本線上り列車に乗車、一気に進んで三原駅までやってきました。4番線着。ここで下車します。既に日は暮れました。 三原駅は広島県三原市城町にある三原市の代表駅。三原城の城下町です。乗り入れ路線は当駅の所属線の山陽本線と当駅を起点とする呉線、そして山陽新幹線の3路線です。在来線の駅構造は高架上の島式ホーム2面4線で南から1~4番。高架化の完成は1991(平成3)年7月のことだそうです。島式3,4番ホー...

西日本完乗への道-広島編(24) 山陽本線 広島駅 ~複雑な構造の駅舎~

0
あき亀山駅から可部線を南下して終点の広島駅に到着しました。4番線に到着です。時刻は18時半。 広島駅は言わずもがなの広島県広島市の代表駅。乗り入れ路線は当駅の所属線の山陽本線と当駅を終点とする芸備線、そして山陽新幹線の3路線。運転系統でいうと、西の横川駅から可部線、東の海田市駅から呉線が乗り入れてくるので、在来線は4路線が5方向に出ています。駅前からは広島電鉄の軌道線も出ていることも含めて、同じ中国...

西日本完乗への道-広島編(5) 山陽本線 倉敷駅 ~水島臨海鉄道に乗換え~

12
清音駅から伯備線上り列車に乗車しました。列車は駅を出ると井原線と別れてすぐにトンネルに突入します。そこそこ長いトンネルを抜けると・・・広々とした高梁川が視界に広がったと思ったら、たまたまですが新幹線が川と伯備線を跨ぐ鉄橋を猛スピードで渡っていきました。この光景が壮観でとても印象に残りました。ちなみに・・・「トンネルを抜けたら素晴らしい光景だった」という記憶で一番印象に残っているのは、鉄道ではないですが、東...

西日本完乗への道-広島編(1) 東海道・山陽新幹線 (品川駅→岡山駅) ~品川始発の「のぞみ」で岡山入り~

8
今回は比較的未乗車路線の多かった広島地区の駅巡りです。一昨年の岡山訪問時に"ある事情"があって乗車できなかった岡山の宿題路線も合わせて片づけます。この年末年始は大人しくしていましたが、1月に入って2回目の緊急事態宣言が発令・・・2月に解除、3月になって実行に移します。往復のきっぷは色々考えて宮島口までのものを利用することにしました。岡山まで新幹線を利用しますが、今回はブログでお世話になっているある方の提案...

西日本完乗への道-岡山香川編(42) 山陽本線 相生駅 ~ラストは姫路で乗り継いで東京へ~

0
播州赤穂駅から赤穂線を北東に3駅ほど進んで相生駅にやってきました。2番線の到着、ここで乗り換えのために下車します。時刻は19:36頃。 相生駅は兵庫県相生市の代表駅。「Aioi」という駅名は、日本の駅を五十音順に並べると長良川鉄道の相生駅、わたらせ渓谷鐵道の相老駅とともに一番先頭になるそうですよ。乗り入れ路線は所属線の山陽本線と当駅が起点となる赤穂線、そして山陽新幹線の3路線。運転系統としては・・・赤穂線は全...

西日本完乗への道-岡山香川編(9) 山陽本線 岡山駅 ~中国地方最大のターミナル駅~

2
上郡駅から山陽本線で岡山方面に向かいます。車内は既に満席・・・腹痛のひやひや状態で立っていくことになりましたが、それがかえって良かったのか体調は徐々に良くなり、岡山駅に着いた頃には腹痛のことなど忘れていました。19:31、岡山駅に到着です。2番線着。 岡山駅は中国地方の中心都市、岡山県岡山市の代表駅。乗り入れ路線は山陽新幹線、当駅を所属線とする山陽本線、宇野線、津山線、吉備線の5路線。運行上は伯備線や赤...

西日本完乗への道-岡山香川編(8) 山陽本線 上郡駅 ~「スーパーいなば」のスイッチバック~

4
智頭駅から智頭急行智頭線を南下して終点の上郡駅に到着しました。時刻は17:50頃。 上郡駅は千種川の流れる盆地の街、兵庫県赤穂郡上郡町の代表駅。乗り入れ路線は山陽本線と当駅を起点とする智頭急行智頭線の2路線です。岡山との県境のすぐ手前にあり、JR西日本の支社境界駅でアーバンネットワークの最西端、新快速も当駅止まり、岡山方面の本数は半減、と何かと節目になる駅です。駅構造は単式ホーム1面1線と岡山方に切欠き...

西日本完乗への道-岡山香川編(1) 東海道・山陽新幹線 新神戸で乗り継いで姫路へ

5
今回からは昨年夏に出かけた岡山方面の駅巡りを記事にしようと思います。西日本の乗車率が他に比べて低いので、今回からは完乗を意識して計画することにしました。目的はとにかく岡山地方の全路線を「くまなく旅し隊」します(笑)。また、1日使ってフェリーで四国に上陸して琴電にも乗車することにしました。先に計画を言ってしまうと・・・ 1日目:姫路から姫新線で津山へ、因美線で智頭まで往復、津山線で岡山へ 2日目:宇野線で宇野...

19GW北京都と兵庫(44) 山陽本線支線 和田岬駅 ~全長2.7kmの山陽本線支線の終点~

8
兵庫駅から和田岬線列車に乗車しました。和田岬線は兵庫~和田岬の全長2.7kmの短い路線。「和田岬線」は通称で、正式には山陽本線の支線という扱いです。元々は貨物輸送が目的の路線で、付近には兵庫臨海線や神戸臨海線などの一大臨港線が形成されていました。旅客営業が開始された後はほぼ通勤に特化した路線となっています。かつては非電化でDD13やDE10などが牽く旧客編成で走っていました。通勤客を満載して走る旧客編成・・・とても...

19GW北京都と兵庫(43) 山陽本線 兵庫駅 ~和田岬線の起点駅~

10
新開地駅から徒歩で兵庫駅に向かいます。駅まではほぼ1本の道をほぼ真っすぐなので、迷わずに行けますが、よりによって旅の一番最後に雨が降り出しました(泣)高架上の山陽本線に沿った道を傘さしで少し進むと兵庫駅が見えてきました。兵庫駅は兵庫県神戸市兵庫区の駅で、乗り入れ路線は「JR神戸線」の愛称区間にある山陽本線と、山陽本線の支線である通称「和田岬線」の起点でもあります。たどり着いたのは駅の北口でした↓駅舎は1931(...

19GW北京都と兵庫(23) 山陽本線 加古川駅 ~加古川線103系に乗車~

14
姫路駅からJR神戸線上り新快速に乗車、ノンストップで加古川駅に到着しました。3番線着、ここで下車します。 加古川駅は兵庫県加古川市の中心駅。乗り入れ路線は「JR神戸線」の愛称が付く所属線の山陽本線と当駅を起点とする加古川線の2路線です。かつては加古川線と同じ播州鉄道という前身をもつ国鉄高砂線も発着していましたが、1984(昭和59)年12月に廃止されました。駅構造は高架上の島式ホーム3面6線。南の1~4番線にJR神戸...

19GW北京都と兵庫(22) 山陽本線 姫路駅 ~ちょっと変わった駅構造~

8
寺前駅から市川に沿って播但線を南下します。103系電車に揺られながら47分かかって終点の姫路駅に到着しました。1番線着。 姫路駅は「白鷺城」の城下町、兵庫県姫路市の中心駅。乗り入れ路線は所属線となる山陽本線、起点となる播但線と姫新線、そして山陽新幹線のJR4路線です。山陽本線の大阪方面には「JR神戸線」という愛称がつけられています。在来線の駅構造は高架上に行き止まり2線を含む島式ホーム3面8線というちょっと特殊...

広島山口駅巡り16師走(24) 山陽本線 下関駅 ~ラストは徳山から「のぞみ」で東京へ~

2
小串駅から山陰本線で南下して下関駅までやってきました。3番線に到着です。 下関駅は本州最西端の山口県下関市の中心駅で、瀬戸内海側を走る山陽本線、日本海沿岸を走る山陰本線列車は隣りの幡生駅から乗り入れ、そして関門トンネルを抜けて九州へと渡る列車のジャンクションとして機能しています。この駅の訪問は実に32年ぶり。東京から下関行きの20系「あさかぜ」で一晩かけてやってきて以来です。駅構造は島式3面6線を有し...

広島山口駅巡り16師走(14) 山陽本線 (徳山駅→戸田駅) ~民家風の木造駅舎~

6
周防高森駅から岩徳線に乗車。櫛ケ浜駅から山陽本線に乗り入れて終点の徳山駅にやってきました。 徳山駅は山陽新幹線と山陽本線の他に隣の櫛ケ浜駅から岩徳線の列車も乗り入れている周南市の中心駅です。徳山市だと思っていましたが、ここも「平成の大合併」で一気に4市4町が合併してできた市なんだそうです。在来線の駅構造は2面4線。岩徳線の気動車は3番線に到着です。右奥に見える黄色い列車が4番線の山陽本線下り列車です。...

広島山口駅巡り16師走(9) 山陽本線 岩国駅 ~駅舎の改築工事中~

6
宮島駅からフェリーで宮島口駅に戻って、山陽本線岩国行きの4連に乗車しました。乗車車両はクモハ227-68。予約していた宿のある岩国駅にやってきました。 岩国駅は「広島シティネットワーク」の最西端の駅で、乗り入れ路線は当駅の所属線である山陽本線と、当駅を起点とする岩徳線の2路線となります。また、錦川鉄道錦川清流線も岩徳線を経由して乗り入れてきます。駅構造は3面6線の地上駅。1番線は西口に面した単式ホームで、3...