きゃみの駅訪問

北海道完乗の旅19夏(48) 函館本線 江別駅と岩見沢駅 ~滝川は思った以上に遠かった・・・~

4
厚別駅から江別駅止まりの列車に乗車、14分ほどで終点の江別駅に到着しました。ここで乗り継ぎです。2番線に到着すると、帰宅客が一斉に下車していきました。列車の方は「区間快速」の表示になりました。折返しの「いしかりライナー」小樽行きとなります。 江別駅は江別市萩ケ岡にある函館本線の単独駅で江別市の代表駅。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、更に単式ホーム札幌方に切欠き1線の計2面4線。両ホームは跨線...

北海道完乗の旅19夏(47) 千歳線 新札幌駅から函館本線 厚別駅へ ~徒歩でショートカット~

0
新さっぽろ駅で少々退屈だった地下鉄の踏破を終えて、すぐ近くの新札幌駅に向かいます。新札幌駅は札幌市厚別区厚別中央にあるJR千歳線の駅です。駅舎外観。こちらは南側でデュオ2という駅ビルです↓  左画像は南東側で地下鉄入口がある方。右画像は南西側。 駅は南北の駅ビルに挟まれているらしく、北側には今回行きませんでしたが、そちらは多分デュオ1だと予想します(笑) 写真でもわかるように、大型商業ビルと道...

北海道完乗の旅19夏(38) 函館本線 滝川駅 ~変わりゆく駅前広場~

4
深川駅から札幌行の特急「ライラック」に乗車して滝川駅に到着しました。5番線の到着です。 滝川駅は滝川市の代表駅。乗り入れ路線は所属線である函館本線と当駅から分岐する根室本線の2路線です。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム2面4線で計3面5線。のりばは1,4,5,6,7番とあります。駅舎は単式1番ホームの東側に面しており、ホーム間は跨線橋で連絡しています。それでは駅の様子を観察です。特急を下車したホーム向かいの...

北海道完乗の旅19夏(37) 函館本線 深川駅 ~留萌行きをお見送りしていたら車両トラブル発生?~

2
旭川駅から札幌行きの特急「ライラック旭山動物園号」に乗車しました。予定では宿を予約してある滝川駅まで向かうつもりでしたが、途中の深川駅で留萌行きの列車が出発する時間に合うようなので、様子見で下車してみました。1番線の到着です。深川駅は全国屈指の米どころ、深川市の代表駅です。乗り入れ路線は、所属線の函館本線とこの駅が起点になる留萌本線の2路線です。かつては名寄までを結ぶ深名線というローカル線も分岐してい...

北海道駅巡り86冬 夜行急行「まりも」 札幌にて

6
今回はネタ切れなので超過去の駅巡りの続きを・・・岩見沢から幌内線に乗車した後、友人と合流するために札幌駅に向かいました。集合にはまだ時間があったので銭函駅まで行って切符を購入してから札幌に到着しました。ここから夜行急行「大雪」に乗車して網走に向かう予定にしています。ちなみに前夜は上り「大雪」で夜を過ごしたので、「大雪」の連泊となりました。前夜の「大雪」はコチラ参照>>夜行急行「大雪」で網走から深川へ当時の...

北海道完乗の旅16夏(38) 函館本線・北海道新幹線 新函館北斗駅

12
森駅から砂原支線を通ってきた列車は新函館北斗駅に到着しました。ここから新幹線で東京に戻るために下車しました。この駅が今回の駅巡り最後の駅となります。 本駅は元々は町の中心部からはかなり離れていましたが大野町の代表駅で渡島大野という名前の小さな駅でした。2006年に旧大野町と旧上磯町が合併して北斗市となりました。更に今年の3月に北海道新幹線が開業して駅名が新函館北斗駅となり、それに伴ってリニューアル...

北海道完乗の旅16夏(37) 函館本線 砂原支線と仁山駅

6
単行気動車は森駅で多くの学生を乗せて函館本線砂原支線を走ります。支線の全駅を車窓から撮影です。東森駅変わった三角型の駅舎尾白内駅ワム80000形有蓋車の改造駅舎掛澗駅サイディング張りの小さい駅舎渡島砂原駅有人駅時代からの古い駅舎列車は駅ごとに学生を降ろして進んでいきます。渡島沼尻駅 かつての信号場。信号場時代からの古い木造駅舎があります。鹿部駅有人駅時代からの大きくて立派な駅舎銚子口駅2面2線の交換可能...

北海道完乗の旅16夏(36) 函館本線 森駅 ~駅弁「いかめし」で知られる海岸の駅~

4
長万部駅から特急北斗に乗り継いで森駅にやってきました。3番線に到着、下車したのは私ひとり。 森駅の所在地は茅部郡森町、特急が全て停車する森町の代表駅です。駅の北側はすぐに海に面しており、かもめが啼いています。函館本線の単独駅なのですが、函館方面は大沼駅~当駅間が大沼公園駅経由の本線と渡島砂原駅経由の砂原支線に分かれており、両路線の乗り換え駅となっています。駅構造は、島式ホーム1面2線と単式ホーム1...

北海道完乗の旅16夏(35) 函館本線【山線】 (倶知安駅→熱郛駅→長万部駅)

6
倶知安駅から山線を長万部駅に向けて進みます。車窓から撮影です。途中のニセコ駅珍しいカタカナの駅名です。駅名は沿線にあるニセコ連邦主峰・ニセコアンヌプリ(アイヌ語で「絶壁に向かってある山」)に由来しています。立派な山小屋風駅舎は撮影できませんでした・・・蘭越駅簡易委託駅。ここまでの区間運転が何往復かあります。目名駅駅名はアイヌ語の「メナ(細流、支流)」に由来。味のある木造山小屋風の駅舎です。次の熱郛駅で列車交換...

北海道完乗の旅16夏(34) 函館本線 倶知安駅

4
函館本線は小樽駅から余市駅まで海岸に沿って進み、その後積丹半島の付け根を進みます。そして山側に入ったところに列車の終点、倶知安駅がありました。2番線に到着、私は眠ってしまっていたらしく到着後車掌に起こされて下車しました・・・ここで乗り継ぎです。 倶知安駅は、虻田郡倶知安町の代表駅。北海道の中でも特に面白い駅名ですよね。駅名の由来はアイヌ語の「クチャ・ウン・ナイ」(猟人のいる小屋のある沢)から来ているそう...

北海道完乗の旅16夏(33) 函館本線 小樽駅 ~裕次郎ホーム~

4
銭函駅から乗車して4駅目で小樽駅に到着です。列車は折り返しで快速「エアポート」となりました。 小樽駅は小樽市の代表駅。札幌方面は都市間・通勤輸送の需要が大きい電化区間、一方の倶知安方面はローカル輸送に特化した非電化区間で、函館本線では節目の駅となっています。駅構造は島式ホーム2面4線、駅舎側から5,4,2,1番線となっており5番線のみ行き止まり構造となっています。3番線はホームに面していない中線です。4・5番線...

北海道完乗の旅16夏(32) 函館本線 銭函駅

2
札幌駅から小樽方面列車に乗車します。8:43発2番線から小樽行き6連のクハ721-1のクロスシートに乗車です。小樽に行く前にひとつ気になった駅で下車しました。右手に海が見えるようになると銭函駅に到着。1番線で下車します。 銭函駅は明治13年開業、北海道最初の鉄道として手宮~札幌間が開通した際に開業した歴史ある駅です。駅名の由来はニシン漁で栄えた地区で当時はどの漁師の家にも銭箱が積まれていたからとする説がある...

北海道完乗の旅16夏(31) 新得から滝川を経由して札幌へ ~札幌駅発着の特急たち~

2
新得駅からは根室本線を滝川駅に向かいます。途中の金山駅。根室本線内で撮ったのはこの駅のみ・・・。富良野~滝川間でも乗車した証明でどこか撮影しておけばよかったですね。新得駅から約2時間半で根室本線の起点滝川駅の1番線に到着しました。これで根室本線は踏破完了です。 駅名の由来はアイヌ語の「ソラプチ(滝のかかる川)」からきているそうですが、音からでなく意味から採られているのが珍しい駅名です。滝川駅は昨年の夏...

北海道完乗の旅16夏(7) 函館本線 札幌駅から旭川駅へ

4
鵡川駅からは苫小牧駅に戻り、この日のお宿の旭川に向かうため千歳線に乗換えて一旦札幌駅に向かいます。3番線からほしみ行きのごつい731系電車の3連、クハ731-118に乗車です。1時間16分ほどで札幌駅4番線に到着です。 ここで旭川行の特急に乗り換えますがそれまでちょっとだけ列車を撮影です。5番線のキハ261系スーパー宗谷3号6番線の721系快速エアポート久々に改札を出て札幌駅舎正面をちょっと見学。30年前の駅舎と比べる...

北海道駅巡り15夏(28) 函館本線 長万部駅 ~海線と山線の分岐点~

10
小幌駅の訪問を達成して、ここからは東京への帰路に入ります。室蘭本線を西へ~次の駅の静狩駅を車窓から。板張りですがどっしりとした感の駅舎です。その次の駅、列車の終点の長万部駅3番線に到着しました。 ここで函館行きのスーパー北斗2号に6分で乗換えができますが、駅でのんびりしたい気分に駆られ、次発の北斗4号まで駅に滞在することにしました。長万部駅は函館本線所属の駅で室蘭本線の起点駅でもあります。函館本線...

北海道駅巡り86冬 函館本線 砂川駅 ~上砂川支線の発着駅~

8
再び冬の北海道駅巡りに戻ります。朱鞠内駅から深名線に乗車して名寄駅まで来たわたしは、砂川駅の炭鉱ローカル線に乗車するために札幌行の急行「宗谷」に乗車しました。短い乗換え時間で撮影できなかったんだと思いますが、残念ながら宗谷の写真は残ってなかったです(>_<)急行宗谷は砂川駅に停車しないため、1つ手前の滝川駅で下車しました。滝川駅の様子はコチラ→→2015年夏と1986年冬の滝川駅の様子滝川では砂川駅にも停車す...

北海道駅巡り15夏(16) 函館本線 深川駅 ~留萌本線の発着駅~

4
滝川駅から特急スーパーカムイに乗車して次の停車駅が深川駅です。函館本線のこの辺りは川にまつわる駅名が多いですね。岩見沢、奈井江、砂川、滝川、深川、旭川など・・・深川駅から西には留萌を通って海岸の町の増毛まで留萌本線が延びています。この線も札沼線と同様に廃止が噂されていますね。4番線にはキハ54-501が停車していました。留萌本線はキハ54の運用のようです。この形式の車両を見るのは20数年ぶりです・・・駅は3面4線の...

北海道駅巡り15夏(15) 函館本線 滝川駅 ~根室本線の起点駅~

6
新十津川駅そばのバス停からバスに乗車、石狩川を渡って13分ほど走って北海道中央バスの滝川ターミナルに到着です。路線図を見ると北海道中央バスはここが路線網の中心となっているようです。 JRの滝川駅はバスターミナルのすぐ隣にあります。新十津川駅からは距離にして約3kmほど、近いですが随分と駅の様子は違います。ちなみにここで新十津川駅の乗車券も購入できるのだそうです。以前訪問した時の滝川駅舎(1986年12月21日...

北海道駅巡り15夏(11) 函館本線 札幌駅 ~80年代の頃の札幌駅~

8
急行「はまなす」で一晩かけて札幌駅までやってきました。ここで札沼線の1番電車に乗車するためすぐに乗換えですが、ちょっとだけ構内撮影です。5番線の快速エアポート60号、721系電車。4番線然別行き函館本線普通、キハ150形。今回の旅では札幌にゆっくり滞在できなかったので、過去1度駅巡りで訪れたときの写真をアップします。過去訪れたのはまたまた古すぎて申し訳ないのですが、1986年12月のことでした。前夜に夜行の青函連絡船...

北海道駅巡り15夏(10) 夜行急行「はまなす」で札幌へ

4
五稜郭の健康センターを0:00頃に出てタクシーで函館駅に再び戻ってきました。ここから夜行急行「はまなす」で札幌まで行く予定です。「はまなす」は、青森~札幌を走るJR唯一の定期急行列車です。昔はたくさん走っていた急行列車も今はこの列車だけとなってしまいました。北海道新幹線が開通するとこの列車も無くなってしまうのでしょうか・・・函館駅には0:44入線なのでそれまで改札外のベンチで待機してましたが、お客が結構いました。...