きゃみの駅訪問

東海私鉄駅巡り20夏(16) 東海道本線 岡崎駅 ~JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ~

6
豊橋駅から東海道本線の新快速で23分ほど走って、この日の最終目的地の岡崎駅に到着しました。3番線で下車します。  岡崎駅は愛知県岡崎市の一応の代表駅。というのも東海道の岡崎宿だった中心市街地からは南にかなり離れており、あちらには名鉄名古屋本線の東岡崎駅があります。そもそも豊橋~岡崎間は海側に沿って進み、蒲郡から北に向きを変えて岡崎の南側に出てくるといった旧東海道からは離れたルートをとっていま...

東海私鉄駅巡り20夏(14) 東海道本線 豊橋駅 ~我が心の駅(笑)~

4
赤岩口停留場から豊橋鉄道東田本線を戻って再び豊橋駅にやってきました。豊橋駅は東三河の中心都市、愛知県豊橋市の代表駅。乗り入れ路線は、東海道新幹線、東海道本線、飯田線、名古屋鉄道名古屋本線の4路線。うち飯田線と名古屋本線は当駅が起点となります。また、東口に隣接する新豊橋駅から豊橋鉄道渥美線、東口駅前から東田本線も出ています。この駅は幼少の頃、毎年夏に祖父母の家に遊びに行くときに必ず訪れた懐かしの駅の...

東海私鉄駅巡り20夏(6) 東海道本線 清水駅 ~かつての広大な貨物ヤードは・・・~

6
吉原駅から東海道本線を下ります。次に乗車する私鉄は静岡鉄道の予定ですが、その前に寄り道オプションを2つ考えていました。 ①由比駅で下車、徒歩で薩埵峠越えをして興津駅へ ②清水駅で下車、バスで三保の松原へ、ついでに清水港線三保駅跡訪問(ついでは三保の松原のほうか・・・)2つ同時は時間的にハマらなかったのでどちらか一つを選びます。今回は静岡鉄道に乗車するために清水駅で下車するので、ついでに行ける②を選びました。...

東海私鉄駅巡り20夏(5) 東海道本線 吉原駅 ~岳南電車岳南線の分岐駅~

4
岳南富士岡駅から岳南線を西に向かいます。吉原の中心市街に近い本吉原駅や吉原本町駅を抜けると、南に向きを変えて工場群の中を進むようになります。このあたりが「日本夜景遺産」にも認定された工場の夜景で知られているところなのかなと思います。東海道本線が見えてくると東に向きを変えてその線路に沿うようになり、終点の吉原駅に到着です。 吉原駅は静岡県富士市鈴川本町にあるJR東海と岳南電車の駅。元は吉原市の代表駅...

東海私鉄駅巡り20夏(2) 東海道本線 東田子の浦駅 ~雲隠れの富士山に向かって歩く~

2
沼津駅から東海道本線を約10分ほど乗車して、東田子の浦駅で下車しました。1番線の到着です。 東田子の浦駅は静岡県富士市中柏原新田にある東海道本線の単独駅。駅名のとおり「田子の浦」の東に位置しています。「田子の浦」とは隣の吉原駅近くの田子の浦港辺りのことをいうそうです。ただし、万葉集で詠まれていることで知られる「田子の浦」は、現在の「蒲原~由比~薩埵峠」辺りの海岸を言うそうです。『田子の浦ゆ うち出でてみれ...

東海私鉄駅巡り20夏(1) 東海道本線 沼津駅 ~東京始発の沼津行きをまず完乗~

6
今回は東海地方のいくつかの私鉄巡りについて記事にしようと思います。かなり前から計画していた案件で、この春に宿の予約までしていたのですが、「緊急事態宣言」が発令されてやむなくキャンセル(泣) 7月になってからの決行となりました。往復で利用した青春18きっぷ。下車印は1日目だけで、沼津→東田子の浦→吉原→清水→静岡→豊橋→岡崎。どこの私鉄に寄ったかはなんとなくわかると思います(微)ということで早朝の東京駅にやってきま...

日帰りいずっぱこ20春(2) 東海道本線 三島駅 その1 ~駿豆線への渡り線と抉れホーム~

4
函南駅に立ち寄ってからは東海道本線をひと駅進んで三島駅に到着しました。2番線の到着。ここで乗り換えのため下車します。  三島駅は静岡県三島市の代表駅。1934(昭和9)年12月の丹那トンネル開通と同時に開業した駅で、三島駅としては2代目にあたるそうです。初代三島駅は現在の御殿場線下土狩駅で、東海道メインルートが丹那トンネル経由に変更されたことの典型的な出来事だと思います。乗り入れ路線はJRが東海道本線...

日帰りいずっぱこ20春(1) 東海道本線 函南駅 ~丹那トンネルを抜けた最初の駅~

8
今回からは春の日帰り駅巡りについて記事にしたいと思います。今回の目的は「いずっぱこ」こと伊豆箱根鉄道の現有3路線のうちの2路線を踏破することです。ついでに185系などの「踊り子」にも出会えたらいいな~といった感じでした。今回の往復で利用した春の18きっぷ北東北の旅の途中、津軽新城駅で購入したものです。下車印は函南→三島→熱海の3駅。スタートは東京始発の東海道本線で早朝に2本だけある沼津行きの列車。E231系10連先頭...

19春の身延線(9) 東海道本線 富士駅

9
西富士宮駅から20分ちょっと走って終点の富士駅に到着しました。1番線で下車します。 列車は折り返し西富士宮行きとなりました。富士駅は製紙の町として知られる静岡県富士市の代表駅。製紙の町の駅といえば他には、北海道の苫小牧駅や九州の八代駅を思い浮かべますが、ここが一番規模が大きいと思います。乗り入れ路線は所属線の東海道本線とこの駅を起点とする身延線の2路線です。富士駅は個人的には思い出深い駅でして、初...

17GW北陸駅巡り(5) 東海道本線 岐阜駅 ~北陸に向けて高山本線に乗車~

6
荒尾駅から大垣駅で東海道本線上り列車に乗り継いで岐阜駅にやってきました。列車は1番線に到着、下車します。 岐阜駅は岐阜県の県庁所在地である岐阜市の代表駅。乗り入れ路線は当駅の所属線である東海道本線と当駅を起点とする高山本線の2路線。東海道新幹線は名古屋~米原間をショートカットして岐阜羽島駅を経由していることもあり、当駅には乗り入れていません。駅構造は高架上にある島式ホーム3面6線。高架駅となったの...

17GW北陸駅巡り(2) 東海道本線 大垣駅 ~美濃赤坂支線に乗り継ぎ~

6
名古屋駅から東海道本線の新快速に乗車。30分ほどで列車の終点、大垣駅に到着しました。1番線に到着です。列車はそのまま折り返し特別快速の豊橋行きとなりました。 大垣駅は岐阜県大垣市の代表駅。乗り鉄さんには「ムーンライトながら」の終着駅としてよく知られてますね。18きっぷシーズンの早朝には「ムーンライトながら」から米原方面に乗り継ぐ客が一斉に駆け出す「大垣ダッシュ」が風物詩みたいになってます。私も前身の「大垣...

17GW北陸駅巡り(1) のぞみ1号で東京から名古屋へ

6
今回からはこのゴールデンウィークに出かけた北陸方面駅巡りを記事にしたいと思います。大まかな計画は以下のとおりです。 1日目:美濃赤坂支線に寄ってから高山本線で富山へ 2日目:七尾線、のと鉄道など石川県の鉄道巡り 3日目:越美北線、えちぜん鉄道など福井県の鉄道巡り1日目の切符は「東京から美濃赤坂」+「美濃赤坂から高山本線を経由して富山」という連続切符をお願いしてみたのですが、駅員さんに「東京から富山」+「岐阜...

18きっぷ中央西線(6) 東海道本線 名古屋駅 ~JR在来線ホーム巡り~

4
明智駅で明知線を折り返して恵那駅に戻ってきました。ここから再び中央西線の列車に乗車します。快速列車8連の最後尾、クモハ211-5048に乗車。恵那駅から1時間走って終点の名古屋駅に到着~7番線に到着。これにて中央西線の完乗です。さて、時刻は18時前。ここから東京に帰るわけですが、東海道本線を乗り継いで行くと熱海までしか帰れません。手前の静岡で新幹線に乗り継げばなんとか東京まで帰れそうです。ということなので、静...

天浜線駅巡り17春(11) 東海道本線 新所原駅 ~天竜浜名湖線の終点~

6
気賀駅から天竜浜名湖線を西進してついに終点の新所原駅に到着しました。天浜線の駅巡りも最後の駅となります。新所原駅は静岡県湖西市新所原地区に所在する駅で、東海道本線と当駅を終点とする天竜浜名湖線の2路線が乗り入れています。静岡県の最西端の駅でお隣りは愛知県豊橋市になります。また、JR支社の境界駅でもあり、当駅から浜松方面は静岡支社の統括エリア、豊橋方面は東海鉄道事業本部直轄のエリアとなります。まず天竜...

天浜線駅巡り17春(2) 東海道本線 掛川駅 ~天竜浜名湖線の起点駅~

10
東京駅から新幹線「こだま」に乗車して掛川駅にやってきました。乗換え口から在来線構内に一旦入ります。掛川駅は静岡県掛川市の中心駅。乗り入れ路線は東海道新幹線、東海道本線、そして天竜浜名湖線の起点でもあります。天竜浜名湖線は元々は国鉄二俣線でしたが、1987年3月の分割民営化直前に第三セクターの天竜浜名湖鉄道に移管されています。また、東海道新幹線はその後の1988年3月に駅が開設され、「こだま」のみが停車しています...

大井川鐵道駅巡り(3) 東海道本線 金谷駅 ~大井川本線の分岐駅~

4
静岡駅から東海道本線を下って金谷駅に到着しました。3番線で下車します。 金谷駅は静岡県島田市にある小駅。乗り入れ路線は東海道本線、そして大井川鐵道大井川本線の起点駅でもあります。JR側の駅構造は相対式ホーム2面2線ですが、2線の内側に中線と側線の2本を挟んでいて構内はそこそこ広いです。ホーム間は狭い地下道で結ばれています。駅舎側2番ホームから菊川方面を望む。上り列車が停車中です。金谷にはかなり昔に訪問...

大井川鐵道駅巡り(2) 東海道本線 静岡駅 ~懐かしの急行「東海」~

10
新横浜駅から「ひかり」に乗車して40分ほどで静岡駅に到着しました。いつものことながら新幹線は速い・・・ 静岡駅は静岡県の県庁所在地である静岡市の代表駅です。「静かな岡」、名前の響きがよくて好きな駅名のひとつです。乗り入れ路線は東海道本線と東海道新幹線の2路線。新幹線は「こだま」の全列車と「ひかり」が1時間に1本停車し、「のぞみ」は全て通過します。駅構造は新幹線・在来線ともに高架駅となっています。新幹線側は2面4線...

18きっぷ身延御殿場(8) 東海道本線 富士駅 ~1983年夏 終焉間近のEF15~

4
富士宮駅で30分ほど滞在したのち、富士行き列車に乗車しました。途中、富士駅手前の踏切で理由はわかりませんでしたがしばらく立ち往生。4分ほどの遅れで終点富士駅に到着しました。身延線電車は1番線の到着です。 製紙の町、富士市の代表駅。明治42年の開業だそうです。富士駅の駅構造は地上3面6線、身延線は行き止まり式ホームの1・2番線から発着します。この頃から雨が本格的に降ってきました(-_-メ)雨に降られない位置から...

三河周遊15冬(9) 東海道本線 (刈谷駅→蒲郡駅→豊橋駅) ~そして東京駅で特急「あやめ」~

0
旅の最後、刈谷駅で名鉄三河線から東海道線と新幹線を乗り継いで東京まで戻ります。刈谷駅南口名鉄側入口刈谷駅前。落ちる夕日各停岡崎行きに乗車して、岡崎駅で新快速に乗換えます。各停はよく見たらいままで乗車してきた電車と違う形、311系かな?「岡崎」で探して見つけた過去写真。80年代の岡崎駅です。113系ですね。次に蒲郡駅で降りてみました。ここからは名鉄蒲郡線に乗換え可能です。北口はJR東海の駅名表示。名鉄蒲郡線の改...

三河周遊15冬(4) 東海道本線 (豊橋駅→刈谷駅→大府駅) ~青空フリーパス~

0
新豊橋駅からJR豊橋駅に戻って、みどりの窓口で青空フリーパスを購入しました。下車印は訪問順に、豊橋→刈谷→大府→半田→岡崎→蒲郡。購入するときに「名古屋方面ですか?」と駅員さんに確認されました。JR東海では「休日乗り放題きっぷ」という静岡方面のフリーパスもあるので、それと間違える人もいるのかもしれません。武豊線が分岐する大府駅に向けて乗車したのは、6番線豊橋始発の大垣行き特別快速。東海圏のJR快速には、「快速」...