きゃみの駅訪問

秋田青森駅巡り(5) 秋田内陸線 阿仁合駅 ~レストラン「こぐま亭」でお昼ごはん~

2
比立内駅から秋田内陸線を再び北進します。路線は阿仁川に沿って下流に向かって進んでいきます。揺られる事20分、列車の終点、阿仁合駅に到着です。ここで乗り継ぎとなります。 阿仁合駅は秋田県北秋田市阿仁銀山に所在しています。鉱山の歴史のある町だということで銀山という名前がついたのかもしれませんね。秋田内陸線の中でも運行の節目となる駅で、終日社員配置駅です。駅構造は島式ホーム1面2線で駅舎とは構内踏切で連...

秋田青森駅巡り(4) 秋田内陸線 比立内駅 ~かつての国鉄阿仁合線の終着駅~

6
さて、秋田内陸線の駅巡りに戻ります。角館駅から乗車した急行列車で松葉駅を越えると、そこから先は国鉄時代はまだ鷹角線と呼ばれた建設線だった区間を走ります。この区間、松葉~比立内はその後1989年4月に晴れて開通した新しい路線です。車窓は山深くなっていきました。そして、まず最初に比立内駅で下車してみました。下車直前に撮影、下り列車がこちらの到着を待っています。お客さんもみられますね。駅では下り列車との単行...

秋田青森駅巡り(3) 秋田内陸線 ~秋田犬の田んぼアート~

10
角館駅から秋田内陸線に乗車しました。秋田内陸線ではアテンダントさんや運転手さんの案内で田んぼアートを展望することができます。見ごろは7月~9月上旬。田んぼアート付近では列車が徐行してくれます。◆今年のテーマは【秋田犬と四季】角館のサクラが満開の頃に誕生した秋田犬が、北秋田市の森吉山の麓に向かうにつれ成長していく姿を四季の移ろいとともにストーリー仕立てで描かれています。 角館-羽後太田間は「春の秋田犬」...

東北駅巡り85春 田沢湖線 田沢湖駅 ~人生唯一のヒッチハイク~

8
今回は秋田青森駅巡りからちょっと脱線して、過去の東北駅巡りの続きを・・・角館線の松葉駅に立ち寄った後、角館駅から再び田沢湖線に乗車して田沢湖駅にやってきました。ここに宿をとっていたので下車することにします。田沢湖駅は当時から2面3線の構造でした。国鉄急行色が並んで停車している様子はなんて素晴らしいんでしょう。1982年11月に田沢湖線は既に全線電化されていましたが、電車は当時盛岡と秋田・青森を結んでいた特急「...

東北駅巡り85春 角館線 松葉駅 ~当時の国鉄角館線終着駅~

4
角館駅を出発した列車は5駅進んで松葉駅に到着しました。車窓から撮影です。駅名標。駅裏は緑一色ですね。ここで下車された方もいたのですが、田沢湖まで行かれたのでしょうか?駅はホーム1面1線の小さな無人駅。ホームに待合室があります。待合室には「田沢湖に一番近い駅」の表記があります。一番近いのは田沢湖駅かと思っていましたがココのようです。松葉駅は今回は下車しませんでしたが、ずっと昔に一度この駅に降り立ったこと...

秋田青森駅巡り(2) 田沢湖線 角館駅 ~武家屋敷をお散歩~

2
上野駅から秋田新幹線に乗車して角館駅にやってきました。角館駅は、秋田県仙北市角館町に所在する駅で、JR東日本の田沢湖線と当駅を終点とする秋田内陸縦貫鉄道の秋田内陸線が乗り入れています。「みちのくの小京都」と呼ばれる武家屋敷への玄関口として知られていますね。JR東日本の駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線、互いのホームは跨線橋で連絡しています。車両は701系5000番台、標準軌仕様の普通列車です...

秋田青森駅巡り(1) 秋田新幹線「こまち1号」で角館へ

4
今回は先日に秋田や青森の路線に乗車してきました駅巡りを記事にしようかと思います。しばらく西の方に出かけていたので北に向かうのは久しぶりのことです。今回の大まかな計画は以下のとおりです。 1日目:秋田内陸縦貫鉄道と弘南鉄道の乗車 2日目:五能線と津軽鉄道、更に男鹿線の乗車 3日目:由利高原鉄道と陸羽西線の乗車主に、週末パスで行ける範囲よりも北の路線を巡ってきました。この辺りの地域では三連休パスという便...