きゃみの駅訪問

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(18) 只見線 (会津中川駅→会津坂下駅→会津若松駅) ~只見川沿いを下って強風の会津盆地へ~

0
会津中川駅から会津若松行きに乗車しました。乗客は数名ほど・・・ここからは各駅毎に撮影していきます。列車は只見川に沿って下っていきます。上田ダムを過ぎると第四只見川橋梁で川の北岸に出て会津水沼駅に停車。そのまま沼沢カルデラの北側を回り込んで、例の早戸駅に停車。お世話になった待合室^^;(右画像↓) 山間を進み第三只見川橋梁で南岸に出ると宮下ダムが見えてきます。水量豊富です。ダムの横を抜けると会津宮下駅に...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(17) 只見線 会津中川駅 ~道の駅で吹雪をやり過ごします~

0
缶詰め状態になりかけた早戸駅を90分遅れで何とか無事に脱出しました。2駅戻って終点一つ手前の会津中川駅に到着。ここで予定通り下車することにしました。 会津中川駅は福島県大沼郡金山町大字中川字坂下にある只見線の無人駅。地図的には・・・沼沢カルデラの北西側の外郭と西を流れる只見川の間に位置しています。駅構造は単式ホーム1面1線なのですが、駅舎は何故かホームとは反対の西側にあり、小出方の構内踏切で連絡してい...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(16) 只見線 早戸駅 ~川の畔の駅 その3。秘境駅で缶詰め状態に・・・~

3
会津川口駅で長時間停車を終えて会津若松行きの出発です。さて、只見線内ではひと駅下車しようと思います。"行ったり来たり戦法"を絡めて、前々から降りてみたかった駅に下車します。しかし、本数少なすぎますね・・・。列車は3駅目の早戸駅に到着。ここで下車しましょう~。 早戸駅は福島県大沼郡三島町早戸字小沢巻にある只見線の無人駅。駅は国道と川に挟まれた狭い場所にあり、周辺は民家が見られない無人地帯・・・いわゆる"秘...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(15) 只見線 会津川口駅 ~川の畔の駅 その2。湖畔を思わせるような風光明媚な駅~

4
只見駅から11年ぶりに復旧した区間を通って会津川口駅にやってきました。吹雪は収まりチラ雪状態。39分間の停車時間でゆっくり駅観察です。 会津川口駅は福島県大沼郡金山町大字川口字森ノ上にある只見線の駅。金山町役場の最寄り駅です。運行上の拠点駅のひとつで、全線通し運転が3往復に、当駅で会津若松方面に折り返す列車が3本。夜間滞泊は2本あるそうです。いわば会津側の半終着駅的な存在となっています。駅構造は島式...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(14) 只見線 (只見駅→会津川口駅) ~11年待った復活区間~

6
会津若松行きの只見線列車は只見駅を出発しました。ここから会津川口駅までは、2011(平成23)年7月の新潟福島豪雨の影響で不通となり、約11年後の2022(令和4)年10月に運転再開された区間になります。個人的には代行バスで乗車したことしかありません。初乗車♪車窓風景と地図を見比べながら進みます。只見駅を出ると、列車は会津盆地に出るまで只見川に沿って下るようになります。まず叶津川が只見川に注ぐ地点で叶津川橋梁を渡りま...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(13) 只見線 只見駅 ~六十里越を抜けて吹雪の奥会津へ~

6
小出駅から乗車した只見線列車は大白川駅を出発しました。次の只見駅までは営業キロにして20.8kmという長~い駅間区間。山奥の無人地帯を走ります。大白川からは国道252号と共に破間川の支流である末沢川に沿って登っていきます。川沿いというより、川と共に進むという表現がよいかもしれません。川を何度も渡りながら深い渓谷を進みます。川と絡む区間を終えると今度は長大トンネルに突入します。県境にある「六十里越トンネル」で...

18きっぷ24早春-篠ノ井只見編(12) 只見線 大白川駅 ~かつての新潟県側の終着駅。川の畔の駅 その1~

2
小出駅から只見線の会津若松行きに乗車しました。いよいよメインイベントの只見線です。しばらくお世話になるキハE120-2の車内。列車は駅を出るとすぐに魚野川を渡り、日が明けようとする雪の田園風景を進みます。しばらくは1面1線だけの無人駅が続きます。左上から、小さな待合室だけの薮神駅、魚沼田中駅、上条駅。立派な合築駅舎のある入広瀬駅。入広瀬駅の先、特にかつて存在した柿ノ木駅より先の車窓は山間区間の様相となり、...

会津鬼怒川駅巡り20秋(14) 日中線 熱塩駅跡 ~その2 エピローグ~

10
日中線の熱塩駅跡の続き。駅跡の奥のほうに保存車両が2両ほどありました。手前にいるにはラッセル車。国鉄キ100形のキ287です。EH10のような黒に黄帯の車体。それでいて愛嬌のある顔。こんなのがいたらカメラを向けざるを得ません(笑)ラッセル車は津軽鉄道の津軽五所川原駅で同タイプを見たことがあります。そういえば子供の頃、Nゲージで持ってましたね~。安かったので(笑)車内も見学できました。操縦席。旋回窓っていうんですか...

会津鬼怒川駅巡り20秋(13) 日中線 熱塩駅跡 ~その1 感激の日中線記念館~

8
喜多方駅から日中線廃線跡をサイクリングして終点までやってきました。看板のある道を入っていくと、奥に古い建物が佇んでいました。熱塩駅の旧駅舎です。そうです、この様子。手前の高い木も含めたこの駅舎の様子・・・子供の頃によく本で見ていた写真と変わっていないと思います。よくぞ残してくれました。感激です;;熱塩駅は福島県耶麻郡熱塩加納村、現在の喜多方市熱塩加納町にあった日中線の終着駅。開業は1938(昭和13)8月、そし...

会津鬼怒川駅巡り20秋(12) 日中線 (喜多方駅→熱塩駅跡) ~廃線跡をサイクリング~

6
喜多方駅前で自転車を借りて国鉄日中線の終点だった熱塩駅跡に向かいます。日中線は喜多方から熱塩を結んでいた11.6kmの非電化路線。計画では米沢まで伸びる予定だったそうです。1984(昭和59)年4月に廃止されるまで、旧客編成の列車が行ったり来たりしていました。1日わずか3往復だったそうです。朝、夕、夜のそれぞれ1往復。つまり日中には列車が走らないのに日中線^^;「日中」という路線名は前々から気になっていたのですが、熱塩...

会津鬼怒川駅巡り20秋(11) 磐越西線 喜多方駅 ~かつての国鉄日中線の分岐駅~

4
会津若松駅から喜多方行きの新型気動車に乗車しました。列車は磐越西線を真っすぐ北上。この区間はちょっと変わっていて、塩川以外の堂島、笈川、姥堂、会津豊川の4駅は通過する普通列車もあって、1日5往復しか停車する列車がありません。これらの駅は気動車が投入された時に開設された停留場のような駅で、バスに対抗しての設置だったそうです。今回乗車した列車はその5往復のうちの1本で、各駅に停車していきます。北上していた...

会津鬼怒川駅巡り20秋(10) 磐越西線 会津若松駅 ~キハ40のいなくなった駅構内~

4
会津下郷駅から会津若松行きに乗車しました。乗車してすぐに日は完全に落ちて暗闇の中を走ります。この先には名物駅があります。一つは茅葺駅舎に囲炉裏のある湯野上温泉駅。もう一つは駅長猫のいる木造駅舎の芦ノ牧温泉駅。どちらも数分ほど停車しました。その後、西若松駅から只見線に乗り入れて、終点の会津若松駅に到着しました。5番線の到着です。 会津若松駅は福島県会津若松市駅前町にある会津若松市の代表駅。JR東日...

週末パス17師走(4) 磐越西線 津川駅 ~狐の嫁入り行列のまちの駅~

6
喜多方でラーメンをいただいて一息ついてから、再び磐越西線の気動車に乗車します。車窓から途中駅をいくつか撮影していきます。次の駅は山都駅小綺麗な駅舎のある2面3線の簡易委託駅。山都駅を越えると線路は阿賀川・阿賀野川に沿って山間に入っていきます。磐越西線も会津若松より西は「森と水とロマンの鉄道」という愛称が付けられているとおり、森の中を川に沿って進んでいきます。尾登駅待合室のみの小さな駅舎だけがある1面1線...

週末パス17師走(3) 磐越西線 喜多方駅 ~蔵とラーメンのまちの駅~

6
会津若松駅を発った磐越西線の列車はしばらく平地を北上していき、北上しきったところで喜多方駅に到着です。列車は野沢まで行きますが、昼食をとるためここで下車しました。下車客が結構いましたね。 喜多方駅は「蔵とラーメンのまち」福島県喜多方市の代表駅です。駅舎も蔵を意識したつくりになっています。磐越西線は喜多方まで交流電化されていますが、新津方面は非電化区間となります。また、郡山からここまでは仙台支社の...

週末パス17師走(2) 磐越西線 会津若松駅 ~磐越西線を乗り継ぎ~

5
郡山駅から磐越西線に乗車して更に西に向かいます。列車は中山宿駅あたりを通過しますが、そこではスイッチバックで知られる旧中山宿駅跡が見られました。この駅は是非一度降りてみたいと思っています。その後、猪苗代湖を左車窓に見て、関都駅付近で線路は北進しますが、その前方に磐梯山がみられるようになります。この辺りでは雪がうっすらと積もっていました。磐梯町の手前の更科信号場では一旦停車、上り列車と交換する風景が...

週末パス16冬(14) 只見線 (只見駅→小出駅) ~六十里越峠を越える~

6
只見駅を出発した列車は福島と新潟の県境の六十里越にさしかかります。只見~大白川のこの辺りは国内有数の豪雪地帯で雪崩や落石、土砂崩れが発生しやすい場所でもあり、並走する国道252号は冬期は閉鎖され全面通行止めになるそうです。その場合は只見線が唯一の交通手段となります。まあ、只見線も一日たった3往復なのではありますが・・・ちなみに只見線の六十里越あたりは六十里越トンネルと田子倉トンネルという長大トンネルで山...

週末パス16冬(13) 只見線 只見駅 ~1日3本の代行バス乗り継ぎ駅~

7
会津川口駅から代行バスに乗り継いで只見駅までやってきました。路線名にもなった只見町の駅です。只見線の駅もここまでが福島県です。駅舎はコンクリート平屋建て、保線詰所も入っている比較的大きなものです。舎内にはお店も入っていて、様々なお土産を売っていました。時刻表を見てみると・・・小出方面に1日3本、会津川口方面は不通区間のため左半分は何も表示されていない何とも寂しい時刻表でした。小出~只見間は隣の大白川駅...

週末パス16冬(12) 只見線 会津川口駅 ~川のほとりの代行バス乗り継ぎ駅~

10
会津若松駅を出発した下り列車は会津坂下駅あたりから只見川沿いに進み、終点の会津川口駅に到着しました。ここで代行バスに乗り継ぎます。 駅構造は島式ホーム1面2線。駅のすぐ横には水量豊富な只見川が流れています。この駅構内の開放的な雰囲気はとても気に入りました。「只見川の雄大な流れに沿い船着場のように見える駅」として東北の駅百選にも選ばれています。ホームから駅舎までは只見方にある構内踏切で結ばれています...

週末パス16冬(11) 只見線 (会津坂下駅→会津川口駅) ~雪化粧の山々の中、只見川沿いを行く~

6
会津坂下駅を出発すると次の塔寺駅を通って会津坂本駅に到着します。このあたりから只見線列車は只見川と国道252号に沿って山間部に入っていきます。次の会津柳津駅。無人駅ですが立派な木造駅舎があります。駅舎横にはSLのC11 244号機が静態保存されていますが、列車から辛うじて見ることができました。この辺りはまだ山間のちょい手前といった風景です。郷戸駅、滝谷駅といった1面1線の無人駅を進んでいきます。 次の会津桧...

週末パス16冬(10) 只見線 (会津若松駅→会津坂下駅) ~会津盆地を大迂回~

8
週末パス旅の初日ラストは七日町駅から会津若松駅へ戻り、駅前のホテルで一泊しました。そして旅の2日目、朝4:30に起床して早朝の会津若松駅に戻ってきました。これから乗車する只見線列車は、4番線から5:52発の始発423D会津川口行きです。車両は緑帯キハ40-2141+キハ40-502の2連。新潟の小出まで135.2kmの旅の始まりです。車内はガラガラでしたが、一緒に只見線を完乗したおじさん2人グループがいました。列車は定刻に出発、途中...