きゃみの駅訪問

南九州駅巡り20冬(28) 鹿児島本線 八代駅 ~肥薩線吉松行きに乗換え~

2
出水駅などに途中下車しつつ肥薩おれんじ鉄道線を北上し、八代駅にやってきました。1番線の到着。乗換えのためここで下車します。 八代駅は熊本県八代市の代表駅。乗り入れ路線はJR九州の鹿児島本線と肥薩線、そして肥薩おれんじ鉄道線の3路線。鹿児島本線は九州新幹線が開業する前は鹿児島駅まで続いていましたが、現在は並行在来線経営分離のために終点となっています。肥薩線と肥薩おれんじ鉄道線はこの駅が起点で、それぞ...

佐賀長崎駅巡り18冬(24) 鹿児島本線 香椎駅 ~約30年ぶりの香椎線に乗り換え~

4
甘木駅から甘木線を基山まで戻り、鹿児島本線上り準快速に乗車、博多を越えて約35分で香椎駅に到着。ここで乗り換えのために下車しました。1番線着。 香椎駅は福岡県福岡市東区の中心駅で、乗り入れ路線は所属線である鹿児島本線と香椎線の2路線があります。また、鹿児島本線の貨物支線、通称博多臨港線の形式上の起点駅でもあります。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム2面4線の計3面5線の地上駅。ホーム間は跨線橋で結ば...

佐賀長崎駅巡り18冬(22) 鹿児島本線 基山駅 ~甘木鉄道に乗換え~

4
鳥栖駅から快速で鹿児島本線を北上すること数分で基山駅に到着。乗換えのためにここで下車します。1番線着。 基山駅は佐賀県三養基郡基山町にある駅で今回の旅では佐賀県ラストの駅になります。乗り入れ路線はJR鹿児島本線と当駅を起点とする甘木鉄道甘木線の2路線で、両社の共同駅となっています。JR九州側の駅構造は緩いカーブの単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線。互いのホームと橋上駅舎とは跨線橋で結ばれて...

佐賀長崎駅巡り18冬(21) 鹿児島本線 鳥栖駅 ~かしわうどんでホッと一息~

4
佐賀駅から長崎本線を東進して30分ほどで列車の終点、鳥栖駅に到着しました。2番線着。これで長崎本線の踏破完了しました。 鳥栖駅は鹿児島本線と長崎本線の分岐駅として栄えた佐賀県鳥栖市の代表駅です。九州で最も古い駅の一つで、大規模な機関区や客貨車区が置かれ、特に貨物の交通要衝の一大拠点となっていました。現在は駅東側にあった操車場などは廃止され規模は縮小されてしまっています。その跡地には鳥栖スタジアム...

九州駅巡り16冬(35) 鹿児島本線 博多駅

8
鹿児島中央駅から九州新幹線で1時間半ちょっとで今回駅巡り最後の駅、博多駅に到着しました。新幹線だとあっという間ですね・・・博多駅は言わずと知れた福岡県の代表駅であり、九州で最も乗降客の多い駅です。乗り入れ路線は鹿児島本線の他にJR西日本の山陽新幹線に博多南線、JR九州の九州新幹線、福岡市交通局の地下鉄空港線。また、隣の篠栗駅から分岐する篠栗線も乗り入れており、「福北ゆたか線」という愛称があります。開業は明治...

九州駅巡り16冬(23) 鹿児島本線 宇土駅と八代駅

6
三角駅から三角線を引き返して鹿児島本線との接続駅、宇土駅で下車しました。ここで鹿児島本線下り列車に乗換えます。三角線気動車はこのまま鹿児島本線に乗り入れて熊本方面に去っていきました。 宇土市の代表駅である宇土駅は近代的な橋上駅舎でした。画像↓は西口駅舎で東口とは自由通路で結ばれています。駅舎の後ろに見える高架線は九州新幹線です(残念ながら新幹線は停車しません)。駅構造はシンプルな島式1面2線。1番線...

九州駅巡り16冬(20) 鹿児島本線 熊本駅 ~「A列車で行こう」で三角に行こう~

6
水前寺駅から4駅進んで熊本駅に到着です。早朝に大分駅を発って豊肥本線を乗り継ぎ乗り継ぎで全線踏破して九州を横断してきました。熊本駅は言わずと知れた熊本県の県庁所在地、熊本市の中心駅で近年は新幹線が開通したことで乗車人数も増加傾向にあるようです。駅構造は在来線が3面8線とホーム数の割に番線が多い駅ですね。2015年3月に一部が高架化されており、現在も全面高架化を目指した進化途上の駅といえます。JR乗り入れ路線...

九州鉄道記念館の車両たち その2

6
前回の九州鉄道記念館の続きです。この後の車両は前回よりも馴染みのある車両でした。485系の「クハ481-603」 特急「にちりん」1969年製。485系ボンネット型は昔は東京でも「ひたち」などでたまに見かけました。581系「クハネ581-8」 1968年製。寝台特急「月光」 これはかっこいい!581系は世界初の寝台電車ですね。583系は見てきましたが581系というのは初めて見たかもしれません。といってもどこが違うのかよくわかりませんが(笑)581系は...

九州鉄道記念館の車両たち その1

14
門司港駅の駅前や港をぶらりした後は、今回の旅の目的のひとつ、九州鉄道記念館を訪問してきました。駅から記念館に向かう途中にはその名も「九州鉄道記念館」という駅がありました。平成筑豊鉄道の門司港レトロ観光線の駅で、ここから関門海峡めかり駅までトロッコ列車が走っているそうです。ここの駅名はネーミングライツで命名権をJR九州が購入して命名したとのこと。今回は残念ながらトロッコ列車は見られませんでした。九州鉄道...

九州駅巡り16冬(3) 鹿児島本線 門司港駅 ~門司港レトロ~

4
小倉駅から鹿児島本線の上り列車に乗車してやってきました門司港駅。ずーっと昔、この駅から夜行急行「日南」に乗車して西鹿児島まで行ったことがありました。当時は撮影をすることがほとんどなかったので、残った写真もなく記憶も消えているため、今回が記録上の初訪問です。門司港駅は明治24年に九州鉄道の起点駅として開業しました。関門トンネルが開業するまでは九州の玄関口として、下関からの関門連絡船の連絡駅として賑わって...

九州駅巡り16冬(2) 鹿児島本線 小倉駅 ~初乗り!お年玉乗り放題きっぷ~

12
東京駅からのぞみに乗って一気に九州に上陸、最初に下車したのは北九州市のターミナル駅、小倉駅です。新幹線構内は2面4線の構造で14階建て駅ビルの4階に位置しています。3階のコンコース。大変賑やかでした。改札を出てまずは南側に向かいます。こちら南口は小倉城口と呼ばれています。北九州モノレール小倉線が駅ビルに突き刺さるような形で乗り入れています。豪快なつくりですね。小倉城口駅前の様子。モノレールが結構高い位置...