1988年春 廃止直前の宇高連絡船 ~土佐丸と阿波丸~

4
みなさん、こんばんは。この三連休で東北のJR線を片付けるべく、北上線・田沢湖線・花輪線などを訪問してきました。吹雪の中いくつかの廃駅なども訪問してきましたので、また別途報告したいと思います。さて、前回宇高航路のお話をしましたが、まだJRの連絡船が航行していた頃のはなし・・・まともな写真は残っていませんが、記録としてアップしておこうと思います。最初で最後の宇高連絡船の乗船は、瀬戸大橋開通間際でJR航路の廃止...

1988年春 下津井電鉄 (児島駅~鷲羽山駅) ~ナローの小さな電車と開業間近の瀬戸大橋~

6
前回下津井電鉄の話を少ししましたが、今回は訪問した時の様子を・・・30年以上の話。瀬戸大橋開業直前で宇高連絡船のお名残乗船が目的の旅で、児島まで足を延ばして下津井電鉄に立ち寄りました。下津井電鉄線は半島の先っぽの児島~下津井間を走るナローゲージの路線でした。下津井電鉄児島駅 (1988/3/28撮影)当時は下津井電鉄線の起点駅で、JRの児島駅からは少し離れた位置にありました。古い駅舎をイメージしていましたが、ア...

西日本完乗への道-岡山香川編(11) 本四備讃線 児島駅 ~1988年 瀬戸大橋開通直前の児島駅~

4
茶屋町駅から瀬戸大橋線の列車で児島駅に向かいます。列車は高架上を南進して、トンネルをいくつか抜けていきます。運転席のすぐ後ろの席に座ってましたが、運転士はトンネルに入るたびに運転席後ろのブラインドを閉じてました。トンネルをいくつか抜けて左手に海が見えるようになると列車終点の児島駅に到着です。1番線の到着。 児島駅はジーンズの街として知られる岡山県倉敷市児島地区にある本四備讃線の単独駅です。JR会...

西日本完乗への道-岡山香川編(10) 宇野線 茶屋町駅 ~瀬戸大橋線開業時に高架化された駅~

4
2日目の朝は4:30に起床して、6時前にはホテルを出発しました。早朝の岡山駅にやってきました。人はまばらです。 18きっぷで入場して5~8番ホームに降ります。6番線には快速「マリンライナー3号」高松行きが出発待ち。223系の2連での運用もあるんですね。切欠き6番線の奥、5番線にはキハ47の回送が停車中。津山線や吉備線の車両が間借りしてるのでしょうか?しばらくホームで撮影していると、この日の「サンライズ瀬戸」は台風の影...

北海道完乗の旅16夏(37) 函館本線 砂原支線と仁山駅

6
単行気動車は森駅で多くの学生を乗せて函館本線砂原支線を走ります。支線の全駅を車窓から撮影です。東森駅変わった三角型の駅舎尾白内駅ワム80000形有蓋車の改造駅舎掛澗駅サイディング張りの小さい駅舎渡島砂原駅有人駅時代からの古い駅舎列車は駅ごとに学生を降ろして進んでいきます。渡島沼尻駅 かつての信号場。信号場時代からの古い木造駅舎があります。鹿部駅有人駅時代からの大きくて立派な駅舎銚子口駅2面2線の交換可能...

週末パス16冬(19) 上越線 水上駅 ~115系の乗り継ぎ駅~

8
土合駅から上り列車に乗車して2駅進み、終点の水上駅2番線で下車しました。ここで高崎行きの列車に乗り継ぎです。水上温泉の玄関口、水上駅はかつては上越国境越えを控え、山越え用の補機機関車が配属する水上機関区が置かれていた上越線の主要駅でした。上越新幹線開業後は残念ながら新幹線の停車駅とはならず、優等列車が当駅を経由することがなくなったため、ちょっと寂しい駅となってしまいました。現在ではこの駅を境にして運...

週末パス16冬(18) 上越線 土合駅 ~その2 三角屋根の山小屋風駅舎~

8
土合駅下りホームから462段の階段を登って駅舎と上りホームのある地上に出てきました。土合駅の立派な改札口。登山客で賑わった往時の様子が偲ばれます。今となっては無用の長物のように思われますが・・・ 当時下り列車の改札時はここから階段を下る時間を考慮して、発車10分前には改札打ち切りになったそうです。駅舎内の様子。左奥に扉で密閉された待合室があって駅寝もできそうです(笑)駅舎は山小屋風の三角屋根。車での訪問者が...

週末パス16冬(17) 上越線 土合駅 ~その1 日本一のモグラ駅~

14
湯檜曽駅から下り列車に乗車、トンネル内を一駅戻って土合駅で下車しました。この駅はトンネル駅として鉄道ファンならずとも広く知られている駅ですね。下りホームは新清水トンネルのど真ん中にあって地下70メートルに位置しています。上りの地上ホームとは距離的にもかなり離れていて高低差でも81メートルあるそうです。今回訪問した時には若い女性集団が見学に来ており大変な賑わいでちょっとびっくり。列車が去ると同時にみなさ...

週末パス16冬(16) 上越線 湯檜曽駅 ~新清水トンネル内の駅~

9
越後湯沢駅を出発した列車は次の越後中里駅を越えるとループ線を回り、長大な清水トンネルで新潟と群馬の県境を越えます。清水トンネルは1931年開通で全長9,702m、現在は上越線の上り線に使われています。ちなみに下り線は新清水トンネルで1967年開通の13,500m、上越新幹線の大清水トンネルと合わせて計3本のトンネルが並走しています。更にもう一つのループ線を回りトンネルを抜けると湯檜曽駅に到着、下車しました。列車が去って...

休日おでかけ鶴見線(1) 東海道本線 鶴見駅 ~鶴見線の起点駅~

2
みなさん、シルバーウィークいかがお過ごしでしょうか。わたしはこの連休で九州に遠征を企んでいましたが、まとまった時間が取れず計画倒れとなってしまいました。しかし、日帰りになっても駅巡りはしますよ~!ということで本日は近場ですが前々から行ってみたかった鶴見線を訪問してきました。都会にありながら地方ローカル線の雰囲気を持つ鶴見線は好きな路線のひとつです。今回は休日おでかけパスを利用しました。旅程から考え...

青函連絡船の頃の函館駅 その2 ~摩周丸・羊蹄丸・空知丸と函館運転所~

4
前回から函館駅滞在の続きです。「摩周丸」とDE10-1718の牽く貨物列車。ホームから撮影しているので、摩周丸は多分2つある岸壁のうちの第1岸のほうに停泊していると思われます。手前のDE10は第2岸から貨車を引っ張ってきていると思います。貨物列車が走る横には183系気動車特急「北斗」が出発を待っていました。こちらはほぼ同じ位置から「摩周丸」への貨物積み込みの様子。桟橋とは反対側、駅舎側の0番線の単行気動車。キハ22形でしょう...

青函連絡船の頃の函館駅 その1 ~羊蹄丸~

6
青函連絡船は1988年3月13日の青函トンネル開業をもって運航を終了しました。その直前の頃に連絡船がいる駅の様子を見に函館駅を訪問しました。その当時の写真を・・・東京からは18きっぷ3枚のみ使って往復2日と函館滞在1日で行ってきました。今ではいろんな意味でありえない行程です・・・これは2日目の切符で北海道上陸のため青森駅からの夜行連絡船から利用しました。下車印は、青森、函館、大沼、大沼公園、五稜郭、七重浜。ほぼ1日中...

北海道駅巡り15夏(6) 函館本線 函館駅 ~北海道の玄関口~

2
江差線をのんびり走って函館駅にやってきました!は~るばる~来たぜはこだて~(鮭茶漬けが食べたくなった・・・わかる人いるかな('ω'))・・・とりあえず駅構内に特急を見つけたので撮影です。特急は5~8番線を利用するようです。新青森行「スーパー白鳥」と札幌行183系気動車「北斗」のツーショットです。 3・4番線の様子、右奥は1番線の江差線気動車駅名標。ここは函館本線の起点です。函館駅には過去2度ほど訪れていまして、駅構造が...

北海道駅巡り15夏(5) 江差線 (木古内駅→函館駅)

6
木古内駅からは普通列車に乗ってのんびり函館まで向かいます。乗車したキハ40の車内の様子。左側が一人掛けボックスになってました。屋根には送風機がありますが、冷房ではないようですね。涼しかったので問題は全くなかったです。ここからは車窓からの撮影です。列車の窓を解放したままで撮影するのはほんとに久々の事でした。札苅駅アイヌ語の「シラツトカリ」(岩礁の北方)が由来泉沢駅 かわいい駅舎がありました。釜谷駅 アイヌ...

北海道駅巡り15夏(3) 奥羽本線 青森駅 ~かつての北の玄関口~

4
新青森駅から特急に1駅乗って青森駅にやってきました。タイトルには本当は「東北本線 青森駅」と書きたかったのですが、現在は奥羽本線所属となっています。東北新幹線青森延伸開業に伴って並走していた東北本線は第三セクターに移管されてしまいました。東京から青森までつながっていた東北本線は盛岡が終点となり、青森県内は青い森鉄道線となっています。隣の駅名表示がないシンプルな駅名標列車をいくつか、、4番線を出発する「つ...

18きっぷ群馬の旅(10) 吾妻線 復路 (岩島駅→中之条駅→渋川駅)

4
大前駅から乗車した高崎行き3連は、途中の岩島駅で8分ほど列車交換停車。下りの特急「草津3号」の通過待ちです。なるべく多くの駅に降りたくて、数分間だけの停車でも下車してしまう私。ただ、短時間なのでハラハラドキドキ状態で撮影しています・・・岩島駅は無人駅、小さな駅舎があります。 2面2線の構造で跨線橋があります。列車は駅舎側とは反対側のホームに停車したため、跨線橋を渡りました。大前方面(左)と渋川方面(右)&nbs...

四国グリーン紀行(14) 瀬戸大橋線 (児島駅→岡山駅) ~そして新幹線で東京へ~

0
坪尻駅に立ち寄った後、阿波池田から岡山行きの「南風18号」に乗車しました。宇多津駅を越えたくらいから窓の外は雨がパラパラ。瀬戸大橋では大雨になってきました。四国でずっと天気がよかったのは、逆に運がよかったのかもしれません。本州に上陸してまもなく児島駅に到着。「四国グリーン紀行」の有効範囲はここまでです(;_;)/~~~改札で最後の下車印を押してもらいました。外は大雨、駅の外観も撮れなかったので過去の写真をアップ...

四国グリーン紀行(3) 予讃線 (坂出駅→高松駅) ~「四国グリーン紀行」を購入~

2
東京から「サンライズ瀬戸」に乗車。翌朝は岡山到着前の車内放送解禁で目が覚めました。瀬戸大橋を渡っていよいよ四国上陸です。四国は今回3回目ですが、鉄道に乗るのは今回が初めてです。まず坂出駅で「サンライズ瀬戸」を下車。 窓口で予定通り「四国グリーン紀行」を購入。画像は使用後です。下車印は訪問順に、高松、鳴門、徳島、阿南、牟岐、阿波池田、後免、安芸、奈半利、高知、宿毛、中村、窪川、宇和島、伊予市、伊予大...