三連休北東北20冬(9) 奥羽本線 大曲駅 ~秋田新幹線のスイッチバック構造~

0
秋田駅から夜の奥羽本線を戻って1時間弱、大曲駅に到着です。2番線着。列車は10分ほど停車しますが、私はここで下車しました。 大曲駅は秋田県大仙市の代表駅。「大曲の花火」がよく知られていますね。元々の所在地は大曲市だったかと思いますが周辺の町村と合併したようです。35年前の駅名標には秋田県大曲市という表示がありました(1985/3/26撮影)。ちなみにこの写真はいい旅チャレンジ20,000kmで田沢湖線踏破の際の証明写真...

三連休北東北20冬(3) 北上線 ほっとゆだ駅 ~駅併設の温泉に浸かってひと眠り~

6
ゆだ高原駅から折り返し北上行きに乗車、ひと駅戻ってほっとゆだ駅に到着です。2番線の到着。下車しま~す。 ほっとゆだ駅は岩手県和賀郡西和賀町川尻にある駅で、西和賀町の代表駅といえるかもしれません。元々は陸中川尻駅と呼ばれていました。私的にはそちらのほうが馴染みがあります。そして温泉のある駅としてよく知られていると思います。現在の駅名に改称されたのは1991(平成3)年6月のこと。「ほっとゆだ」という駅名、...

南九州駅巡り20冬(39) 日豊本線 延岡駅 ~宗太郎越えを控えて一泊~

4
南宮崎駅から日豊本線をのんびり北上して当面の目標だった延岡駅にたどり着きました。2番線に到着。 延岡駅は宮崎県延岡市の代表駅。現在は日豊本線の単独駅でJR貨物の駅でもあります。この先日豊本線の佐伯方面の運行状況はちょっと厄介で、これについては後ほど話したいと思います。また、かつては高千穂線という国鉄ローカル線が分岐していましたが、高千穂鉄道に転換された後、2005(平成17)年9月の台風被害で全線運休、そ...

南九州駅巡り20冬(36) 日豊本線 南宮崎駅と日南線 田吉駅 ~大淀川手前で足止め・・・日南線1駅区間を踏破~

2
北俣駅や青井岳駅に下車しつつ日豊本線を進み、宮崎の市街に入ってきました。列車の終点は宮崎駅ですが、やり残したことを片付けるため、一つ手前の南宮崎駅で下車することにします。1番線の到着。 南宮崎駅は宮崎県宮崎市東大淀にある交通の要衝となる駅です。乗り入れ路線は所属線の日豊本線と当駅を起点とする日南線の2路線。更に、宮崎空港線の全列車が日南線のお隣り田吉駅から乗り入れてくるため、実質は3路線というこ...

南九州駅巡り20冬(24) 鹿児島本線 川内駅 ~肥薩おれんじ鉄道に乗り継ぎ~

4
薩摩松元駅から鹿児島本線上り列車に乗車して終点の川内駅にやってきました。1番線に到着。ここで乗り継ぎです。 川内駅は鹿児島県薩摩川内市の代表駅。元々は川内市でしたが合併して薩摩川内市となりました。乗り入れ路線はJR九州の鹿児島本線と九州新幹線、そして肥薩おれんじ鉄道線の3路線があります。新幹線開業直前時点では鹿児島本線の単独駅でしたが、新幹線並行在来線の経営分離によって八代方面が肥薩おれんじ鉄道に...

南九州駅巡り20冬(18) 鹿児島本線 鹿児島駅 ~駅舎改築中の元鹿児島市代表駅~

0
鹿児島中央駅から鹿児島本線をひと駅進んで鹿児島駅にやってきました。4番線に到着です。 鹿児島駅はその名の通り鹿児島県鹿児島市の駅。県庁所在地の代表駅、といいたいところですがそれは過去のことで、現在はお隣の西鹿児島駅から改称された経緯のある鹿児島中央駅が代表駅の扱いです。乗り入れ路線は西から鹿児島本線、東から日豊本線の2路線が乗り入れておりどちらも終点となります。ちなみに駅の所属線は鹿児島本線。日...

南九州駅巡り20冬(9) 鹿児島交通バス (鹿屋→根占) ~根占港そばの温泉宿で一泊~

4
鹿屋市鉄道記念館などを訪問した後は、鹿児島交通バスで佐多方面に向かいます。バスは県道540号をしばらく南下、県道73号を右折、西進して浜田町というところで海岸近くに出ます。そこからは国道269号を海岸線に沿って上り下りしながら南下します。時折車窓に見える海に見入りながらバスは進みます。錦江湾に沈みゆく夕陽。・・・大河ドラマ「黄金の日日」のオープニングを思い出します。歴代大河ドラマのオープニングの中でも特に好き...

西日本完乗への道-岡山香川編(31) 伯備線 新見駅 ~中国山地縦走のお昼休憩~

4
津山駅から姫新線を西進して終点の新見駅にやってきました。2番線の到着です。 新見駅は岡山県新見市の代表駅。乗り入れ路線は当駅所属線の伯備線と当駅を終点とする姫新線の2路線ですが、芸備線の列車も当駅を起点として備中神代まで乗り入れているため実質は3路線となります。中国山地でいうと、津山駅や三次駅と並ぶ交通の要衝となっています。備後落合駅も含まれるかな・・・。駅構造は島式ホーム2面4線ですが、貨物列車など...

西日本完乗への道-岡山香川編(13) 四国フェリー (宇野港→高松港) ~「第一しょうどしま丸」でのんびり四国へ~

4
宇野駅からすぐ近くにある宇野港のフェリーのりばにやってきました。四国フェリーの切符売場に向かいます。四国フェリーの窓口↓ 時刻表を見ると高松行きは1日5便あるようですね。これから9:15発の第2便に乗船予定。窓口できっぷを買おうとしたら、車ではない人はこの手前にある自販機で購入しろとのことです。730円也。 しばらく待合室で待っていると船がやってきました。船は「第一しょうどしま丸」。着岸すると上下に扉...

週末パス19秋(18) 仙石線 (松島海岸駅→下馬駅) ~駆け足で松島観光~

0
松島海岸駅からまず南側海岸に向かいます。日本三景のひとつ、松島・・・。「日本三景」といえば、「松島」、「天橋立」、「宮島」の3つをいうそうです。駅巡りのついでに、3つの地に足を運ぶことができました。 天橋立・・・丹鉄宮津線 (天橋立駅→小天橋駅) ~予習不足だった天橋立~ 宮島(厳島)・・・宮島フェリー 宮島駅 ~夜の厳島神社~「日本新三景」というのもあるそうです。「大沼」「三保の松原」「耶馬渓」。こちらはかなり昔ですが、1か所だけ...

週末パス19秋(10) 奥羽本線 新庄駅 ~独特な駅構造~

4
狩川駅から陸羽西線を東に進んで終点の新庄駅に到着しました。3番線の到着。 やってきました新庄駅、山形県新庄市の代表駅です。乗り入れ路線は当駅の所属線である奥羽本線が南北を、当駅を起点とする陸羽西線が西、当駅を終点とする陸羽東線が東、と東西南北に伸びる3路線があります。運転系統でいうと、山形新幹線の終着駅であると共に、南北の奥羽本線が軌道の違いによって分断されているため、直通する列車がなく、実質は...

週末パス19秋(4) 羽越本線 岩船町駅 ~足止めでひと駅稼いで昼ご飯~

0
新発田駅で村上行きの電車に乗り継ぎました。乗車時はロングシートに座りましたが、中条駅で降車客が多数ありボックスシートに移動します。列車は米坂線の分岐する坂町駅に到着。ここから先はいよいよ未乗車区間に入ります。終点の村上駅は3駅先。12:05に到着予定ですが、その先の普通列車が13:47発の酒田行きまでないんですね~。ただ、その間に特急「いなほ」は2本あります。村上以北は普通列車が1日9本に対して特急が7本という特...

北海道完乗の旅19夏(58) 石勝線 楓信号場 ~石勝樹海ロードを歩いてかつての駅跡へ~

0
新夕張駅を出発して向かうは楓駅跡。楓駅は前回少しお話した夕張線登川支線の唯一の中間駅でしたが、1981(昭和56)年7月に支線廃止とともに廃駅となりました。その3か月後の石勝線開業時に、その代替として石勝線上に新たに楓駅が開業します。当時は新夕張方面から普通列車が当駅で折り返すという実質終着駅のような運行形態でしたが、利用者減少で末期は1日1往復、しかも日曜運休という状況となり、2004(平成16)年3月に旅客扱いが...

北海道完乗の旅19夏(56) 石勝線 占冠駅 ~1日6往復の停車が特急だけの町外れの駅~

4
新得駅から特急「スーパーとかち」に乗車して石勝線を上ります。列車は山深くの無人地帯を進みます。駅間区間が長く、駅よりも信号場の方が多い区間です。しばらく走り定刻より少し遅れてトマム駅に停車です。この駅では結構な人数が乗車してきました。こちらは車窓から↓ ホーム端っこにある待合室らしき建物ですが使用不可のようです。トマム駅は北海道で最も高い駅。地名のほうは「苫鵡」と書くそうです。元々石勝高原駅という駅名で...

北海道完乗の旅19夏(44) 札幌市電で街をひと回り

2
札幌市営地下鉄南北線のすすきの駅までやってきました。ここから札幌市電に乗車します。「札幌市電」は札幌市交通局の運行する路面電車です。路面電車は4年前の函館市電以来2つ目の乗車となりました。実は自宅のすぐそばを都電荒川線が走っているのですが、未だに乗車したことがありません^^;札幌市電は過去には多数の運転系統があったそうですが、路線廃止や改良などを経て現在は以下の4つの路線が環状線の形になっていて、周回運行...

北海道完乗の旅19夏(38) 函館本線 滝川駅 ~変わりゆく駅前広場~

4
深川駅から札幌行の特急「ライラック」に乗車して滝川駅に到着しました。5番線の到着です。 滝川駅は滝川市の代表駅。乗り入れ路線は所属線である函館本線と当駅から分岐する根室本線の2路線です。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム2面4線で計3面5線。のりばは1,4,5,6,7番とあります。駅舎は単式1番ホームの東側に面しており、ホーム間は跨線橋で連絡しています。それでは駅の様子を観察です。特急を下車したホーム向かいの...

北海道完乗の旅19夏(27) 根室本線 釧路駅 ~昔ながらのターミナル駅~

6
根室駅から花咲線を乗り通して2時間半ほどで釧路駅に戻ってきました。5番線の到着。時刻は21:38。 釧路駅は釧路市の代表駅。乗り入れ路線は根室本線のみですが、釧網本線の全ての列車も隣の東釧路駅から乗り入れており実質2路線となっています。また根室本線の根室方面は「花咲線」という愛称が付けられており、この駅で運転系統が完全に分断されています。ちなみに1986年当時の時刻表を見ると、厚岸発大楽毛行きと厚岸発白糠行...

北海道完乗の旅19夏(17) 根室本線 帯広駅 ~十勝地方の中心駅~

8
今年の夏の旅の続きです。幸福バス停から十勝バスに乗車して国道236号を更に北上します。この辺りから大正27号、大正26号・・・といった名のバス停がずらっ~と、しかもちょこちょこと並びます。大正シリーズを過ぎると国道から一旦外れて愛国バス停に停車。駅舎は見られず・・・その後は札内川を渡って帯広の市街に入っていきます。乗車客も増え、イオンの駐車場内のバス停に停車したりといろいろ寄っていき、帯広駅南口が見えたところ...

北海道完乗の旅19夏(14) 日勝線 えりも岬 ~霧の襟裳岬~

6
様似駅から日勝線バスでえりも駅を経由してえりも岬バス停までやってきました。バス停の様子↓ 小さなバス待合所があります。あとは霧が深くてな~んも見えません・・・ その待合所のすぐ後ろには広い駐車エリアと「えりも岬観光センター」がありました。中に入ると現地の海産物などがずらっと並んでいます。館内には吉田拓郎の「襟裳岬」♪がずーっと流れてましたが、森進一が歌ってるわけでもなく誰が歌ってるのかわかりません...

19GW北京都と兵庫(30) 加古川線 西脇市駅 ~ラーメンの街の乗継ぎ駅~

12
社町駅から加古川線を北上して3駅目、列車の終点の西脇市駅にやってきました。2番線に到着。時刻は12:30。この駅で乗り継ぎです。 西脇市駅は駅名の通りの兵庫県西脇市野村町に所在する西脇市の代表駅。加古川線の単独駅ではありますが、運行上の拠点になっており、1日に1本だけこの駅を越えて運転される列車以外は全て乗り継ぎが必要になります。また、ここから谷川方面の列車本数は極端に少なくなります。計画していた時に...