きゃみの駅訪問

北陸駅巡り23夏-富山黒部編(22) 黒部峡谷鉄道本線 宇奈月駅 ~始発のトロッコ列車に乗車~

2
富山地方鉄道の宇奈月温泉駅にやってきました。これから黒部峡谷鉄道に乗り継ぎます。駅前通りを奥に歩いていくと駅が見えてきました。黒部峡谷鉄道の宇奈月駅です。宇奈月駅は富山県黒部市黒部峡谷口にある黒部峡谷鉄道の駅。黒部峡谷鉄道本線の始点となります。営業列車は全てトロッコ列車。線路はナローです。開通は1925(大正14)年6月のことで、当時の日本電力が工事用軌道として開通したそうです。駅は関西電力が旅客営業を開...

西日本完乗への道-丹後北陸編(28) 北陸鉄道石川線 鶴来駅 ~石川線の現在の終着駅~

0
野町駅から北陸鉄道石川線を折り返しました。32分ほど走って終点の鶴来駅に到着です。1番線着。 鶴来駅は石川県白山市鶴来本町にある北陸鉄道の駅で石川線の終点。「つるぎ」といえば・・・大阪~新潟間を走ったブルートレイを思い出します。まあ、列車名の由来は「剱岳」だと思うので、こことは関係ないかと思います。今でこそ石川線の終着駅ですが、かつてはこの先の加賀一の宮駅まで線路は続いていました。2009(平成21)年11月に廃...

関東日帰り-東上熊谷編(7) 秩父鉄道秩父本線 武川駅 ~ゴダイゴと色とりどりの電気機関車~

4
寄居駅から秩父鉄道の羽生行きに乗車しました。線路はしばらく八高線と並走した後、分かれて東に向かいます。ここから先は未乗車の区間・・・どこか途中駅で下車してみようと思います。当初は貨物線が分岐しているという武川駅を漠然と考えていましたが、寄居駅で・・・「次は武川で機関車見に行こうね~」という親子連れパパの話が聞こえてきて下車することに決めました(笑)列車はその武川駅に到着。2番線着、下車します。遠くにもう見え...

九州駅巡り21夏-筑豊編(38) 平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線 関門海峡めかり駅 ~EF30とトロッコ「潮風号」~

4
関門トンネル人道で関門海峡を渡って九州に戻ってきました。人道口から丘の中腹にある道を海に沿って歩いていくと公園に出てきました。「和布刈公園」です。その片隅に保存車両がいました。EF30の1号機ですね~。ブルートレインも牽いていたという子供の頃の憧れの機関車「EF30」。海水にも強いステンレス車体の交直流両用電気機関車で、関門トンネルでしか見られない機関車でした。交直デッドセクションが下関~門司間にあるのは以前...

東海私鉄駅巡り20夏(42) 関西本線・三岐鉄道三岐線 富田駅 ~貨物列車の機関車付け替え~

0
近鉄富田駅からJRの富田駅まで徒歩で向かいます。密集住宅地の細道をかくかく進み、玄関口で昼寝する猫たちに和んだりしながら進んでいくと、富田駅の駅舎が見えてきました。なかなか良い構えの駅舎。こちらは西口になります。下車印貰えるかなと思って入ってみたら・・・駅舎内はがら~ん。がらんどうぶりが半端ないです。窓口もシャッターが下ろされていました。なんと無人駅だったのでした。2011(平成23)年に無人化されたそうです...

東海私鉄駅巡り20夏(40) 三岐鉄道三岐線 西藤原駅 ~鉄道公園と化した三岐線の終着駅~

4
伊勢治田駅から三岐鉄道三岐線の西藤原行きに乗車しました。列車は次の東藤原駅に停車。構内にはセメントタンク車が並び、その先にデッキ付きのELがいました。伊勢治田駅で見かけたELかな?奥には炭酸カルシウム?の白いホキも見られます。こちらの駅まで歩いても良かったなあ~。更に2駅進んで終点の西藤原駅に到着しました。 西藤原駅は三重県いなべ市藤原町大貝戸にある三岐鉄道三岐線の終着駅。三重県最北端の駅になりま...

東海私鉄駅巡り20夏(4) 岳南電車岳南線 岳南富士岡駅 ~電気機関車の佇む素晴らしい駅構内~

6
岳南江尾駅から岳南線の単行電車に乗車しました。岳南電車岳南線は吉原~岳南江尾間の9.2kmの電化路線。住宅地や工場地帯をガタゴト進みます。単行電車は路面電車やケーブルカー以外だと山口県の小野田線に乗車した時以来かもしれません。列車は次の神谷駅に到着。1面1線の無人駅。この時点で岳南線の乗りつぶしは完了です^^;前回訪問時も東田子の浦駅から同じルートで岳南江尾駅にやってきたのですが、列車が待ちきれずに隣の神谷...

17GW北陸駅巡り(20) えちぜん鉄道勝山永平寺線 勝山駅 ~九頭竜川沿いを行く勝山永平寺線の終点~

2
三国港駅から折り返して一旦福井駅に戻ってきました。昼食をとってから再びえちぜん鉄道の構内に入ります。次は2番線にいる勝山永平寺線の勝山行きに乗車します。車両はMC6101形の"6110"単行。三国芦原線と同様に女性アテンダントさんが乗務されていました。勝山永平寺線は福井駅から東に進み、永平寺口を経由して勝山までを結ぶ路線で九頭竜川沿いを走ります。特に後半の勝山に近い方には、なかなか魅力的な小駅が目白押しでした...

ぐんまワンデー世界遺産パス(7) 上毛電気鉄道上毛線 大胡駅 ~木造電車庫と旧型車両たち~

10
中央前橋駅から上毛電気鉄道上毛線に乗車しました。列車は短い駅間をちょこちょこ停車しながら、8駅目の大胡駅に到着。ここで下車しました。 大胡駅の駅構造は島式ホーム1面2線。ですが、車庫が隣接していることもあって、両側に側線があり留置車両も見られました。赤い700型第3編成青いのは700型第2編成。奥には大胡電車庫が見られます。構内踏切を渡って駅舎に向かいます。駅舎は小さな木造です。駅の開業は1928(昭和3)年で...

ぐんまワンデー世界遺産パス(2) 上信電鉄上信線 高崎駅 ~構内に佇む旧型電気機関車~

8
高崎線上野始発のグリーン車に乗車して高崎駅にやってきました。高崎駅では横川行きの信越本線始発の121Mに約3分の接続です。115系湘南色がいると、思わずカメラを向けてしまいます。今回はこれには乗車せずに一旦改札を出て上信電鉄のりばに向かいます。まずJRの券売機で「ぐんまワンデー世界遺産パス」を購入してから向かいます。上信電鉄のりばはJRの旧1番ホームの南側に頭端式の0番線があります。前回訪問時はここで記念に硬券入...

秩父フリーきっぷ(9) 秩父鉄道秩父本線 三峰口駅 その2 ~秩父鉄道車両公園と都営電車~

2
三峰口駅の裏手には秩父鉄道車両公園が整備されています。駅の奥の小さな踏切を渡って、駅舎とは線路を挟んだ反対側に入口があります。セメントや石灰石輸送用の貨車、緩急車、電車、電気機関車などが展示されていました。SL転車台は駅構内にあり、鉄道車両公園とは柵で区切られていますが、間近で見ることができます。当日はパレオエクスプレスの運転日だったのでC58の機回しの時は多くの見学客で賑わっていました。それでは例に...

秩父フリーきっぷ(7) 秩父鉄道秩父本線 (野上駅→寄居駅) ~電気機関車デキ500形に出会う~

4
長瀞駅からひと駅北上して次は野上駅で下車しました。秩父フリーきっぷのフリー区間はこの駅までとなります。 野上駅の所在地は埼玉県秩父郡長瀞町ですが、元々は野上町を名乗っていたこともあって、長瀞町役場もこの駅から近く、駅周辺は長瀞町の中心になるようです。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線。ホーム間は構内踏切で結ばれています。駅舎は木造平屋建てです。この駅も他の駅と違わずなかなかい...