きゃみの駅訪問

南九州駅巡り20冬(46) 日豊本線 日出駅と大神駅 ~難読駅名の並ぶ区間を刻んで進む~

0
豊後豊岡駅から日豊本線上り日出行きの415系に乗車しました。海岸近くを東に2駅進むと、すぐに終点の日出駅に到着。2番線着。ここで強制的に乗り継ぎです。 日出駅は大分県速見郡日出町にある単独駅。「ひじ」と読む難読駅名です。駅名のとおり日出町にある駅なのですが、町役場は1987(昭和62)3月に開業した請願駅の暘谷駅の方に近く、そちらが日出町の中心地のようです。ちなみに「ようこく」と読みます。ハローキティなどのサン...

南九州駅巡り20冬(42) 日豊本線 (臼杵駅→佐志生駅→大分駅) ~豊後水道の半島群を1つ1つショートカット~

4
佐伯駅から日豊本線上りの日出行きに乗車しました。鹿児島の隼人駅から乗り継いできた日豊本線踏破旅も難関区間を越えて中盤といったところでしょうか。この辺りは予習もしておらず正直よくわかっていない区間です。臼杵と杵築が区別付かない・・・、日出って?佐志生ってどう読むの?といったような感じです。佐伯からほぼ豊後水道沿いを進んで3駅目、たまたま撮った浅海井駅です。「あざむい」と読む、これもまた難読駅名。九州最東端...

南九州駅巡り20冬(16) 指宿枕崎線 指宿駅 ~「砂蒸し」指宿温泉の玄関口~

2
枕崎駅から鹿児島中央行きの上り列車に乗車しました。席は海側ボックスを確保です。再び開聞岳を望みながら東に進みます。この風景は記憶が曖昧ですが、山川駅手前の車窓、山川湾かな? この辺りから進路を北にとります。こちらは山川~指宿間の海枕崎から1時間10分ほど、列車は指宿駅に到着です。3番線着。ここではなんと14分間停車します。嬉しいですね(笑) 指宿駅は鹿児島県指宿市の代表駅で指宿温泉の玄関口、そして指宿...

西日本完乗への道-岡山香川編(40) 赤穂線 日生駅 ~土砂降りの港の駅でしばらく足止め~

4
岡電巡りを終えて岡山駅にやってきました。ここからは赤穂線経由での東京への帰路となります。乗車するのは4番線発の播州赤穂行き。4連最後尾のクハ115-1217に乗車、ボックス相席でした。この時点で当初の計画とほぼ同じ行程に戻ることができました。 列車は東岡山駅で山陽本線と別れて赤穂線に入ります。乗車しているうちに腹痛は落ち着きました。よしよし。とりあえずスマホで京都からの新幹線の予約をしておきます。しばら...

北海道完乗の旅19夏(56) 石勝線 占冠駅 ~1日6往復の停車が特急だけの町外れの駅~

4
新得駅から特急「スーパーとかち」に乗車して石勝線を上ります。列車は山深くの無人地帯を進みます。駅間区間が長く、駅よりも信号場の方が多い区間です。しばらく走り定刻より少し遅れてトマム駅に停車です。この駅では結構な人数が乗車してきました。こちらは車窓から↓ ホーム端っこにある待合室らしき建物ですが使用不可のようです。トマム駅は北海道で最も高い駅。地名のほうは「苫鵡」と書くそうです。元々石勝高原駅という駅名で...

19GW北京都と兵庫(10) 山陰本線 石原駅 ~超難読駅名~

16
綾部駅から山陰本線下り列車でこの日のお宿の福知山駅に向かいますが、まだ日もあるのでもう一つだけ下車駅稼ぎすることにしました。下車したのは福知山の一つ手前の石原駅。 石原駅は京都府福知山市の駅。1904(明治37)年11月、福知山~綾部~舞鶴が開通、更に現在の福知山線が福知山駅に乗り入れることで大阪と直通できるようになった時に開業。古い歴史を持つ駅です。この駅名・・・駅名標を見てもわかるように、「いしはら」で...

19春の房総横断(8) 小湊鉄道線 海士有木駅

6
上総大久保駅から五井行きの3連気動車に乗車しました。車内は既に満席で立ち客もある状態だったので、つり革につかまります。この後は月崎、飯給、里見、高滝と魅力的な駅が並びます。私の各駅のイメージは、 飯給駅・・・桜の水鏡が独特な景観の駅 里見駅・・・列車交換可能な数少ない有人駅(ヘッダ画像にもしています) 高滝駅・・・なんといっても猫(笑)月崎駅だけはまだ下車したことはなかったので下車第一候補ではありましたが、この...

佐賀長崎駅巡り18冬(14) 大村線 彼杵駅 ~国鉄急行色の気動車~

6
佐世保駅からは快速シーサイドライナーに乗車して佐世保線を上ります。15分ほど走ると大村線が分岐する早岐駅に到着です。ここでは9分ほどの停車時間がありました。早岐駅は前夜に一通り撮影したので今回は車内で大人しくしてました。>>前夜の早岐駅の様子快速はここから大村線に入線します。大村線の次の駅はハウステンボス駅。車窓西側には洋風づくりの素晴らしく立派な建物が見られました。大村線は西側に席をとるほうが...

週末パス17師走(15) 左沢線 左沢駅

6
羽前長崎駅に立ち寄ってからは左沢線を下って終点の左沢駅に到着しました。これにて今回6路線目の左沢線の踏破完了です。 左沢駅は山形県西村山郡大江町の中心地にある駅で左沢線の終着駅。予定ではこの駅で8分の折り返しに乗車して左沢線を戻る予定でしたが、列車が遅れて到着したのもあり、いつ折り返すか分からない状態での撮影です。線路終端の様子。線路は駅構内すぐ先で途切れています。駅舎内の様子。みどりの窓口もあ...

北海道駅巡り86冬 名寄本線 興部駅

12
紋別駅から名寄本線をオホーツク海沿岸に沿って北上すること30分ほどで興部駅に到着しました。ここで8分ほど停車です。興部と書いて「おこっぺ」と読みます。駅名の由来はアイヌ語で「オ・ウコッ・ペ」で川尻の合流点という意味なんだそうです。駅は紋別郡興部町に所在していました。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線でした。かつてはここから雄武まで興浜南線が分岐していました。興浜南線は、天北線の浜頓別から...

休日おでかけ青梅線(12) 青梅線 福生駅から八高線 東福生駅へ

4
青梅駅から青梅始発上り列車クハE232-522に乗車して福生駅で下車しました。青梅線も青梅以東の沿線はのんびりした山間の雰囲気ががらりと変わって郊外都市の雰囲気になります。駅構造は島式ホーム1面2線。現在は拝島駅管理の業務委託駅でみどりの窓口は2005年3月に廃止されました。その代わりに「もしもし券売機Kaeruくん」という自動券売機が設置されました。Kaeruくんはリモートマルスといわれ、合理化のためみどりの窓口の代わり...

18きっぷ秘境駅の旅(6) 飯田線 為栗駅

6
秘境感満点だった田本駅を発ち、上り列車で2駅ほど戻って為栗駅で下車しました。この駅では私以外にも7,8人ほどの下車がありました。皆さん秘境駅訪問が目的のようです。 「為栗」と書いて「してぐり」とよむ難読駅名でも知られているこの駅は秘境駅にも数えられています。秘境ランキングは全国17位。指数で最も高いのは外部到達難易度の15です。駅構造は単式ホーム1面1線の無人駅。豊橋方面を望む飯田方面を望む。ホーム上には開...

北海道完乗の旅16夏(34) 函館本線 倶知安駅

4
函館本線は小樽駅から余市駅まで海岸に沿って進み、その後積丹半島の付け根を進みます。そして山側に入ったところに列車の終点、倶知安駅がありました。2番線に到着、私は眠ってしまっていたらしく到着後車掌に起こされて下車しました・・・ここで乗り継ぎです。 倶知安駅は、虻田郡倶知安町の代表駅。北海道の中でも特に面白い駅名ですよね。駅名の由来はアイヌ語の「クチャ・ウン・ナイ」(猟人のいる小屋のある沢)から来ているそう...

北海道完乗の旅16夏(9) 宗谷本線 音威子府駅 ~かつての天北線分岐駅~

8
名寄駅ではそれまで乗車していた学生がほぼ下車して、身軽となったキハ54 511の単行で宗谷本線を更に北上します。その後美深駅で列車交換を行い更に北上、途中の駅を車内から・・・紋穂内駅車掌車の駅舎。アイヌ語の「モム・ポ・ナイ」(川尻に野原のある川)が語源らしい恩根内駅1993年改築の簡易駅舎。「オンネ・ナイ」(親である川)に由来車窓の風景。ちょっと雨模様で霧もかかってしまっていますね。天塩川温泉駅そばの踏切の様子参院選前で...

わたらせ渓谷駅巡り(4) わたらせ渓谷線 神戸駅 ~列車のレストランのある桜の駅~

8
大間々駅で列車を乗り継いで、次に神戸駅で下車しました。神戸は「こうべ」ではなく「ごうど」と呼びます。「神戸」とつく駅名は全国にいくつもあって調べてみると面白いです。 神戸駅は草木湖などへのバスも発着する観光拠点の駅です。日光東照宮や中禅寺湖への鉄道を利用するツアーでは、ここで乗り換えるルートもあるようでツアー客も多いようですね。ここでは上り列車との交換が行われました。小中方面を望む。上り列車が2番線...

九州駅巡り16冬(28) 肥薩線 大畑駅 ~ループとスイッチバックの秘境駅は霧の中~

8
人吉駅から「いさぶろう」に乗車して肥薩線を南下します。この人吉~吉松間はその昔鹿児島本線の一部でしたが、SLが貨車や客車を牽いて登っていった急勾配の連続区間です。当時のD51は人吉から次の大畑駅まで1トンもの石炭を消費したといわれています。SLが煙をもくもくと上げて勾配を登っていく光景が想像できます。そして、最初の駅大畑駅に到着です。「大畑」と書いて「おこば」と読む難読駅名ですが、ファンにはよく知られている駅で...

銚子電鉄駅巡り(2) 総武本線 (八街駅→八日市場駅→松岸駅) ~荷物だけが一人旅・・・~

6
佐倉駅では銚子行きの総武本線列車に乗車してこのまま銚子駅まで向かうつもりです。時刻表を確認したところ途中の八街で9分、八日市場で5分、旭で4分、猿田で4分、そして松岸で4分間停車することがわかりました。停車時間で下車印もらって駅舎も撮影できそうです!ということでまずは八街(やちまた)駅です。ここも佐倉駅と似たような両側階段の山型外観の橋上駅舎です。9分停車なので余裕をもって撮影、下車印もいただきました。次...

休日おでかけ房総15夏(9) 東金線 求名駅と東金駅

8
大網駅から東金線に乗車しました。東金線は外房線と総武本線を結ぶ13.8kmの路線です。千葉駅からの直通運転が多数ありますが、1往復だけ東京駅から直通の快速も運転されています。途中駅は3つ、そのうちの1つ求名駅で下車してみました。「求名」と書いて「ぐみょう」と呼びます。難読ですね。 駅構造は島式1面2線ですが、この駅の変わっているところは駅窓口がホーム上にあることです。業務委託の駅員さんもいて、下車印は無いと...

北海道駅巡り15夏(28) 函館本線 長万部駅 ~海線と山線の分岐点~

10
小幌駅の訪問を達成して、ここからは東京への帰路に入ります。室蘭本線を西へ~次の駅の静狩駅を車窓から。板張りですがどっしりとした感の駅舎です。その次の駅、列車の終点の長万部駅3番線に到着しました。 ここで函館行きのスーパー北斗2号に6分で乗換えができますが、駅でのんびりしたい気分に駆られ、次発の北斗4号まで駅に滞在することにしました。長万部駅は函館本線所属の駅で室蘭本線の起点駅でもあります。函館本線...

北海道駅巡り15夏(20) 留萌本線 北一已駅

6
増毛駅から上り深川行き単行気動車に乗車、終点深川の一つ手前の北一已駅で下車しました。「きたいちやん」・・・この駅名も難解です。実はこの駅ではブログで知り合ったモリゴロウさんと会う約束をしていました。なんとモリゴロウさんご夫婦がホームでお出迎えしてくれました(^^)深川方面に走り去る単行気動車。まずは構内から駅舎撮影です。国鉄風の駅名標がまだ健在です。モリゴロウさんには駅についていろいろと教えてもらいました...