きゃみの駅訪問

南九州駅巡り20冬(7) 日南線 志布志駅 ~大隅半島のかつてのジャンクション~

8
油津駅から乗車した列車は日南線を進み、終点の志布志駅に到着しました。これにて日南線の完乗・・・とはまだいきません。南宮崎~田吉間がまだでしたね・・・ はるばる来ました志布志駅、鹿児島県志布志市の代表駅で日南線の終着点。所在地は鹿児島県志布志市志布志町志布志。「志」がずらっと並びます。志布志駅・・・かつては北からの志布志線と西からの大隅線、そして東からの日南線という3路線が接続しており、広い構内を持った駅で...

西日本完乗への道-岡山香川編(3) 姫新線 津山駅 ~岡山内陸部の鉄道の要衝~

4
姫路駅から姫新線を乗り継いで津山駅にやってきました。3番線着。構内には「線路は続くよどこまでも」が流れます♪ 津山駅は中国地方の中心都市であり城下町の岡山県津山市の代表駅。運転区も置かれた岡山県内陸部の交通の要衝です。この駅は以前から訪問してみたかった駅の一つで、やっと念願かないました。乗り入れ路線は当駅の所属線である姫新線と当駅が終点となる津山線の2路線ですが、因美線の全列車がお隣の東津山駅から...

週末パス19秋(2) 信越本線 新津駅 ~「SLばんえつ物語」の出発~

8
新潟駅から「SLリレー号」に乗車、ノンストップで新津駅にやってきました。2番線に到着すると、ホームを挟んだ隣の3番線には「SLばんえつ物語」が既に入線していました。機関車の形式はC57 180、美しい外観です。ホームは家族連れなどの観光客でいっぱいです。出発にはまだ時間があるようで、機関車の運転室に試乗できるイベントが行われていました。 「SLばんえつ物語」は、新津~会津若松間を走る列車で全席指定の臨時快速です。...

19GW北京都と兵庫(11) 山陰本線 福知山駅 ~機関区も置かれた鉄道のまちの駅~

12
石原駅にちょこっと立ち寄った後、ひと駅だけ乗車して列車の終点の福知山駅に到着しました。3番線着、お隣には特急列車が停車中。 福知山駅は城下町である京都府福知山市の代表駅であり、北京都の交通の要衝です。乗り入れ路線は所属線の山陰本線、終点となる福知山線が南、そして京都丹後鉄道の宮福線が北から乗り入れており、当駅が終点になっています。JRの駅構造は高架上に島式ホーム2面4線と単式ホーム1面1線の合計3面5...

天浜線駅巡り(5) 天竜浜名湖線 天竜二俣駅 その1 ~国鉄二俣線 遠江二俣駅~

8
二俣本町駅から0.6kmを徒歩で移動して天竜二俣駅近くまでやってきました。まもなく駅というところで静態保存されている車両を発見しました。車両は2両。手前側にはキハ20 443。この車両は旧国鉄二俣線で25年間活躍したそうです。もう一両は20系客車ナハネ20 347。この客車は主にブルートレインの「あさかぜ」として活躍していました。駅前にやってきました。道を挟んだ駅前には機関車公園があってはSLも保存されています。C58 389で...

秩父フリーきっぷ(9) 秩父鉄道秩父本線 三峰口駅 その2 ~秩父鉄道車両公園と都営電車~

2
三峰口駅の裏手には秩父鉄道車両公園が整備されています。駅の奥の小さな踏切を渡って、駅舎とは線路を挟んだ反対側に入口があります。セメントや石灰石輸送用の貨車、緩急車、電車、電気機関車などが展示されていました。そして、SL転車台は駅構内で鉄道車両公園とは柵で区切られていますが、間近で見ることができます。当日はパレオエクスプレスの運転日でしたのでC58の機回しの時は多くの見学客で賑わっていました。それでは例...

秩父フリーきっぷ(8) 秩父鉄道秩父本線 三峰口駅 その1 ~SLパレオエクスプレス~

6
寄居駅から乗車した列車は秩父本線終点の三峰口駅に到着しました。三峰口駅は埼玉県秩父市の荒川地区(旧荒川村)にある駅で、埼玉県の最西端の駅になります。駅名のとおり三峯神社への玄関口であり、また秩父湖や中津峡も近くこれらへはここから西武観光バスが出ています。駅構造は、単体ホーム1面1線に島式ホーム1面2線の計2面3線、終着駅らしく他にも多数の留置線があります。ホーム間は終点側にある構内踏切で結ばれています。駅...

ときわ路パス(8) 真岡鐵道真岡線 茂木駅 ~真岡線の終着駅~

4
多田羅駅から下り列車に乗車して真岡線終点の茂木駅に到着しました。駅構造は単式ホーム1面1線。構内には蒸気機関車用の転車台があります。先に到着していたSLもおか号のC11は転車台で既に向きを変えていました。駅名標は国鉄時代のものがそのまま残っていました。栃木県芳賀郡茂木町、茂木駅は栃木県の最東端の駅です。茂木といえば自動車レース場の"ツインリンクもてぎ"ですね。駅からはバスで20分ほどの距離にあります。ツイン...

ときわ路パス(7) 真岡鐵道真岡線 多田羅駅 ~ひと駅稼ぎ・・・緑の中でのんびり過ごす~

0
益子駅から「SLもおか号」に乗車して2駅目の多田羅駅で下車しました。普通の乗客は終点の茂木駅まで乗車される思いますが、一つでも訪問駅を稼ぐべくこの駅で降りてみました。下車したのは私だけ・・・出発を待ち煙を上げるC11 325「SLもおか号」は多田羅駅を出発していきました。さいなら~(^^)/~~~SLが去った後の駅はとても静かでした・・・多田羅駅は単式ホーム1面1線の緑に囲まれた静かな駅です。駅周辺にはスイレンで有名な多田羅沼やツ...

ときわ路パス(6) 真岡鐵道真岡線 益子駅 ~SLもおか号~

10
真岡駅の次に下車したのは益子駅。この駅も国鉄真岡線以来の訪問です。 益子駅は「瀬戸」や「有田」と並ぶ焼き物の町である栃木県芳賀郡益子町の中心駅です。駅構造は単式ホーム1面1線。駅を跨ぐ自由通路の跨線橋があり、そこから撮影しました↓益子駅の駅舎はちょっと不思議な構造です。真ん中に瓦屋根だけの建屋があり、両側に塔が立っています。片方の塔は時計塔にもなっています。「焼き物の街に配慮した瓦屋根の駅舎にツインタ...

ときわ路パス(5) 真岡鐵道真岡線 真岡駅 その2 ~SLキューロク館~

2
真岡駅では「SLキューロク館」に立ち寄ってみました。館はSLの形を模した真岡駅駅舎と双子のように並んでいます。~真岡市SLの走るまち拠点施設「SLキューロク館」~『施設の名称は、館内に展示している9600形蒸気機関車が大正時代の代表的な蒸気機関車の一つであり、太いボイラー、短い化粧煙突、低い二つのドームにかたどられた雄姿で、「キューロク」の愛称で多くの人々に親しまれたことから「SLキューロク館」と名付けました。』...

ときわ路パス(4) 真岡鐵道真岡線 真岡駅 その1 ~駅全体がミュージアムと化した駅~

4
騰波ノ江駅と大宝駅に立ち寄ってから常総線を北上、列車は終点の下館駅に到着しました。5番線の到着です。ここで真岡鐵道真岡線に乗換えです。接続が良かったので駅観察は復路で行うことにして、1番線の真岡線列車に乗車します。車両はスイカ色のモオカ14形の14-8と6の2連でした。そして真岡線で最初に下車したのは茨城県真岡市の中心駅、真岡駅。 この駅構内には車両基地があり、また保存車両も展示されており様々な車両が見...

大井川鐵道駅巡り(11) 大井川本線 新金谷駅 ~大井川鐵道の様々な車両たち~

8
家山駅から乗車したSLかわね路号では、昭和の風情溢れる旧客の座席に座って汽車旅をのんびり過ごしました。 25分ほど走って列車は終点の新金谷駅に到着です。新金谷駅の駅構造は島式ホーム1面2線ですが留置線が多数あり、様々な車両が留置されていて大変賑やかでした。見える範囲で撮影した車両の紹介です。21000系電車昭和33年に南海高野線の急行・特急用として製造されました。高野山の急勾配を登り、平地でも高速で走行する...

大井川鐵道駅巡り(10) 大井川本線 家山駅 ~SLかわね路号に乗車~

6
千頭駅から元南海電車に乗車して家山駅で下車しました。 家山駅は現在は島田市に所在していますが、島田市に編入合併される前は川根町の中心駅でした。SL急行も含めて全列車が停車する有人駅です。駅構造は島式ホーム1面2線でいくつかの留置線を持っています。その留置線には既に運行を終えた車両が留置されていました。塗装が剥げかけている元京阪「テレビカー」こと3000系です。昭和46年製造。京阪とはゲージが異なるため台車...

大井川鐵道駅巡り(9) 大井川本線 千頭駅 その2 ~SLかわね路号と80年代の千頭駅~

2
奥泉駅から寸又峡線バスで千頭駅に戻ってきました。時刻は13:30頃、朝に訪問した時とは違って駅は大変な賑わいでした。トーマスフェア目当ての家族連れが多かったですね。まずは改札で帰りの列車の切符を購入しました。帰りはSL急行「かわね路」に乗車する予定です。駅構内に入ると3番線に早速SLが見られました。C56 44に旧客編成です。これがSLかわね路号となるようです。ちなみにこのC56 44はシーズンになると赤い機関車ジェームズ...

大井川鐵道駅巡り(4) 大井川本線・井川線 千頭駅 その1 ~きかんしゃ「パーシー」と「ヒロ」~

8
金谷駅から普通列車に乗車して大井川本線を北上します。線路は大井川にほぼ並走する形で進んでいきます。途中の家山駅に到着。上りの元南海電車と列車交換です。この駅は帰路に下車予定です。更に北上、金谷から1時間20分ほどで大井川本線の終点、千頭駅に到着しました。 千頭駅は寸又峡温泉の玄関口。大井川本線の終点、井川線の起点の駅でもあります。駅構造は3面5線、そのうちの1~4番線は頭端式の2面4線で大井川本線列車...

九州駅巡り16冬(31) 肥薩線 吉松駅 ~特急「はやとの風」~

6
真幸駅をスイッチバックして発った列車は更に県境を越えて鹿児島県に入ります。そして、「いさぶろう」の終点、吉松駅に到着です。人吉駅から乗車して距離にして約35kmの山線を1時間10分ちょっとで走ってきたことになります。2番線に入線。 「いさぶろう」の隣の1番線には、更に肥薩線を南下して日豊本線を通って鹿児島中央駅に向かう特急「はやとの風1号」が出発を待っていました。3分の接続です。特急「はやとの風」は「いさぶろう」「...

九州駅巡り16冬(29) 肥薩線 矢岳駅 ~矢岳越え~

12
列車は大畑駅でスイッチバックして更にループ線を登っていわゆる「矢岳越え」に挑みます。更に登って登って県境のすぐ手前の矢岳駅に到着です。大畑駅のときの深かった霧はこの駅では晴れていました。 矢岳駅は標高536.9m、肥薩線で最も高い位置にある駅です。下車して真っ先に撮った駅舎。大畑駅と瓜二つの姿で、こちらも古くからの木造です。明治42年に陸の孤島と言われた場所に鉄道が開通して付近に集落ができ、大正期には駅...

九州鉄道記念館の車両たち その1

14
門司港駅の駅前や港をぶらりした後は、今回の旅の目的のひとつ、九州鉄道記念館を訪問してきました。駅から記念館に向かう途中にはその名も「九州鉄道記念館」という駅がありました。平成筑豊鉄道の門司港レトロ観光線の駅で、ここから関門海峡めかり駅までトロッコ列車が走っているそうです。ここの駅名はネーミングライツで命名権をJR九州が購入して命名したとのこと。今回は残念ながらトロッコ列車は見られませんでした。九州鉄道...

15GW山陰駅巡り(33) 山口線 山口駅 ~地方交通線上にある唯一の県庁所在地駅~

0
津和野駅から「SLやまぐち号」に乗車して県庁所在地の山口駅までやってきました。1番線着。「やまぐち号」はこの駅でしばらく停車します。 ここで下車した乗客たちが機関車のそばに集まって記念撮影などを行っていました。まもなく出発です。駅構内には「出発の汽笛が鳴ります。お子様のお耳をふさぐなどの準備をお願いします~」的な案内がありました。ついこの間、秩父鉄道のパレオエクスプレスでめちゃくちゃでかい汽笛音を体験...