三連休北東北20冬(19) 奥羽本線・青い森鉄道線 青森駅 ~「津軽ぅ~海峡ぉ~冬景色ぃ~♪」~

2
野辺地駅から青い森鉄道線の下り列車に乗車して1時間弱で終点の青森駅に到着しました。2番線の到着です。時刻は19:40。 青森駅は言うまでもなく青森県青森市の代表駅で、かつての北海道への玄関口。青森駅ほどその役割や機能が激変(激減?)していった駅もなかなか無いと思います。北の玄関口としての役割は、大きく以下のように変遷していったと思います。 東北新幹線盛岡まで開業:北の玄関口としての役割は変わりませんが...

三連休北東北20冬(16) 南部縦貫鉄道線 七戸駅跡 ~車庫の中に眠るレールバス~

8
十和田観光電鉄の七百駅跡と十和田市駅跡を訪問した後、野辺地方面のバスに乗車しました。バスは県道を北上すると国道4号に合流します。国道はそのまま七戸バイパスとして七戸の街を迂回するルートをとりますが、バスはその手前で左折して街中に入ります。「笊田」という交差点に差し掛かったところで笊田川久保というバス停に停車。ここで下車します。後払いで540円也。街には結構な雪が降っていました。さて、ここで下車した目的は...

南九州駅巡り20冬(15) 指宿枕崎線 枕崎駅 ~「本土最南端の始発・終着駅」~

6
薩摩川尻駅から指宿枕崎線の末端区間を西に進んで終点の枕崎駅にやってきました。 はるばるやって来ました枕崎駅。鹿児島県枕崎市の代表駅であり指宿枕崎線の終着駅です。JR日本最南端の終着駅ですね。この駅の歴史はちょっと面白くて、元々は鹿児島本線の伊集院駅から加世田を経由していた南薩鉄道(後に鹿児島交通に吸収合併)枕崎線の終点でしたが、戦後になって国鉄指宿枕崎線が延伸開業して反対側から乗り入れるようになり...

南九州駅巡り20冬(7) 日南線 志布志駅 ~大隅半島のかつてのジャンクション~

8
油津駅から乗車した列車は日南線を進み、終点の志布志駅に到着しました。これにて日南線の完乗・・・とはまだいきません。南宮崎~田吉間がまだでしたね・・・ はるばる来ました志布志駅、鹿児島県志布志市の代表駅で日南線の終着点。所在地は鹿児島県志布志市志布志町志布志。「志」がずらっと並びます。志布志駅・・・かつては北からの志布志線と西からの大隅線、そして東からの日南線という3路線が接続しており、広い構内を持った駅で...

南九州駅巡り20冬(2) 宮崎空港線 宮崎空港駅 ~宮崎の玄関口から駅巡りスタート~

4
羽田空港からソラシドエアで宮崎空港までやってきました。空港の愛称は「宮崎ブーゲンビリア空港」。元々は旧日本海軍の航空基地(赤江飛行場)だったそうです。ANAのプロペラ機もいました。やっぱり南九州は暖かいですね~。それでは早速駅に向かいます。駅は空港のすぐそばにありました。駅舎とその周辺の様子↓ 真ん中の奥に延びる建物が駅舎です。右奥が空港の旅客ターミナル。左には南国チックな木々が並び、その先に駐車場が広が...

西日本完乗への道-岡山香川編(23) ことでん琴平線 琴電琴平駅 ~川の畔のこんぴらさん玄関口~

0
滝宮駅から琴電琴平行きに乗車しました。列車はしばらく西進、到着直前に土讃線の線路をくぐると、90度左に曲がりつつ右手に川がみえるとそのまま琴電琴平駅に到着です。これにてことでんの踏破完了~1番線に到着です。 琴電琴平駅は香川県仲多度郡琴平町にある高松琴平電気鉄道琴平線の終点。金刀比羅宮、通称「こんぴらさん」の最寄り駅ですね。駅の西側、象頭山の中腹にあるとのこと(今回は行きませんでした)。戦前の頃は全...

西日本完乗への道-岡山香川編(20) ことでん長尾線 長尾駅 ~第八十七番札所 長尾寺の最寄り駅~

4
高徳線の志度駅に立ち寄ったのち、琴電志度駅から再び志度線に乗車して瓦町駅に戻ってきました。次に乗車するのは長尾線。長い連絡通路を通って3番線に下ります。終点の長尾行きがやってきました。長尾線カラーは緑色。1300形2連先頭車の"1307"に乗車します。 列車は次の花園駅で列車交換、その後はうたた寝zzz 気づくと平木駅の手前辺りでした。平木駅でも列車交換。この駅には側線があり、列車が留置されていました。...

西日本完乗への道-岡山香川編(18) ことでん志度線 琴電志度駅 ~住宅の裏手にある志度線の終点~

2
八栗ケーブルに乗車して八栗寺に立ち寄ってから、ことでん志度線に再び乗車して、終点の琴電志度駅までやってきました。 琴電志度駅は香川県さぬき市志度にある高松琴平電気鉄道志度線の終点です。近くにはJR高徳線の志度駅もあり、駅名に「琴電」を冠して区分けしていると思われます。こちらは到着直前の車内から見た駅の様子。駅構造は小さな島式ホーム1面2線ですが、普段は画像↓右側(南側)の片側1線のみを使用しているようで...

西日本完乗への道-岡山香川編(12) 宇野線 宇野駅 ~かつての四国連絡口も今は・・・~

2
児島駅から宇野駅に向かうためにマリンライナーで本四備讃線を一旦茶屋町駅まで戻ります。茶屋町駅では1番線に到着。2番線の対面乗り換えかなと思っていましたが、次の宇野行きは4番線にやってきました。先頭車のクハ115-350に乗車します。 列車はしばらく本四備讃線の西側を並走しつつ高架から陸に降りて、本四備讃線をくぐって東に出ます。それから24分ほど走って、宇野線の終点宇野駅にやってきました。2番線に到着です。&...

三浦半島駅巡り(13) 京急逗子線 新逗子駅 ~2つの駅が統合された長い駅~

0
金沢八景駅からエアポート急行新逗子行きに乗車しました。後で時刻表を確認してみたら、京急逗子線の列車は早朝深夜以外は全てエアポート急行だったんですね。逗子線内では各駅に停車します。さて、金沢八景駅で観察した三線軌条がどうなっているか確認するために急いで先頭車両に向かいます。前面展望! 上り線が三線軌条になっています。しかし、この後カメラの電池切れ・・・画像↓は2駅目の神武寺駅手前。電池切れで撮影タイミン...

三浦半島駅巡り(9) 京急本線 浦賀駅 ~メインルートから外れた京急本線の終着駅~

2
堀ノ内駅から浦賀行きに乗車しました。列車は3駅ほど進んで終点の浦賀駅に到着です。1番線着。 浦賀駅は神奈川県横須賀市浦賀にある京急本線の終着駅。開業は1930(昭和5)年のことで、戦前にはここから更に久里浜や三崎方面への延伸が計画されていたそうですが、いくつかの理由で最終的には手前の堀ノ内駅から分岐するルートとなったとのことです。その後は堀ノ内~浦賀間は実質支線扱いとなっていて、快特などはみな久里浜線...

三浦半島駅巡り(5) 京急久里浜線 三崎口駅 ~三浦半島の暫定?終着駅~

6
京急久里浜駅から三崎口行きの特急に乗車しました。特急と言ってもこの辺りは各駅停車で進んで行きます。乗車してから5駅目、12分ほどで終点の三崎口駅に到着です。1番線着。 三崎口駅は神奈川県三浦市初声町にある京急久里浜線の終着駅。開業は1975(昭和50)年4月で隣の三浦海岸駅から延伸された比較的新しい駅です。当初は油壷まで延伸する計画の途中で、バスとの接続がしやすい国道と交差する地点に暫定的な終着駅として開...

週末パス19秋(20) 東北本線利府支線 利府駅 ~かつての山線の中間駅~

0
岩切駅から利府支線の利府行き列車に乗車しました。列車は左手に新幹線の車両基地を見ながら進みます。利府支線には途中駅がひと駅だけあります。その途中駅の新利府駅に停車。画像↓は30年以上前(1985/3/27撮影)のものです・・・新利府駅は1982(昭和57)年4月に臨時駅として開業しました。1面1線の棒線駅。東側には田んぼが広がりますが、西側には新幹線車両基地がすぐそばにあり、関係者の通勤のために設置されたそうです。ちなみに東...

西武の孤立路線と下河原線(4) 京王競馬場線 府中競馬正門前駅 ~東京競馬場の最寄駅~

2
下河原線廃線跡の緑道を通って東京競馬場前駅跡にやってきました。線路跡は南武線の府中本町駅の南側線路に突き当たる形となっていますが、その線路を階段で潜る歩道がありました。そのトンネルを抜けて更に東に進みます。少し歩くと府中街道に出るのでそこを左折、すると府中本町駅と競馬場を結ぶ長大歩道橋が見えてきました。そこを右折して歩道橋に沿って進むと、東京競馬場の入口に到着しました。そのまま入ってみます。東京競...

西武の孤立路線と下河原線(2) 西武多摩川線 是政駅 ~多摩川のそばの終着駅~

0
武蔵境駅から西武多摩川線に乗車しました。多摩川線は、他の西武鉄道の路線とは接続のない「西武の孤立路線」です。元々は多摩鉄道の路線で多摩川の砂利を運搬するための路線だったそうです。後に西武鉄道に吸収合併されて西武の路線となった経緯があります。こういった孤立路線は全国にいくつかあるようですが、個人的には一時期通勤に利用していた名鉄瀬戸線が真っ先に思い浮かびます。多摩川線は武蔵境から是政まで8.0kmの全線単...

北海道完乗の旅19夏(51) 根室本線 東鹿越駅 ~辛うじて生き残った暫定終着駅~

4
早朝に滝川駅を出発。富良野駅を経由して終点の東鹿越駅に到着しました。乗客は全員下車してぞろぞろと駅舎の方に向かいます。東鹿越駅は空知郡南富良野町字東鹿越にある無人駅。かなまや湖の南岸に位置しています。信号場上がりの駅で、かつては石灰石を発送するための専用線が分岐していたそうです。平成9年まではここから釧網本線の中斜里駅まで石灰石輸送の貨物列車が設定されていたとのこと。今の状況を考えるとなんだか信じ...

北海道完乗の旅19夏(39) 札沼線 新十津川駅 ~1日たった1本、廃止間近の終着駅~

2
滝川駅近くのホテルで5日目の朝を迎えました。7:00に起床~この日は札幌で地下鉄と市電を踏破する予定ですが、せっかくなので末端区間の廃止が決定している札沼線で札幌入りを考えての滝川宿泊でした。札沼線終点の新十津川町へは滝川からバスが出ていますのでこれを利用します。新十津川発の列車は1日たった1本・・・その出発時刻10:00に間に合うように9:00前に宿を出ます。宿から一番近い北海道中央バスのNTT前という滝川市街のバス...

北海道完乗の旅19夏(26) 根室本線 根室駅 ~根室警察署の思い出~

10
東根室駅から徒歩で根室駅までやってきました。根室駅は根室市の代表駅であり根室本線の終着駅。北海道本土最東端の納沙布岬へは駅前から根室交通納沙布線バスで約45分の位置にあります。駅舎の様子↓ まず最初に気になったのは駅舎左端に入店しているそば屋さん。このお店、単なる駅そばのようなものではなくてちゃんとしたお店でした。とても気になりましたが今回は我慢です。駅舎全景↓ 開業は1921(大正10)年8月。駅舎は1959...

北海道完乗の旅19夏(12) 日高本線 様似駅 ~日高本線の終着駅であり日勝線バスの乗り継ぎ駅~

6
静内駅から代行バスに乗車して終点の様似駅にやってきました。様似駅は様似郡様似町の代表駅であり、長大な日高本線の終着駅。はるばる来た感があります。駅舎です↓ 開業は1937(昭和12)年8月、木造の駅舎は1977(昭和52)年の改築だそうです。駅舎に入ると左側に駅待合室や窓口、右には観光案内所があります。観光案内所は静内からの始発バス到着直後でちょうど開店するところでした。とりあえず待合室の方に入ってみました↓窓...

北海道完乗の旅19夏(6) 室蘭本線 室蘭駅 ~線路が短縮されて新しくできた支線の終点~

0
母恋駅から特急車両に乗車してひと駅、支線の終点室蘭駅にやってきました。2番線の到着です。これで室蘭本線の踏破がやっと完了しました。残るJR北海道は日高本線のみ。 室蘭駅は室蘭本線支線の終着駅で室蘭市の代表駅。かつては青森への定期航路や石炭積み出しの港の駅として、扇形機関庫が建ち、客貨車区が設置されたりと賑わいを見せていたそうです。現在の駅構造は、頭端式っぽい島式ホーム1面2線。うむー、当時の面影ら...