南九州駅巡り20冬(40) 日豊本線 宗太郎駅 ~夜明け前の秘境駅~

14
延岡駅から1日2本しかない佐伯行きの普通列車に乗車しました。宮崎からずっと海岸近くを走っていた日豊本線は延岡を越えると国道10号共々山側に入っていきます。海側に線路が敷けなかったということは、つまりは難所ということになると思います。ただ、快適な特急車両でしかも外は真っ暗。山の中というのは分かりますが、難所という感覚があまり感じられません。列車は闇の中を30分ほど走って宗太郎駅に到着しました。1番線の到着...

南九州駅巡り20冬(12) 指宿枕崎線 西大山駅 ~開聞岳を望む日本最南端の駅~

6
山川駅から指宿枕崎線の枕崎行きに乗車しました。次に目指すはJR日本最南端の駅「西大山駅」です。山川駅を出るとまず列車は大山駅に停車。西大山駅のひとつ手前にあって地味目な無人駅ですが、山川大山の町はこちらが近いようです。そして次に停車するのが西大山駅。列車が停車するとワンマン運転士さんの車内案内がありました。列車は2分間停車、そして出発30秒前に警笛で知らせてくれるとのことです。もちろん下車します。 ...

西日本完乗への道-岡山香川編(34) 伯備線 布原駅 ~伯備線にあって伯備線でない秘境駅~

8
列車は備後落合駅から芸備線を新見に向けて東進、終点一つ手前の布原駅に停車しました。ここで下車します。この駅の訪問はこの日のメインイベントといってもよいかもしれません!1番線の到着。私ともう一人を下ろして列車は去っていきました。 布原駅は岡山県新見市にある伯備線上の駅。元々信号場だったのですが、国鉄時代に地元の要望で客扱いをするようになり仮乗降場のような駅となったそうです。その後、分割民営化で他...

西日本完乗への道-岡山香川編(32) 芸備線 備後落合駅 ~大好きな山間のターミナル秘境駅~

4
新見駅から芸備線の備後落合行きに乗車しました。列車はまず伯備線の電化区間を西進します。すぐ山間に入ると秘境駅の布原駅に到着。地元の方が2名ほど下車していくのを見て少々驚きました。布原駅については後ほど・・・次の備中神代駅で伯備線と別れて非電化の芸備線に入ります。のんびりと走る列車の揺れが心地いいです。東城駅あたりまでは覚えているのですが、その後は不覚にも寝落ち・・・目が覚めると終点手前でした。ガーン。ト...

週末パス19秋(23) 阿武隈急行線 あぶくま駅 ~猫たちに癒されまくった秘境駅~

2
丸森駅から福島行きに乗車しました。列車はすぐに山に入り阿武隈川に沿って進みます。この先は3セク化後に延伸された新設区間。路線名に"急行"とつくだけあって線形はよさそうで、なかなかのスピードで進んで行きます。"急行"とつくところといえば「北越急行」や「智頭急行」もトンネルをかっ飛ばしますね。京都丹後鉄道の宮福線も同じような感じでした。丸森を発ってひと駅目、あぶくま駅に到着です。ここで下車してみることにしまし...

北海道完乗の旅19夏(51) 根室本線 東鹿越駅 ~辛うじて生き残った暫定終着駅~

4
早朝に滝川駅を出発。富良野駅を経由して終点の東鹿越駅に到着しました。乗客は全員下車してぞろぞろと駅舎の方に向かいます。東鹿越駅は空知郡南富良野町字東鹿越にある無人駅。かなまや湖の南岸に位置しています。信号場上がりの駅で、かつては石灰石を発送するための専用線が分岐していたそうです。平成9年まではここから釧網本線の中斜里駅まで石灰石輸送の貨物列車が設定されていたとのこと。今の状況を考えるとなんだか信じ...

北海道完乗の旅19夏(33) 釧網本線 原生花園駅 ~小清水原生花園最寄りの臨時駅~

8
北浜駅から快速「しれとこ摩周号」に乗車してひと駅、原生花園駅にやってきました。釧網本線最後の訪問駅です。 原生花園駅は斜里郡小清水町字浜小清水にある無人駅。名前の通り「小清水原生花園」のすぐそばにあり、5月~10月の間しか営業しない臨時駅です。季節限定の臨時駅で思い浮かぶ駅としては・・・ 常磐線 偕楽園駅→→偕楽園と白棚線(2) 常磐線 偕楽園駅 ~観梅シーズンしか開かない臨時駅~ 上越線 ガーラ湯沢駅→→18きっぷ...

19春の房総横断(2) いすみ鉄道いすみ線 久我原駅 ~お手軽秘境駅~

15
上総一ノ宮駅から外房線を南下して、いすみ鉄道乗換えの大原駅にやってきました。JRの改札を出ていすみ鉄道の乗り場に向かいます。乗り換え時間は5分ほど・・・、券売機で切符を買おうと思いましたが、1つしかない券売機の前には長蛇の列が並びます。これを待っていては間に合わないな~と思っていると、運転士さんらしき方が「下車の時の現金精算でよいですよ~」と声をかけてくれました。並んでいた人が一斉に改札を抜けて車両に乗り...

18きっぷ上越線(1) 上越線 土樽駅 ~国境の長いトンネルを抜けると・・・~

4
今回は春の18きっぷ日帰り第2弾です。目的は上越線完乗。といっても上越線を完走するわけでなく、未乗車だったガーラ湯沢の支線を乗りつぶすことが主目的です。余った時間で気になる駅にも下車する予定です。利用した18きっぷ↓下車印は、越後湯沢と高崎。ガーラ湯沢の支線では新幹線しか走っていないため、残念ながら18きっぷは利用できません。ちなみに1日目の様子はコチラ参照→→→偕楽園と白棚線スタートは上野駅始発の高崎線1番...

伊豆急駅巡り(10) 伊豆急行線 稲梓駅

4
城ヶ崎海岸駅からリゾート21「キンメ電車」のオーシャンビューシートに座って伊豆半島を南下します。リゾート21車内の様子。海側シートは独特の配置です。途中、伊豆北川からの車窓。北川温泉郷や北川港あたりでしょうか。片瀬白田を過ぎたあたりでは線路はまさに海岸線を走ります。目の前が太平洋です。オーシャンビューシートでは車窓の撮影しやすいですね。そして、城ヶ崎海岸駅から50分ほど乗車して稲梓駅で下車しました。 ...

週末パス17冬(14) 北越急行ほくほく線 美佐島駅 ~山岳トンネル内にある駅~

8
十日町駅から北越急行ほくほく線に乗り換えました。列車は次のしんざ駅を出ると赤倉トンネルに入ります。トンネル内をしばらく進むと次の目的地の美佐島駅に到着します。そう、美佐島駅は珍しい山岳トンネル内にある駅なんですね。 山岳トンネル駅というと全国には・・・上越線の土合駅、同じく湯檜曽駅、越後トキめき鉄道日本海ひすいラインの筒石駅、野岩鉄道会津鬼怒川線の湯西川温泉駅がありますね。まだ湯西川温泉駅だけに...

18きっぷ秘境駅の旅(6) 飯田線 為栗駅

6
秘境感満点だった田本駅を発ち、上り列車で2駅ほど戻って為栗駅で下車しました。この駅では私以外にも7,8人ほどの下車がありました。皆さん秘境駅訪問が目的のようです。 「為栗」と書いて「してぐり」とよむ難読駅名でも知られているこの駅は秘境駅にも数えられています。秘境ランキングは全国17位。指数で最も高いのは外部到達難易度の15です。駅構造は単式ホーム1面1線の無人駅。豊橋方面を望む飯田方面を望む。ホーム上には開...

18きっぷ秘境駅の旅(5) 飯田線 田本駅

8
水窪駅から再び下り列車に乗車して北上します。そして次に下車した駅は田本駅です。私以外にはおひとり下車されていきました。そのまますぐに去って行ったので地元のかたでしょうかね?格好をみるとそうはみえませんでしたが・・・ 田本駅は長野県下伊那郡泰阜村に所在しており、こちらも秘境駅に数えられています。秘境度ランクは全国4位というこちらも上位の秘境駅です。秘境度と雰囲気は20点満点、外部到達難易度が19と非常に...

18きっぷ秘境駅の旅(3) 飯田線 小和田駅 ~元祖秘境駅~

10
中井侍駅からひと駅戻って次は小和田駅で下車しました。下車客は私以外にもおひとりいました。 駅は静岡県浜松市天竜区に所在していますが、静岡・愛知・長野の三県のほぼ県境に位置しています。いかに山奥かがわかりますね。小和田駅は秘境駅ブームの火付け役の牛山隆信氏が最初に訪れた駅だそうで、秘境ランクでも全国3位に数えられています。秘境度・雰囲気満点で外部到達難易度も19と非常に高いです。駅構造は単式ホーム1面1...

18きっぷ秘境駅の旅(2) 飯田線 中井侍駅

8
中部天竜駅で列車交換をしたのち列車は更に山間を進みます。そして最初に下車した駅は中井侍駅でした。下車したのは私以外にもおひとりいました。 中井侍駅は長野県下伊那郡天龍村に所在する長野県最南端の駅で、県内で最も標高の低い駅だそうです。「侍」なんていう面白い駅名は地元の地名だそうですが、由来はよくわかっていないようです。秘境駅にも数えられる駅で、秘境ランクは全国14位。指数では外部到達難易度が17と比較...

北海道完乗の旅16夏(26) 宗谷本線 北比布駅・比布駅・南比布駅

4
金華駅跡から旭川方面に一気に戻ります。置戸国道を北上し遠軽市街の手前で遠軽国道に入ります。途中「道の駅まるせっぷ」で小休憩。そのすぐ先、旭川紋別自動車道には丸瀬布I.C.から入ろうかと思いましたが、丸瀬布~白滝間がなぜか通行禁止だったため、そのまま遠軽国道を白滝I.C.まで進み自動車道に入ります。旭川紋別自動車道を快適に走行し、有料区間になる手前の北比布I.C.で道道に降ります。I.C.の名前から北比布駅が近いので...

北海道完乗の旅16夏(23) 石北本線 生野駅 ~石北本線屈指の秘境駅~

8
安国駅から遠軽国道をちょこっと南下してすぐに右折、石北本線をまたいで置戸国道に入ります。ここからは左手に線路を見ながら並走します。線路が少し離れて行き始めたところに見落としがちですがポツンとホームが見えました。石北本線生野駅平地に田畑が広がる真ん中にポツンありました。車両1両分の短い簡易ホームだけがある無人駅。これぞ元仮乗降場といったところです。小さいホームに上がりました。待合室もないホームには駅...

大井川鐵道駅巡り(6) 井川線 奥大井湖上駅 ~ダム湖上に浮かぶ秘境駅~

14
井川線を北上してまず最初に奥大井湖上駅で下車しました。 この駅は全国秘境駅ランキングで40位。外部到達指数が高い秘境駅です。立地がちょっと面白くて接岨湖上に半島状に突き出た陸地の突端に位置しており、湖を渡るレインボーブリッジといわれる2つの橋梁に挟まれています。当然近くに民家はなく、陸の孤島と化しています。中部の駅百選にも選定されたそうです。接岨峡温泉方面へのレインボーブリッジを渡る列車。実はこ...

大井川鐵道駅巡り(5) 井川線 (千頭駅→奥大井湖上駅) ~南アルプスあぷとライン~

10
千頭駅から大井川鐵道井川線の列車に乗車しました。井川線の愛称は「南アルプスあぷとライン」。大井川に沿って山間を縫うようにゆっくりと進みます。車内の様子。列車幅は一般の車両よりも狭くて軽便鉄道並みです。ここからは停車する全駅を車窓から撮影です。川根両国駅沢間駅沢間~土本間の様子列車はのんびり走行。窓は全開。土本駅・・・ランク19位の秘境駅。沿線に民家はほとんどないこともあって井川線は秘境駅の宝庫です。土本...

16GW三重和歌山の旅(26) 南海高野線 紀伊神谷駅 ~高野山麓の秘境駅~

12
上古沢駅、紀伊細川駅と列車交換で停車した後、列車は次の紀伊神谷駅に到着しました。この駅は前々から訪問したいと思っていた駅だったのでしっかり下車しました。 この駅でも3駅連続で列車交換が行われました。高野山への観光ルートだけあって列車本数は多いようです。上り列車は2000系真っ赤な「真田赤備え列車」でした。まず先に極楽橋行きが出発そして、真田赤備え列車は橋本方面に下って行きました。紀伊神谷駅は秘境駅の...