西日本完乗への道-岡山香川編(9) 山陽本線 岡山駅 ~中国地方最大のターミナル駅~

2
上郡駅から山陽本線で岡山方面に向かいます。車内は既に満席・・・腹痛のひやひや状態で立っていくことになりましたが、それがかえって良かったのか体調は徐々に良くなり、岡山駅に着いた頃には腹痛のことなど忘れていました。19:31、岡山駅に到着です。2番線着。 岡山駅は中国地方の中心都市、岡山県岡山市の代表駅。乗り入れ路線は山陽新幹線、当駅を所属線とする山陽本線、宇野線、津山線、吉備線の5路線。運行上は伯備線や赤...

週末パス19秋(10) 奥羽本線 新庄駅 ~独特な駅構造~

4
狩川駅から陸羽西線を東に進んで終点の新庄駅に到着しました。3番線の到着。 やってきました新庄駅、山形県新庄市の代表駅です。乗り入れ路線は当駅の所属線である奥羽本線が南北を、当駅を起点とする陸羽西線が西、当駅を終点とする陸羽東線が東、と東西南北に伸びる3路線があります。運転系統でいうと、山形新幹線の終着駅であると共に、南北の奥羽本線が軌道の違いによって分断されているため、直通する列車がなく、実質は...

北海道完乗の旅19夏(38) 函館本線 滝川駅 ~変わりゆく駅前広場~

4
深川駅から札幌行の特急「ライラック」に乗車して滝川駅に到着しました。5番線の到着です。 滝川駅は滝川市の代表駅。乗り入れ路線は所属線である函館本線と当駅から分岐する根室本線の2路線です。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム2面4線で計3面5線。のりばは1,4,5,6,7番とあります。駅舎は単式1番ホームの東側に面しており、ホーム間は跨線橋で連絡しています。それでは駅の様子を観察です。特急を下車したホーム向かいの...

北海道完乗の旅19夏(27) 根室本線 釧路駅 ~昔ながらのターミナル駅~

6
根室駅から花咲線を乗り通して2時間半ほどで釧路駅に戻ってきました。5番線の到着。時刻は21:38。 釧路駅は釧路市の代表駅。乗り入れ路線は根室本線のみですが、釧網本線の全ての列車も隣の東釧路駅から乗り入れており実質2路線となっています。また根室本線の根室方面は「花咲線」という愛称が付けられており、この駅で運転系統が完全に分断されています。ちなみに1986年当時の時刻表を見ると、厚岸発大楽毛行きと厚岸発白糠行...

北海道完乗の旅19夏(17) 根室本線 帯広駅 ~十勝地方の中心駅~

8
今年の夏の旅の続きです。幸福バス停から十勝バスに乗車して国道236号を更に北上します。この辺りから大正27号、大正26号・・・といった名のバス停がずらっ~と、しかもちょこちょこと並びます。大正シリーズを過ぎると国道から一旦外れて愛国バス停に停車。駅舎は見られず・・・その後は札内川を渡って帯広の市街に入っていきます。乗車客も増え、イオンの駐車場内のバス停に停車したりといろいろ寄っていき、帯広駅南口が見えたところ...

北海道完乗の旅19夏(10) 日高本線 静内駅 ~列車の来ない駅構内~

6
苫小牧駅から日高本線列車で鵡川駅まで行き、そこで代行バスに乗り継いで終点の静内駅にやってきました。時刻は19:30、既に日は暮れていました。静内駅は日高郡新ひだか町の代表駅。日高本線内では運行上の節目となる駅で、代行バスはここで乗り継ぎが必要になります。静内駅の駅舎↓ 2001(平成13)年2月築の建物で、想像以上に立派なもので驚きました。この日はここで一泊の予定。遠くに波音響く暗い駅構内を少しだけ散歩してから宿...

19GW北京都と兵庫(34) 福知山線 三田駅 ~神戸電鉄に乗換えて踏破開始~

10
篠山口駅から丹波路快速大阪行きに乗車しました。福知山線を30分ほど南下して三田駅に到着、ここで下車します。3番線着。三田以南は乗車済みなのでこの時点で福知山線の踏破完了です。 三田駅は「三田牛」で知られる兵庫県三田市の代表駅で、開業は1899(明治32)年1月。乗り入れ路線はJR宝塚線の愛称がつく福知山線と神戸電鉄三田線の終点でもあります。神戸電鉄の駅には公園都市線の列車も乗り入れてきます。かつては国鉄有馬線...

佐賀長崎駅巡り(19) 長崎本線 長崎駅 ~長崎本線の終着駅~

8
南島原駅から島原鉄道を諫早まで戻ります。2つ先の島原駅から学生がどっと乗車してその後はずっと満席状態で進みます。雨は降り続いており窓は曇ってしまい景色はあまり望めませんでした。そんな状態で終点の諫早駅に到着。長崎本線列車に乗り換えて長崎方面に向かいます。2番線から長崎行きの4連電車で先頭クハ411-1601に乗車しました。列車は雨の影響で11分遅れで出発、車内は全てロングシート。長崎本線は途中、喜々津駅から市...

佐賀長崎駅巡り(10) 佐世保線 早岐駅

4
肥前山口駅から佐世保線を西進すること一時間弱、長崎県の県境を越えて列車の終点早岐駅に到着しました。5番線に到着。時刻は19:00前。すっかり日が暮れてしまいました。佐世保線はこの先の佐世保駅まで続きますが、この先は翌日に乗車する事にしていますので、この日の乗り潰し乗車はここまでにします。 早岐駅は長崎県佐世保市に所在する鉄道要衝の駅です。当駅の所属線である佐世保線と当駅を起点とする大村線の2路線が乗...

週末パス17師走(7) 新潟駅から白新線で新発田駅へ

6
さてこの日は新潟駅からもう少し乗り鉄します。白新線電車で新発田駅まで向かうことにします。出発は新潟駅の東の端っこ8番線からでした。クモハE128-17に乗車します。白新線では外は真っ暗で車窓は望めませんでした。白新線にも足跡を残そうとどこか途中の駅で下車しようとも思いましたが、めぼしい駅はなくそのままスルーして終点の新発田駅に到着です。とりあえずは今回3路線目の白新線を踏破しました。列車は切欠き0番線に到着...

秋田青森駅巡り(21) 奥羽本線 秋田駅

2
男鹿駅から折り返してそのまま奥羽本線に入り列車の終点の秋田駅に到着しました。この日は秋田で宿を予約しています。 秋田駅は言わずと知れた秋田県県庁所在地である秋田市の中心駅ですね。乗り入れ路線は、所属線としている奥羽本線と、当駅を終点とする羽越本線と秋田新幹線、また男鹿線の列車が奥羽本線を経由して乗り入れています。夜も遅いので宿に向かうためすぐに改札を出ようとしたところ、D51の見事な模型が展示さ...

秋田青森駅巡り(20) 男鹿線 男鹿駅 ~なまはげの街の終着駅~

4
土崎駅から男鹿線直通列車に乗車しました。列車は通勤通学客ラッシュで激混み状態・・・彼らに混じって立っていましたが、追分駅までで半数近くの人が下車していき若干落ち着きました。私もロングシートではありましたが座ることができました。男鹿線の愛称は「男鹿なまはげライン」。男鹿半島の南側を日本海沿いに進みます。列車は駅ごとに通勤客を降ろしていき、土崎から50分ほどで終点の男鹿駅に到着しました。時刻は19時前で日が落...

秋田青森駅巡り(9) 弘南鉄道弘南線 (弘前駅⇔黒石駅) ~弘南線乗りつぶし~

2
中央弘前駅から徒歩で弘前駅前までやってきました。この時点でもう日が暮れてしまいましたが、弘南鉄道のもう一本の路線、弘南線に乗車します。弘前駅中央口です。駅前には「りんごの風」の銅像。さすがりんごの産地ですね。中央口から階段を上っていくと東西自由通路を通ります。JR弘前駅は橋上駅舎で2階に改札口があります。今回はここをスルーして自由通路を東側に向かいます。東側は城東口といわれていますが、その隣に弘南鉄道...

17GW北陸駅巡り(16) 北陸本線 福井駅

10
内灘駅から一旦金沢駅に戻って北陸本線に乗車します。3番線発の521系電車福井行き4連の最後尾クモハ521-33に乗車しました。この後、計画では西金沢駅で下車して北陸鉄道石川線に乗車する予定でしたが、ちょっと体調を崩してしまったこともあってこのまま福井まで乗車する事にしました。石川線にはまたいつか立ち寄りたいと思っています。。さて、金沢から1時間半で列車の終点福井駅に到着しました。15:00頃。この日はここに宿をと...

17GW北陸駅巡り(10) 高山本線・あいの風とやま鉄道線 富山駅

2
猪谷駅から高山本線を更に北上して1時間ほどで終点の富山駅に到着しました。岐阜を11:45に出発してから6時間半、高山本線もこれにて完乗です。そして富山駅は北陸新幹線開業後初の訪問になります。列車は2番線に到着。2年前の前回訪問時は高架ホームは無かったのでちょっと驚きです。駅名標も真新しいあいの風とやま鉄道仕様です。 高山本線の列車は高架上にある切欠2番線に発着するようですね。その隣りの1番線にはあいの風...

週末パス17冬(8) 信越本線 長野駅

4
別所温泉駅から折り返し上田駅を経由して、しなの鉄道線と信越本線を通ってこの日のお宿の長野駅にやってきました。乗車した列車はクモハ115-1036、3番線に到着です。 長野駅は長野県の県庁所在地、長野市の中心駅で県内最大規模のターミナル駅です。乗り入れ路線はJR東日本の北陸新幹線と信越本線、しなの鉄道の北しなの線、長野電鉄の長野線が乗り入れています。また、それ以外にも飯山線が北しなの線経由で、篠ノ井線とし...

広島山口駅巡り(19) 厚狭駅から美祢線で山陰へ

8
小野田線に乗車して小野田駅に到着、その後山陽本線をひと駅進んで厚狭駅までやってきました。乗車した車両はクハ115-3005、7番線に到着です。 厚狭駅は山口県山陽小野田市に所在しており、山陽新幹線と当駅の所属線である山陽本線、そして当駅を起点とする美祢線が接続しています。ちなみに山陽小野田市という漢字五文字の市は日本で唯一なんだそうです。いかにも合併でできた地名ですね。在来線の駅構造は4面5線。通常7番線...

広島山口駅巡り(9) 山陽本線 岩国駅 ~駅舎の改築工事中~

6
宮島駅からフェリーで宮島口駅に戻りました。そして、山陽本線岩国行きの4連、クモハ227-68に乗車して、この日に予約していたお宿のある岩国駅にやってきました。 岩国駅は「広島シティネットワーク」の最西端の駅で、乗り入れ路線は当駅の所属線である山陽本線と、当駅を起点とする岩徳線の2路線となります。また、錦川鉄道錦川清流線も岩徳線を経由して乗り入れてきます。駅構造は3面6線の地上駅です。1番線は西口に面した単...

18きっぷ秘境駅の旅(9) 飯田線 飯田駅

8
天竜峡駅から乗車してちょうど30分でこの日のお宿を予約していた飯田駅に到着しました。空は雨模様です。 飯田駅は飯田線の名前にもなった主要駅で伊那谷最大の都市である長野県飯田市の代表駅です。特急「伊那路」は豊橋から当駅を終点としています。新宿からも高速バスが走っていて約4時間で東京からも来ることができます。秘境駅へのアプローチに使えますね。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線で、南側...

北海道完乗の旅16夏(31) 新得から滝川を経由して札幌へ ~札幌駅発着の特急たち~

2
新得駅からは根室本線を滝川駅に向かいます。途中の金山駅。根室本線内で撮ったのはこの駅のみ・・・。富良野~滝川間でも乗車した証明でどこか撮影しておけばよかったですね。新得駅から約2時間半で根室本線の起点滝川駅の1番線に到着しました。これで根室本線は踏破完了です。 駅名の由来はアイヌ語の「ソラプチ(滝のかかる川)」からきているそうですが、音からでなく意味から採られているのが珍しい駅名です。滝川駅は昨年の夏...