三連休北東北20冬(13) いわて銀河鉄道線 厨川駅と小鳥谷駅 ~よくぞ生き残ってくれた木造駅舎~

2
盛岡駅からいわて銀河鉄道線の滝沢行きに乗車しました。時刻は8:40。さて、この後の予定は・・・本当ならこの旅3つ目の東西連絡路線の花輪線に乗車したいところなのですが、盛岡発6:55以降はなんと12:39まで列車がありませんよ、これ。いい時間帯に5時間半も列車が無いって・・・^^;仕方ないのでまずは第三セクター区間を踏破することにしました。目指すは青森!ですが、乗車したのは4駅先の滝沢止まり・・・。花輪線が分岐する好摩までも行...

南九州駅巡り20冬(12) 指宿枕崎線 西大山駅 ~開聞岳を望む日本最南端の駅~

6
山川駅から指宿枕崎線の枕崎行きに乗車しました。次に目指すはJR日本最南端の駅「西大山駅」です。山川駅を出るとまず列車は大山駅に停車。西大山駅のひとつ手前にあって地味目な無人駅ですが、山川大山の町はこちらが近いようです。そして次に停車するのが西大山駅。列車が停車するとワンマン運転士さんの車内案内がありました。列車は2分間停車、そして出発30秒前に警笛で知らせてくれるとのことです。もちろん下車します。 ...

週末パス19秋(22) 阿武隈急行線 丸森駅 ~かつての国鉄丸森線終着駅~

2
週末パスの旅も終盤となりました。槻木駅から阿武隈急行線丸森止まりの列車に乗車しました。列車はしばらく東北本線下り線路と並走、阿武隈川支流の白石川を渡った先で上り線路を跨いで南へ向かいます。次の東船岡駅で列車交換のため3分停車。田んぼをつっきっていくと角田駅に到着。ここでほとんどの客が下車して行きました。角田から2駅目で列車の終点、丸森駅に到着です。2番線着。 丸森駅は阿武隈川の流れる宮城県伊具郡...

週末パス19秋(20) 東北本線利府支線 利府駅 ~かつての山線の中間駅~

0
岩切駅から利府支線の利府行き列車に乗車しました。列車は左手に新幹線の車両基地を見ながら進みます。利府支線には途中駅がひと駅だけあります。その途中駅の新利府駅に停車。画像↓は30年以上前(1985/3/27撮影)のものです・・・新利府駅は1982(昭和57)年4月に臨時駅として開業しました。1面1線の棒線駅。東側には田んぼが広がりますが、西側には新幹線車両基地がすぐそばにあり、関係者の通勤のために設置されたそうです。ちなみに東...

北海道駅巡り86冬 標津線 (計根別駅・根室標津駅・中標津駅)

4
今回ははるか昔、学生時代に訪問した標津線の駅の様子を・・・前日に根室警察署で一夜を明かした後、根室駅始発の釧路行きに乗車して厚床駅で下車しました。ここで標津線に乗り換えです。当時の標津線は、標茶~中標津~根室標津の本線と中標津~厚床の支線とがありました。まずは厚床から支線のほうに乗車です。本数は1日わずか4往復・・・その始発に乗車しました。単行の車内は学生で満席だった記憶があります。列車は何もない平原の真...

北海道完乗の旅19夏(26) 根室本線 根室駅 ~根室警察署の思い出~

10
東根室駅から徒歩で根室駅までやってきました。根室駅は根室市の代表駅であり根室本線の終着駅。北海道本土最東端の納沙布岬へは駅前から根室交通納沙布線バスで約45分の位置にあります。駅舎の様子↓ まず最初に気になったのは駅舎左端に入店しているそば屋さん。このお店、単なる駅そばのようなものではなくてちゃんとしたお店でした。とても気になりましたが今回は我慢です。駅舎全景↓ 開業は1921(大正10)年8月。駅舎は1959...

北海道駅巡り86冬 士幌線 木野駅 ~士幌線にひと駅だけ乗車~

2
86年冬の駅巡り、愛国駅から広尾線を折り返して帯広駅に戻ってきました。帯広駅の駅舎の様子(1986/12/19撮影)1966(昭和41)年11月築の3代目駅舎だそうです。いかにも地方都市のターミナル駅といった雰囲気がありました。この時の駅は現在のような高架化はまだされておらず、南に広尾線、北に士幌線というローカル線が分岐していた交通の要衝でした。高架化は1996(平成8)年11月のことで、同時に4代目の駅舎に生まれ変わっています。...

北海道駅巡り86冬 広尾線 愛国駅 ~愛の国から幸福へ その2~

2
今年の夏の旅では広尾線の愛国駅跡には立ち寄ることはできませんでしたが、駅が現役の頃に一度だけ訪問した事がありました。今回はその時の様子を・・・。夜行の青函連絡船で函館に上陸した後は、ワイド周遊券を駆使して連絡船接続の特急「北斗」に乗車、札幌駅に向かいました。札幌で一息ついた後、まず目指したのが愛国駅でした。釧路行きの特急「おおぞら」で3時間かけて帯広へ。そこで広尾線に乗り換えました。16分ほどで愛国駅に到着...

北海道完乗の旅19夏(5) 室蘭本線 母恋駅 ~母恋めしにはありつけず(泣)~

12
東室蘭駅から室蘭行きの支線列車に乗車しました。列車はすぐに本線から離れていきますが、支線と本線の間にも線路が伸びているのが見えました。この線路は苗穂車両所輪西派出というJR北海道の車両工場に続いているようですね。車窓から工場の様子が少し見ることができました。さて、このまま終点の室蘭までは行かずにひとつ手前の母恋駅で下車することにしました。東室蘭から10分、駅舎側ホームに到着です。 母恋駅は室蘭市母...

19GW北京都と兵庫(27) 北条鉄道北条線 北条町駅 ~国鉄時代の面影の無い終着点~

8
田原駅から下り列車に乗車して終点の北条町駅にやってきました。 北条駅は兵庫県加西市の代表駅、北条鉄道北条線の終点です。開業は1915(大正4)年3月。駅構造は単式ホーム1面1線に側線が1本あります。駅北側を望むと・・・ホームの先に駅舎があって側線を含む2本の線路は手前で途切れています。こちらは南側の粟生方面↓しばらく停車していたフラワ2000-1はポイントの先まで進んでから一旦停車。その後、戻ってくると西側の分岐線...

19GW北京都と兵庫(17) 山陰本線 豊岡駅 ~素晴らしい駅構内の眺め~

8
天橋立駅から宮津線を西進して豊岡駅にやってきました。これにて丹鉄の踏破完了です。 豊岡駅はコウノトリの生息地としても知られる兵庫県豊岡市の代表駅。乗り入れ路線は山陰本線と当駅が終点となる京都丹後鉄道宮津線の2路線です。京都丹後鉄道の駅構造は頭端式ホーム1面1線です。JR1番線のりば反対側の城崎温泉方を切り欠いたホームになっていて、JR側とは柵で仕切られています。線路終端側のホーム上に小さな駅舎とJRへの...

19GW北京都と兵庫(15) 丹鉄宮津線 天橋立駅 ~日本三景のひとつ「天橋立」の玄関口~

4
西舞鶴駅から宮舞線を折り返しました。列車は四所駅で列車交換で3分ほどの停車です。3分でも降りますよ~(笑) 西舞鶴方からの様子↓相対式ホーム2面2線の無人駅。駅舎とは反対側の1番線に停車したので駅舎は撮れず。四所駅を発つと再び由良川に沿って進み河口を渡ります。橋梁上の車窓から海側を撮影しますが、ほぼ水平線だったので由良の港辺りを入れて撮影↓その後は海沿いに進んで宮津駅を越えると宮豊線区間に入ります。宮...

19GW北京都と兵庫(14) 丹鉄宮津線 丹後由良駅と西舞鶴駅 ~由良川河口を渡る~

16
宮津駅から宮津線のうちの宮舞線区間を西舞鶴駅に向けて進みます。列車は次の栗田駅を過ぎると国道178号を挟んで海岸線を進むようになります。結構高い位置から若狭湾の青い海が望めます↓その次の丹後由良駅で列車交換のため5分ほどの停車がありました。 丹後由良駅は由良川の河口にあたる京都府宮津市由良に所在する駅。近くには海水浴場があるそうです。駅構造は相対式ホーム2面2線で、ホーム間は宮津方の跨線橋で連絡して...

19GW北京都と兵庫(13) 京都丹後鉄道 宮津駅 ~駅構造がちょっと変わっている丹鉄中枢駅~

8
福知山駅から京都丹後鉄道宮福線を乗り通して終点の宮津駅にやってきました。1番線の到着です。 宮津駅は若狭湾に面した観光都市、京都府宮津市の玄関駅です。ちなみに宮津駅は記録上の1100駅目の訪問駅となりました~。乗り入れ路線は宮津線と宮福線の2路線でどちらも京都丹後鉄道の路線です。宮津線のうち、西舞鶴方面には宮舞線、豊岡方面には宮豊線という愛称がつけられています。駅構造は私にとってはとても興味深い構造...

19GW北京都と兵庫(12) 丹鉄宮福線 (福知山駅→大江駅→大江山口内宮駅→宮津駅)

8
駅巡り2日目の朝は5時の起床。この日の午前は天橋立に寄りつつ、京都丹後鉄道を乗りつぶす予定です。ホテルを6時頃に出て福知山駅に向かいます。天気は曇り。福知山駅の丹鉄改札口から入場します。改札口は駅の北側、自由通路から階段を昇ったところにあります↓改札を入って右側へ行くと丹鉄のりばに向かう階段がありますが、左奥には前日は気づかなかったJR構内への連絡口もありました。丹鉄では休日のみ利用可能なフリーきっぷを...

相鉄と横浜羽沢(7) 相鉄本線 海老名駅 ~2箇所あるうちの南側の駅~

8
二俣川駅から相鉄本線の急行に乗車して、一気に終点の海老名駅までやってきました。2番線着。ホームに降りると小雨が降り始めてきました・・・ 海老名駅は神奈川県海老名市の代表駅。乗り入れ路線は小田急小田原線、この駅が終点となる相鉄本線、そしてJR東日本の相模線の3路線です。が、この駅の最大の特徴は地理的に2箇所に分かれていることです。地図↓を見ると・・・南側の「海老名」と表記されているのが小田急と相鉄の駅。ちょっ...

相鉄と横浜羽沢(6) 相鉄本線・相鉄いずみ野線 二俣川駅

8
湘南台駅からいずみ野線を折り返し二俣川駅にやってきました。ここで乗換えのために下車します。列車は一番手前の3番線に到着です。これが10000系。その右隣りは2番線の急行海老名行き11000系、更に奥には各停海老名行き8000系が並んでいます。いずみ野線からの列車と海老名方面の緩急接続のシーンですかね。その後急行海老名行きが出発していきました。これには乗車せずに駅の観察です。二俣川駅は神奈川県横浜市旭区に所在する相...

相鉄と横浜羽沢(5) 相鉄いずみ野線 湘南台駅 ~いずみ野線の今のところの終点~

4
上星川駅から湘南台行きの各停に乗車しました。いずみ野線が分岐する二俣川駅で急行海老名行きを待って5分ほど停車。出発後はいずみ野線に入り本線を跨いで南に向かいます。掘割にある南万騎が原駅を過ぎると万騎が原トンネルに入ります。この駅はちょっと降りてみたかったかな。トンネルあり、高架あり、そして最後に地下に潜って市境を越えると終点の湘南台駅に到着です。2番線着。とりあえず、いずみ野線の踏破完了~。 湘...

相鉄と横浜羽沢(4) 相鉄本線 上星川駅

10
横浜羽沢駅の周りを一周してから相鉄バスで上星川駅にやってきました。乗客を降ろしたバスは一旦行き止まりのバス駐車エリアに頭を突っ込みます。そこからバックして駅前のバス停に付け、横浜駅西口行きとなりました。上星川駅は神奈川県横浜市保土ケ谷区に所在する駅。1926(大正15)年に神中鉄道という名の鉄道会社によって開業したそうです。結構古いんですね。こちらは橋上駅舎の北口になります。橋上化は1972(昭和47)年11月との...

相鉄と横浜羽沢(2) 相鉄本線 西谷駅 ~相鉄新横浜線建設中~

8
横浜駅で相鉄本線の列車に乗車しました。列車は住宅地を進みます。星川付近では丘の中腹に佇む家並みが見られます。横浜から10数分で西谷駅に到着しました。ここで下車します。2番線着。 西谷駅は神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町にある駅で、読みは「にしや」。恥ずかしながら駅名標を撮影するまでは「にしたに」だと思ってました。快速や急行は停車しない駅ではありますが、今ホットな駅ですね。この駅からJR東海道貨物線の横浜...