西日本完乗への道-岡山香川編(32) 芸備線 備後落合駅 ~大好きな山間のターミナル秘境駅~

4
新見駅から芸備線の備後落合行きに乗車しました。列車はまず伯備線の電化区間を西進します。すぐ山間に入ると秘境駅の布原駅に到着。地元の方が2名ほど下車していくのを見て少々驚きました。布原駅については後ほど・・・次の備中神代駅で伯備線と別れて非電化の芸備線に入ります。のんびりと走る列車の揺れが心地いいです。東城駅あたりまでは覚えているのですが、その後は不覚にも寝落ち・・・目が覚めると終点手前でした。ガーン。ト...

西日本完乗への道-岡山香川編(2) 姫新線 (姫路駅→播磨新宮駅→佐用駅) ~乗り継ぎ乗り継ぎで津山へ~

4
新幹線を乗り継いで姫路駅にやってきました。ここから姫新線で津山を目指します。姫新線は特殊な構造のホーム3,4番線に発着します。切欠き3番線に姫新線の気動車が停車中。線路終端側。奥の1,2番線には播但線の103系が停車中。このホームは1面4線という面白い構造です。具体的な構造についてはコチラ参照→→→2019年春の姫路駅それでは乗車します。乗車するのは3番線のキハ127系2連。この形式は初乗車です。といいますか、姫新線自体...

17GW北陸駅巡り(9) 高山本線 猪谷駅 ~山間のJR会社境界駅~

6
高山駅から乗車した2連列車は立ち客もでるほどの満員でしたが、3つ先の飛騨古川駅で多くが下車していき車内は少し落ち着きました。そして高山から1時間ほど乗車して列車の終点、猪谷駅に到着、ここで乗り継ぎになります。猪谷駅はJR東海とJR西日本の境界駅、駅自体はJR西日本の管轄です。駅名標もブルーのJR西日本仕様となりました。いよいよ北陸に来たなという感じです。猪谷駅は富山県富山市猪谷に所在する駅です。駅構造は島式...

広島山口駅巡り(20) 山陰本線仙崎支線 仙崎駅

4
厚狭駅から美祢線を通って早朝の仙崎駅にやってきました。 山陰本線盲腸線の仙崎支線終着駅、本州最果ての仙崎駅はずっと以前から訪問してみたかった駅のひとつです。駅構造は単式ホーム1面1線で来た列車が折り返すだけのシンプルな構造です。元々貨物支線として開業したとのことですが、面影はほとんどありません。駅舎は昭和34(1959)年の改築で、平成10(1998)年に外観が和風に改装されたそうです。この駅舎は鉄筋コンクリー...

15GW山陰駅巡り(20) 芸備線 備後落合駅 ~山あいのターミナル駅~

0
出雲坂根駅から勾配を登ってきた列車は三井野原駅を過ぎて県境を越え広島県に入ります。広島県最北端の油木駅油木~備後落合の風景木次線終点の備後落合駅にそろそろ到着の頃に、走る列車の右前方上方に同じ方向に進む単行気動車がみえました。芸備線三次方面から備後落合に向かう単行356Dです。山間で単行が並走する景色を見るのはなんだか不思議な感じがしました。木次線気動車は、芸備線気動車とほぼ同時に備後落合駅の1番線に...

15GW山陰駅巡り(18) 木次線 出雲横田駅 ~いつもとは違う?列車分割~

0
下久野駅あたりから調子のよくない気動車は、20分ほどの遅れで何とか出雲横田駅に到着しました。駅舎側2番ホーム。ここで木次駅あたりからの乗客はみんな下車していきました。早速、窓口で駅員さんに下車印をお願いしたところ、ここで後ろの車両に乗り換える事になるということを聞かされました。多分、この先の急勾配区間を走るのには、問題のない後方車両のほうがベターだという判断になったんだと思います。乗務員さんからは何...

15GW山陰駅巡り(16) 山陰本線 宍道駅 ~木次線に乗換え~

4
出雲市駅から山陰本線を東に戻って宍道駅にやってきました。宍道駅は宍道湖の南西側にあって、ちょうど松江温泉の対岸側に位置しています。本駅からは3段スイッチバックの出雲坂根駅で知られている木次線が分岐しています。出雲市から乗車した上り列車は駅舎側1番線に到着です。隣のホームには木次線気動車が出発を待っていました。駅舎。駅前はとても静かでした。駅名標の隣には開通80周年の記念碑がありました。平成元年の建立。...