きゃみの駅訪問

三連休北東北20冬(17) 東北新幹線 七戸十和田駅 ~八甲田山 死の雪中行軍・・・~

0
南部縦貫鉄道の七戸駅跡を訪問の後、東北新幹線の七戸十和田駅まで徒歩で向かいます。七戸駅跡は町はずれに位置しており、東側すぐのところに国道4号「七戸バイパス」が走っています。そのバイパスを進めば七戸十和田駅に最短経路で行けるようです。バイパスに向かう途中、あるお家の玄関に目を向けると、「野辺地⇔七戸」のサボが掲げられていました。南部縦貫愛を感じました(笑)バイパスに差し掛かったところのローソンからバイパスを...

別府ラクテンチ ~昭和風情の遊園地はFF7のゴールドソーサー?~

6
別府ラクテンチのケーブルカーで山の中腹にある遊園地「ラクテンチ」にやってきました。「ラクテンチ」は1929(昭和4)年9月に元々「別府金山」があったところに開園したそうです。戦前からの老舗遊園地なんですね。それでは園内をまわってみましょうか。と、その前にケーブルカーの駅前にちょっとした広場がありまして、そこからの眺めが素晴らしくてしばらく見とれてました。別府の街が一望できます。緑が見えるところが別府公園。別府駅...

南九州駅巡り20冬(13) 指宿枕崎線 薩摩川尻駅 ~開聞岳を見ながらひと駅歩く~

4
西大山駅からはお隣の薩摩川尻駅まで徒歩で向かいます。地図上では道のり1.7km徒歩で21分の計算です。まず線路沿いのあぜ道を進みます。このすぐ左に指宿枕崎線の線路が並走しています。半分くらい進んだところであぜ道は右に折れて線路から離れるようになります。そこからは開聞岳がよく見えました。手前は何の畑でしょうかね?少し歩くと国道226号に出てくるのでそこを左折して西進します。「薩摩川尻駅」の看板が見えたところで再...

西日本完乗への道-岡山香川編(16) ことでん志度線 八栗駅 ~八栗寺への最寄り駅(一応・・・)~

0
瓦町駅から高松琴平電気鉄道志度線に乗車しました。ローズピンクが志度線カラーの2連電車はガタゴトのんびり進みます。駅間距離が短いのでちょこちょこ停まり、車掌さんも運転士さんも駅ごとにホームに出て検札を行います。志度線は全線単線。まず松島二丁目駅で列車交換です。その後は海、というより河口沿いに進み、春日川を渡ると琴電屋島駅に到着。ここでも列車交換。琴電屋島駅から2駅目、八栗駅に到着。ここで下車します。駅...

三浦半島駅巡り(12) 金沢シーサイドライン (金沢八景駅→野島公園駅) ~シーサイドラインは有人運転中~

2
金沢八景駅から金沢シーサイドラインに乗車します。旧駅から延伸した約150メートルの区間乗りつぶしのため・・・(笑)駅前の階段を上ってシーサイドラインの高架駅に向かいます。駅入口と改札口の様子。改札は線路終端側にあり、そのままホームに入れます。 駅構内の様子↓ 開業して半年ほどで真新しい構内です。駅構造は島式ホーム1面2線。列車は2番線から出発します。ホームドアがあって車両の全容が撮れないのは残念(>&...

週末パス19秋(19) 東北本線 (塩釜駅→岩切駅) ~利府支線に立ち寄り~

2
仙石線の下馬駅から徒歩で東北本線の塩釜駅に向かいます。下馬~塩釜間は以前歩いたことがあるので、迷うことなくあっけなく塩釜駅に到着しました。塩釜駅は今年の1月にある程度観察できているので、今回はさらっと行きます。前回訪問時→→東北本線 塩釜駅 ~仙石線・東北本線接続線~まずは駅舎外観。駅舎は東側にあり、ホームが築堤上にあるのがよく見えます。更に奥の丘の上に住宅街が見えます。早速改札で下車印をもらってホーム...

週末パス19秋(16) 仙石線 高城町駅 ~松島駅からひと駅歩いて仙石線へ~

2
松島駅から徒歩で高城町駅を目指します。最短道のり1.0km、徒歩で12分といったところです。まずは駅前の通りを真っすぐ進むと、高城川という川に突き当たったところに国道45号との交差点があります。この交差点にある歩道橋から松島駅を望みます。振り返ると高城川ですが、その川を橋で越える単線線路がありました。仙石線です。つまり仙石線は松島駅からすぐ近くを走っていることがわかります。仙石東北ラインのHB-E210系がやって...

西武の孤立路線と下河原線(4) 京王競馬場線 府中競馬正門前駅 ~東京競馬場の最寄駅~

2
下河原線廃線跡の緑道を通って東京競馬場前駅跡にやってきました。線路跡は南武線の府中本町駅の南側線路に突き当たる形となっていますが、その線路を階段で潜る歩道がありました。そのトンネルを抜けて更に東に進みます。少し歩くと府中街道に出るのでそこを左折、すると府中本町駅と競馬場を結ぶ長大歩道橋が見えてきました。そこを右折して歩道橋に沿って進むと、東京競馬場の入口に到着しました。そのまま入ってみます。東京競...

西武の孤立路線と下河原線(3) 南武線 南多摩駅から下河原線廃線跡を通って東京競馬場前駅跡へ

0
是政駅からお散歩がてら近くの駅まで徒歩で向かいます。候補は以下の3つ。・駅から多摩川を渡って南、是政から一番近い位置にある南武線の南多摩駅・駅から北にある競馬場方面の南武線・武蔵野線の府中本町駅か京王の府中競馬正門前駅・駅から多摩川沿いに西へ行って京王の中河原駅この3つを組み合わせて歩くことにしました。まずは府中街道を南へ向かいます。駅の南側にある多摩川を是政橋で渡ります。橋を渡り切るまえに駅が見え...

北海道完乗の旅19夏(58) 石勝線 楓信号場 ~石勝樹海ロードを歩いてかつての駅跡へ~

0
新夕張駅を出発して向かうは楓駅跡。楓駅は前回少しお話した夕張線登川支線の唯一の中間駅でしたが、1981(昭和56)年7月に支線廃止とともに廃駅となりました。その3か月後の石勝線開業時に、その代替として石勝線上に新たに楓駅が開業します。当時は新夕張方面から普通列車が当駅で折り返すという実質終着駅のような運行形態でしたが、利用者減少で末期は1日1往復、しかも日曜運休という状況となり、2004(平成16)年3月に旅客扱いが...

北海道完乗の旅19夏(47) 千歳線 新札幌駅から函館本線 厚別駅へ ~徒歩でショートカット~

0
新さっぽろ駅で少々退屈だった地下鉄の踏破を終えて、すぐ近くの新札幌駅に向かいます。新札幌駅は札幌市厚別区厚別中央にあるJR千歳線の駅です。駅舎外観。こちらは南側でデュオ2という駅ビルです↓  左画像は南東側で地下鉄入口がある方。右画像は南西側。 駅は南北の駅ビルに挟まれているらしく、北側には今回行きませんでしたが、そちらは多分デュオ1だと予想します(笑) 写真でもわかるように、大型商業ビルと道...

北海道完乗の旅19夏(32) 釧網本線 北浜駅 ~浜辺の小さな木造駅舎~

4
藻琴駅から一つ手前の北浜駅に徒歩で向かっています。釧網本線の線路はオホーツク海に沿って伸びており、国道244号が並走しています。その国道を東に向かいます。途中、藻琴湖から海に流れる川を渡ります。「藻琴橋」国道から線路を渡って海岸に出てみました。砂浜が広がります。遠くに見えるは知床半島の羅臼岳。このあとしばらく砂浜を歩いて行きましたが、国道に戻る道が無く引き返します。その後は国道を真っすぐ進みます。天候...

北海道完乗の旅19夏(25) 根室本線 東根室駅 ~日本最東端の駅~

6
厚床駅から花咲線を更に東に進み、終点一つ手前の東根室駅で下車しました。 私ともう一人を降ろして列車は終点根室に向かっていきました。何か取り残された感が・・・ご存知の方も多いと思いますが、東根室駅は根室市にある日本で最も東に位置する駅です。東進してきた花咲線は落石駅辺りから半島の先っぽに突入するのですが、そこでほぼ北に向きを変えます。東根室まで北上するとそこからクイっと西に向きを変えて終点の根室駅...

北海道完乗の旅19夏(20) 根室本線 利別駅 ~ひと駅歩いて利別川を渡る~

2
浦幌駅を折り返して根室本線を一旦西に戻ります。豊頃駅で貨物と交換するなどしながら池田駅に再び到着。ここで下車するつもりでいましたが、それでも時間を持て余しそうです。それならばともうひとつ先の駅まで進んでから、徒歩で池田に戻ろうということにしました。我ながら好きですね、こういうの・・・ということで次の駅、利別駅で下車しました。 1766ともお別れ、さようなら~利別駅は中川郡池田町字利別西町に所在する無...

北海道完乗の旅19夏(8) 室蘭本線 東室蘭貨物駅と鷲別駅 ~足止めでひと駅歩く~

4
御崎駅から室蘭本線支線で東室蘭駅に戻ってきました。2番線の到着。ふと隣の3番線を見ると室蘭行きらしきキハ40-1784の単行がいました。すると、奥のほうから日高色のキハ40-353がゆっくり近づいてきます。 そのまま1784に連結しました。こういった風景は東京では見られないので、いつも見入ってしまいます(笑) さて、これから日高本線に乗車するために苫小牧に向かいますが、次の列車まで1時間以上あります。ということ...

19GW北京都と兵庫(43) 山陽本線 兵庫駅 ~和田岬線の起点駅~

10
新開地駅から徒歩で兵庫駅に向かいます。駅まではほぼ1本の道をほぼ真っすぐなので、迷わずに行けますが、よりによって旅の一番最後に雨が降り出しました(泣)高架上の山陽本線に沿った道を傘さしで少し進むと兵庫駅が見えてきました。兵庫駅は兵庫県神戸市兵庫区の駅で、乗り入れ路線は「JR神戸線」の愛称区間にある山陽本線と、山陽本線の支線である通称「和田岬線」の起点でもあります。たどり着いたのは駅の北口でした↓駅舎は1931(...

相鉄と横浜羽沢(3) 東海道貨物線 横浜羽沢駅 ~羽沢横浜国大駅建設中~

4
西谷駅から徒歩で横浜羽沢駅に向かっています。国道16号を南東に進み、環状2号を北東に折れて丘を上っていくと、横浜羽沢駅の西側に出ることができました。横浜羽沢駅は神奈川県横浜市神奈川区羽沢町にあるJR貨物とJR東日本の駅で、所属は東海道本線になりますが、通称「羽沢線」と呼ばれる東海道貨物線上にある貨物駅です。羽沢線は鶴見から東戸塚の間にあり、本線より山側を通る16.0kmの路線です。「湘南ライナー」「おはようライナー...

週末パス19冬(15) 大糸線 信濃松川駅と有明駅そして安曇追分駅 ~雄大な山々と味のある木造駅舎~

6
信濃大町駅で長時間停車した後、大糸線は高瀬川に沿って南下していきます。列車は信濃松川駅に到着。ここで3分ほどの停車があったのでホームに出てみました。 信濃松川駅は長野県北安曇郡松川村の駅で業務委託されているそうです。島式ホーム1面2線の構造で、信濃大町方に構内踏切があり駅舎と連絡しています。1915(大正4)年9月の開業以来の駅舎がリニューアルされながらも現役で頑張っているのですが、3分の停車はさすがに短...

19春の身延線(6) 身延線 (甲斐住吉駅→東花輪駅→市川大門駅) ~身延式木造駅舎と竜宮城~

12
南甲府駅から徒歩で隣の甲斐住吉駅に向かいます。途中で飲み物を買いにコンビニに立ち寄ったところ、隣りが何だが賑やかです。そちらに向かってみると神社がありました。「住吉神社」というそうで、この辺りの地名やこれから向かう駅の名前の元になった神社だそうです。この日はたまたま1年に1日だけ行われる春のお祭りだったようです。御朱印などいただきたかったですが、長蛇の列がずらっと・・・残念ながら参拝は諦めました。更に進...

19春の身延線(3) 中央本線 酒折駅 ~身延線へショートカット~

7
勝沼ぶどう郷駅から小淵沢行きの列車に乗車しました。次は身延線に乗り換えるために甲府駅で下車・・・するところですが、一つ手前の酒折駅で下車しました。1番線着。 酒折駅は山梨県甲府市の駅。開業は1926(大正15)年2月、付近の採石場から石材を輸送するために開設されたそうです。現在は駅伝強豪校の山梨学院大学の最寄駅でもあります。駅名標の挿絵は、左に甲斐善光寺の本堂、右のももずきんちゃんのほうは「鳴き龍」ではない...